No.64   医療業界に表彰制度を。医療人が輝けば、患者さん社会が喜ぶ。

みなさん、こんにちは!

 

 

多分私はドM?で

有名な鎌形です。

 

 

改めまして、

今日も絶好調⤴まるの鎌形です!

 

 

 

昨日はクライアントさんにお伺いして、

 

経営計画書作成会議を行いました。

 

私がファシリテーション(進行)して、

 

各テーマの意見を社員さんから意見だししていきます。

 

 

 

会議終了後、

 

一言、クライアントさんからこんな言葉を頂きました。

 

「 自分達だけだったら絶対に出てこない 」

 

 

 

実はこれ、

 

ほとんどの医院さんで言われることです(笑)

 

 

 

やっぱり慣れた人間関係の中で

 

会議を行うと緊張感がありません。

 

 

 

外部の人間として、

 

私や島田が入ることで緊張感が生まれます。

 

 

 

この緊張感。

^^^^^^^^^^

 

 

これが進行をスムーズに進めていくためには、

 

とても重要であったりします。

 

 

 

でもね、

 

この場作りをするのも苦労するんですよ。

 

 

だって、

 

最初は皆、

 

 

誰だこいつ?

 

なんでお前が進行してるんだ?

 

 

的な厳しい目でいつもスタッフさんから見られるんです(笑)

 

 

 

 

でも、

 

その視線が、キモチイ〜。

 

 

 

たぶん私は、相当なMかと・・・笑

 

 

・・・

 

 

はい、では、

 

 

そんなこんなで

本日もスタート!!

 

 

─┤インデックス├─・──・──・──・

【1】医療業界に表彰制度を。医療人が輝けば、患者さん社会が喜ぶ。

─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】医療業界に表彰制度を。医療人が輝けば、患者さん社会が喜ぶ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

今日も前回のブログに引き続き、

 

「表彰」「承認」の話です。

 

 

前回は、

 

表彰=やる気アップ+挑戦する風土+良い人間関係

 

ということでお伝えしました。

 

前回のブログはこちら↓

http://goo.gl/g8Sq2a

 

 

 

 

今日は

 

 

明日から使える医療機関の表彰制度例とは??

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

世の中にはこんな表彰例がある。

 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

というテーマでお話をしていきたいと思います。

 

 

 

 

しかし、医療業界、歯科業界、動物病院業界には

 

びっくりするほど、

 

表彰制度がありません。

 

 

 

これを言ったら、医師会に怒られるかな。

 

これを言ったら、周りに目をつけられるかな。

 

という業界の建前と本音が混同する業界なので、

 

あまり表に出していないだけかもしれないですが・・・。

 

 

 

もし、表彰制度を行っていて、

 

それを表に出していないんだとしたら、

 

ほんとにもったいない。

 

 

 

 

もし、表彰制度を行っていないんだとしたら、

 

もっともったいない。

 

 

 

 

だって、これだけ人不足の業界であれば、

 

表彰制度一つで、

 

かなり魅力的な職場にうつります。

 

 

 

 

特に、女性やパートタイムのスタッフさんが

 

多い医療業界では、

 

成果を求めて地位や名誉を!というよりも、

 

楽しく働きたい!という人が多いんです。

 

 

 

もちろん医療を提供している以上は、

 

仕事には真剣に取り組むことは当たり前。

 

 

でも、その上で楽しく働く。

 

 

マイナビさんが、学生に対しておこなった意識調査によると、

 

「楽しく働きたい」という回答がトップを占めています。

 

 

 

内閣府の調査でも、

 

若者が思う理想的な仕事として

 

「自分にとって楽しい仕事」をあげているんです。

 

 

 

それだけ今の若い人たちにとっては、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「楽しさ」が重要なんです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

これは事実です。

 

 

 

 

時代の流れを読むのは

 

経営者である院長には特に必要な能力です。

 

 

時代の流れを読み、

 

先手先手で取り組みをしていく。

 

 

 

ほんとにびっくりするぐらい、

 

医療業界は承認しません。

 

 

表彰制度なんて、見向きもしていないかもしれないですが、

 

本当にこれで、

 

この先の競争に打ち勝っていけるのでしょうか?

