女性スタッフが全然育たない。それってもしかして一方通行だからかも!?

4月、これから新卒の新人が入ってくる

医院・企業も多いと思います。

そしてセットになるのが「教育」

 

 

毎年想定される問題。

 

「ちっとも言うことが伝わらない」という、

 もどかしい気持ち。

 

 

「同じことを何回も伝えても

 理解しているのか、わからない」

 ストレス。

 

 

「強く言ったらふてくされて、

 反抗期の娘か!!」

 意思疎通がうまくいかないジレンマ。

 

 

 

こんな状態に1回はなるでしょう。

 

 

初めて先輩になる、

教える側になる方が壁にぶち当たる時、

教育する立場になるヒトに

必ずお伝えしていることがあります。

 

 


─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】一方通行のマネジメントをしている上司が危険な理由
─・──・──・──・──・──・──・

 

あなたの方は、

部下の話を

どれくらい聞いていますか?

 

 

 

 

教える側という立場になると、

どうしても先輩が後輩に指導をするから

一方通行になってしまいがち。

 

 

 

会話をしていない。

教えているつもり。なんです。

 

 

部下 2  :上司 8 

 

↑この割合で話していたら危険です。

 

 

 

 

部下 6  :上司 4 

 

↑くらいの会話割合に変換しましょう。

 

 

 

考え方が伝わっているか

確かめる質問を投げかけていれば、

自ずと 6:4 に変わっていきます。

 

 

しかし、「忙しいから」とか

「教えなければならないから」という理由で、

話を一方通行で伝えているということが

往々にしてあるのです。

 

 

 

 

上司や上に立つ身のヒトは、

初心忘れるべからずという気持ちを

お持ちであるとは思うのですが、

とても大切なことをポッカリ忘れてしまいます。

 

 

 

あなたの評価は

部下がどれだけ育ち、

部下が利益を持ってこれるようになるか?

 

 

その利益を生むのは、

お客様と直接接点が増える

現場のヒト=新人です。

 

 

 

上司であるヒトは

プレーヤーから脱却していくということを

わすれちゃいけない。

 

 

 

だからお客様と直接接点が増える新人が、

先輩から教わった仕事を、

「つまんないな・・」

「めんどくさいな・・」

「早く時間が立たないかな」という気持ちで

仕事をしていたら、とっても危険です。

 

 

 

 

新人がモヤモヤした気持ちを抱え、

そのまま対応された、

お客様はどうなると思いますか?

 

 

 

前の担当者がよかった・・・

前とは違うから、もう取引は辞める。

 

 

 

ということになりかねません。

 

 

 

 

欲しい言葉は、違いますよね。

 

 

 

 

 

 

前の担当者より更に良くなった!

前とは違う良さがでて、

ますますリピーターになるわね!

 

 

というお声ですよね。

 

 

 

上司が部下をどれだけ育成し、

働きやすい環境を整えるか?が重要です。

 

 

 

女性の部下をお持ちのみなさーん。

 

 

女性の会話を聞きましょう。

 

 

 

少し脳科学的なお話をすると、

 

女性は「セロトニン」という安心物質の分泌量が

男性の半分しかないそうです。

 

 

 

だから、不安になりやすい。

 

 

 

そうならないためには予防しないといけないです。

その物質が、快楽物質のドーパミン。

 

 

 

これをたくさん放出することによって

セロトニン不足を補えます。

 

 

その方法には

おしゃべりが有効だと言われています。

 

 

 

女性は右脳と左脳をつなぐ橋である

脳梁が男性よりも太く、

脳全体を使って会話をするので、

話題が尽きないと言われています。

 

 

 


また、ヒトと会話をすることで、

自分自身も気持ちよくなり、

自分の思考も整理されています。

 

 


女性にとって、

会話をするということは、

男性よりも何倍も大切なことです。

 

 

 

 

内科医のU先生の「男の一人前理論」(笑)によると、

 

染色体は女性のほうが完璧で・・(染色体XX ,XYの話)

・・・・(U先生、専門的すぎたので割愛します。ごめんなさい)

 

もしかしたらね、

”男性よりも女性が偉大と心から思えるようになったら”

一人前の男性だと思うんだよね。

 

 

男性のほうが力はあるし、体の無理がきくのは、男性。

 

 

女性が体力や力で勝てないこともわかっているから、

力でいうと、「男性>女性」というのは、

頭の中で理解してるでしょ?

能力は別の話だけどね。

 

でもあえて、男性が、女性に負けるというか、

 

表現は変化もしれないけど、女性に場を与えるっていうのは、

 

心の器が大きなヒトでないと難しいよね。

 

 

特に50代60代の男性優位な経済発展を経験してきたヒトは。

 

そこで変えられるのって凄いことなんだよね。

 

世界のTOPの経済学者たちが言うのは、

先進国で何が脅威か?というと、
中国やインドの経済発展では無いんだと。

 

「女性の能力を活用することができない経営者たちだ」って。

 

 

 

 

自分以外のヒトの成長が

ますます楽しみですね!

 

 

聞き下手な上司さんにならないように、

私も日々練習です♪

 

***

 

今日も絶好調でいきましょう。