いつも反抗的なスタッフが変わった瞬間。スタッフさんが変わろうと思った理由。

スギ花粉にやられっぱなしの島田です。

 

鼻声で若干呼吸が

おかしくなっておりますが、

本日も絶好調でお送りします。

 

 

 

 

さて、今日はいつもとは違って、「感動した報告」です。

社内にもこんな感動エピソードは

思いっきり共有させてもらっています。

 

 

ある医院さんへ毎月お伺いして

かれこれ2年。

 

 

 

中途採用で採用の頃から

関わっていたスタッフさんのお話です。

 

 

入社したて当初から、

「わたしはわたし!」

強気バリアーを全力で発信しているような方がいました。

 

 

 

 

見るからに仕事もできて、

受け答えも的確。

 

テキパキしていて、

とても優秀な方です。

 

 

しかし、いつも無表情なのです。

 

 

 

 

私がワーク(1時間程度ファシリテーターとしてスタッフ全員とお話する時間)をしている時も、

こんな感じ。

 

( ̄ヘ ̄)なにか?

 

 

口はいつも「へ」の時で無表情。

そんな方が変わったと感じた日でした。

 

 

 ─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】いつも反抗していたスタッフさんが変わった瞬間
─・──・──・──・──・──・──・

 

1年前くらいから

院内に人事評価制度を作る取組を開始しました。

 

 

頑張った人を正当に評価しよう!という思いが

今回の取組です。

 

そして同時に、

スタッフさんだけが院長から評価されるのではなく、

院長も幹部から評価されるフィードバックする仕組みも

作っていきました。

 

 

 

その間、

何度も反発や抵抗があり、

うまくいかないなぁと悔しい時も正直ありました。

 

 

しかし、時は

訪問したワークを実施した時のこと。

 

 

 

2つのチームに分かれて、

プレゼンをする時間を作りました。

 

 

いつもなら「めんどくせーな」オーラ全開。

しかし、

今回はそのスタッフさんがプレゼンテーターに任命されました。

 

 

 

すると!いつも表情とは一変。。。

 

 

ヘ(゚∇^ヘ)(ノ^∇゚)ノ

 

 

圧倒的な笑顔と身振り手振りで

一生懸命にプレゼンシてくださったのです。

 

周りのスタッフさんもドクターも拍手喝采。

 

普段とは違うその姿に私も思わず大笑い。

 

 

 

人が変わる瞬間というか、

 

スイッチが入った瞬間をみた気がしました。

 

 

 

 

少し照れていたそのスタッフさんの勇姿を見て、

 

周りのスタッフさんもとても勇気つけられたでしょう。

 

 

感謝の意味を込めて、声をかけてみたところ、

 

今までの人事評価は曖昧で、

どれだけ頑張っても何をやっても平等だった、ということ。

 

がんばッテも頑張らなくても同じ。

 

だけど変わってきているから・・。

 

 

と嬉しい言葉を頂きました。

 

(´Д⊂ヽうぉーーーーー。

 

感動するーーーーーーー。

 

 

 

まだまだその方との溝は取りきれていませんが、

かならず諦めずにその才能が

医院にとってプラスになることを信じて、

サポートしていきたいと思います。

 

***

 

人が変わる瞬間に

立ち会える

このお仕事は

本当に最高です。

 

 

 

***

 

素敵な一日に感謝