 

 

 

 

10年前、私がホームページの企画営業を始めた時期に比べると、

 

本当にキレイなホームページが増えました。

 

どの医院もほんとにキレイです。

 

 

 

 

どの医院も代わり映えがないぐらい

 

どんどんどんどんキレイになっていきます。

 

 

 

 

 

でも、ここに危機感を感じませんか?

 

 

 

 

 

外見のクウォリティはその内に上限を迎えますよ?

 

 

 

 

 

そして医院の実態は・・・?

 

 

 

 

 

いくらキレイに取り繕っていても、

 

その実態が、中身の伴わない医院、人が続かない医院、人が育たない医院であれば、

 

いずれ、メッキが剥がれてきます。

 

 

 

 

 

マーケティングはもちろん大事です。

 

私もその道のプロとしてやってきた自負があるのでわかります。

 

 

 

 

でも、あくまでもそれは目の前の飯を食べるために必要なことです。

   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

 

先々、長期的に医院を継続・発展させていこうと思ったら、

 

間違いなく「人」です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

人に投資をしなければ未来はありません。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

これは、医療業界の先をいく、他の業界を見れば明白です。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

 

 

もちろん、今の医療業界でも

 

先進的に取り組んでいる医院さんもあります。

 

 

 

例えば、↓

理事長賞。ミラクル賞、永年勤続表彰
http://central-c.net/education.html

 

 

例えば、↓

患者さんを表彰する医院。素晴らしいです。
http://www.nakamura-sika.net/blog/8927

 

 

 

でも、

 

 

圧倒的に少ない・・・。

 

 

 

 

 

 

圧倒的にすくないってことは・・・

 

 

チャンスでもあるわけです。

 

 

 

 

 

 

ぜひ、表彰制度に取り組みましょう。

 

 

 

だいぶ脱線しちゃいましたが、

 

 

ここからが本題です(笑)

 

 

 

 

明日から使える医療機関の表彰制度例とは??

 

 

世の中にはこんな表彰例があります。

 

 

 

 

いまのところ、一番医療業界で

 

取り組まれている表彰制度が

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
永続勤続表彰

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

勤続5年、10年、勤続20年、勤続30年の社員さん、スタッフさんを表彰する。

 

それぞれ表彰状と金一封が与えるところが多い。

 

また、それに加えて、

 

20年勤務などの長期勤続のスタッフさんには、連続休暇が5日間とか、

 

30年勤務のスタッフさんには連続休暇が10日与えられるなどです。

 

 

やっぱり長く働いてくれているスタッフさんには感謝と労いを伝えたいですね。

 

 

 

次に取り組みやすそうなのは、

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ベストスタッフ賞

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

成果が表面化しにくい医療業界の仕事において、

 

医院経営上、顕著な功績をあげたスタッフさんを表彰し、

 

それによってスタッフさんのモチベーションアップを

 

はかるというものです。

 

 

これはいろんな場面で考えることが出来そうなので、

 

それぞれの持場毎に表彰してあげてもいいですよね。

 

 

次に、

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質向上賞

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

患者さんからの喜びの声など、

 

プラスのフィードバックだけではなく、

 

クレームなどのマイナスのフィードバックをもらうことで医院の課題を明らかにし、

 

改善に取り組むきっかけにするという賞。

 

マイナスのフィードバックは、「ラッキーコール」と呼び、

 

朝礼で発表しあい、その発表内容が評価対象となる。

 

 

やっぱり、患者さんの声は大事です。

 

 

次!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

縁の下の力持ち賞

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

ふだん陰日向なく努力し続けている人に

 

スポットライトを当てようという趣旨から設けられた賞。

 

月に一度とか、半期に一度、表彰してみてはいかがでしょうか?

 

陰ながら努力している人の承認欲求を満たしてあげると、

驚くほど、医院の味方になってくれますよ。

 

 

光の届きにくいところにこそ、光を当ててみてはいかがでしょう。

 

 

 

次!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

良い所探し大賞

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

スタッフさん同士がお互いに良いところを見つけて

 

朝礼などで発表し、その回数が最も多かった人に贈られる賞。

 

管理は大変ですけど、やっぱり改めて良いところを

 

言われると嬉しいですよね。

 

皆が良いところをみよう!!という意識になれると、

 

職場の雰囲気はガラッと変わりますよ(^^)

 

 

 

次!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

急成長してるで賞

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

上司の仕事をどんどん吸収して自分ができる仕事を増やし、

 

知識もスキルも向上している人に贈られる賞。

 

やっぱり、成長が実感できる賞っていいですよね。

 

 

人には成長承認という承認もあって、

 

成長したことを認めてもらうとすっごい承認された気になるんですよ。

 

 

成長著しい社員さんがさらにパワーアップしそうですね(^^)

 

 

次!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

頼られやすいで賞

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

事業部や役職という括りを超えて思わず頼りにしてしまう人に贈られる賞。

 

そうゆう人って大事な存在ですよねー。

 

 

次!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

笑顔が素敵で賞

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

いつも元気で明るく医院の雰囲気を良くしてくれる、

 

まわりを巻き込んで明るい場作りができている人に贈られる賞。

 

笑顔になっていると、悪いことは考えれません。

 

貴重な人材です。

 

 

次!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
サンクス賞

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

その月でもっとも「ありがとうカード(ありがとうを言いたい人に書くカード)」を

 

もらった人に贈られる賞。

 

サンクスカードっていったりもしますね。

 

これを継続的に医院の風土にするためにも、

 

たくさんもらった人が表彰される仕組みがあるといいですねー(^^)

 

 

次!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

マザーテレサで賞

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

その月でもっとも「ありがとうカード(ありがとうを言いたい人に書くカード)」を

 

送った人に贈られる賞。

 

これ、私はとっても素晴らしいと思います。

 

人間には、貢献欲求というものがあります。

 

 

これは、人に役立ちたい、

 

世の中の人のためになりたい。

 

まさにマザーテレサのような貢献欲求です。

 

 

ありがとうを貰う人よりも、

 

最初にありがとうと気持ちを伝えれる人。

 

 

最高じゃないですか。

 

 

そんな人にぜひ、光があたって欲しいですね(^^)

 

 

 

次!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ディズニーランドもびっくりで賞

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

患者さんはもちろん、

 

スタッフさんやまわりの人を大切にし、

 

相手がどう思うか、どうしたら喜んでもらえるか、

 

“おもてなし”を常に考え行動している人に贈られる賞。

 

 

一時期流行った

 

 

お・も・て・な・し

 

です。

 

 

 

次!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
新人賞

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

1年目にもっと活躍したスタッフさんに贈られる賞

 

なんかそうゆう賞があると燃えますよね(^^)

 

同期入社が複数人いる医院さんは取り組んでみるといいと思います。

 

 

 

次!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

院長賞

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

毎月表彰が行われることもあるし、半年毎、一年毎に行われることもある賞。

 

リーダーを中心に経営理念の実現や業績に貢献した社員さんを表彰したり、

 

逆にリーダー以外の現場スタッフさんに限られることもあります。

 

後者の理由は、リーダーは賞賛される機会が多いからという理由です。

 

院長賞が一番格式高く映りますね(^^)

 

 

次!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

理念実践賞

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

経営理念の社内への浸透を目的としてつくられた賞

 

やっぱり、理念に沿った行動をしてくれる人を認めてあげたいですよね。

 

皆の模範となる、スタッフさんです。

 

 

 

 

以上。

 

 

他にも、世の中には、

 

本当にたくさんの表彰制度があります。

 

 

是非とも一度、目を向けて下さい。

 

 

 

オススメ書籍はこちらです↓↓

 

http://goo.gl/ZbJwYZ

 

書籍:表彰制度: 会社を変える最強のモチベーション戦略
著者: 太田 肇
2013年7月発行

 

 

 

 

皆さんの医院で働くスタッフさんが、

 

輝いてくれますように。

 

 

 

 

本日はここまで!

ありがとうございましたm(__)m

 

 

 

<グループコーチング開催>

【医療、歯科・動物病院業界限定】

競争が激化する医療業界の荒れた海の中で

目的地に到着するための航海図を手に入れる。

 

医院経営が楽しくなる経営計画書の作り方

セミナー&グループコーチング

 

●4月13日(水)14時〜17時 名古屋


●4月16日(土)14時〜17時 名古屋


●4月21日(木)14時〜17時 名古屋


詳しくはイベント・セミナーページよりご確認ください↓↓
http://www.maru-nagoya.jp/イベント-セミナー開催情報/