No.46 愛のある強制の形。形を強制され、実施する過程で「意味」に気づく

みなさん、こんにちは!

 

これからの展開に

 

ワクワクしていることで有名な鎌形です。

 

 

改めまして、

 

今日も絶好調⤴まるの鎌形です!

 

 

やっぱり私、

 

人が好きだなーと感じます。

 

人が変わっていくのが好きだし、

 

人の成長の瞬間に立ち会えると、

 

とっても嬉しくなります。

 

 

よく、

 

院長とスタッフさんの間に入って、

 

関係を作っていくのって、

 

大変じゃないの?

 

と言われるんですが、

 

・・・

 

 

全然苦じゃない(笑)

 

 

 

でも、その力は、

 

私が生きてきた人生に通じているんですよね。

 

自分が自己否定のどん底にいた時に、

 

どんなことがあろうと味方でいてくれて、

 

寄り添って支援をしてくれた母の愛を通じて、

 

自分もそうなろうと決めたからです。

 

 

 

しかしまあ、私、

 

出来ないことだらけ(笑)

 

まだまだ学ばなくちゃいけないことがたくさんあります。

 

誰かに助けられて今を生きてるんですよね。

 

 

 

人それぞれ得意分野があって、

 

人それぞれ不完全な生き物なので、

 

不完全な部分は認めて、

 

足りないことは「チーム」で助け合えたらいいですね。

 

 

 

さてさて、

 

そんなこんなで

本日もスタート!!

 

 

─┤インデックス├─・──・──・──・

【1】形を強制され、実施する過程で「意味」に気づく

─・──・──・──・──・──・──・

 

前回のブログでは、

 

真似こそ最高の「創造」であり、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

真似こそ最高の「戦略」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

「他業界の成功事例」を積極的に

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

取り入れること

^^^^^^^^^^^^

 

つまり、

 

自分の業界ではまだ常識になっていないこと、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「業界の非常識」に目をむけるということ

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

ほぼ100%の人が誰かの真似をしているということ。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

をお伝えしました。

 

 

 

前回のブログはこちら↓

http://goo.gl/XaneKb

 

 

 

今日は少し、

 

愛のある強制の形をお伝えします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】形を強制され、実施する過程で「意味」に気づく

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

例えば経営計画書。

 

A3サイズの紙1枚で作るんですが、

 

ただ、作成をしても、

 

その経営計画書が実行されることはありません。

 

 

しかし、

 

自らが模範を見せなければならない、

 

院長が、その経営計画書の存在を忘れる、

 

全く意識されないということすらあります。

 

 

 

ハッキリいって、

 

それではやる意味がない。

 

やめたほうがいい(^^)

 

 

 

さらには、

 

ただただ、壁に貼ってあるだけ、

 

スタッフさん全員に携帯してもらうだけでも足りない。

 

 

経営計画書を

 

携帯するのと、

 

それを元に実行するのとでは、

 

天と地の差があります。

 

 

 

社員さんや、スタッフさんが、

 

「経営計画書」を使わなければ、

 

「方針」や「理念」は浸透、実践されていくことはありません。

 

 

院長が、自己満足で

 

「立派な医院をつくるための道具」をつくっても、

 

宝の持ち腐れです(*_*)

 

 

 

 

「 経営計画書を道具として使う 」

 

には、

 

「 方針を徹底・実行するための

  様々な教育が必要です。   」

 

 

 

これからの時代の医療、歯科医院、動物病院の

 

業界も、年々サービス業化が進んでいます。

 

 

サービス業は、

 

人の成長なくして、その会社の成長がありえません。

 

 

ということは、

 

医療業界も、

^^^^^^^^^

人の成長なくして、

^^^^^^^^^^^^^^^^

その医院の成長はありえないということです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

とはいえ、

 

今、皆さんの医院にいらっしゃる社員さん、スタッフさんが、

 

自発的に勉強することがありえるでしょうか?

 

 

残念ながら、それはありえません。

 

 

基本、勉強は大嫌い。

 

という人がほとんどの社員さん、スタッフさんの

 

本音じゃないでしょうか。

 

 

 

皆さんは勉強が好きですか?

 

私は嫌いでしたよ(笑)

 

サラリーマンの時は特に、

 

勉強は嫌いでした。

 

 

 

でも、形から入って、

 

心に至るんですね。

 

 

勉強することで、

 

自分の成長を感じれるようになったり、

 

人や社会に貢献できるようになると、

 

勉強がめちゃくちゃ楽しくなるんですよ(^^)

 

 

勉強が楽しい。

^^^^^^^^^^^

 

 

おそらくこのフレーズを聞いて、

 

生田斗真さんはいいます。

 

 

 

 

ありえない?アリエールでしょ。

 

 

 

 

・・・

 

 

ゴホン。

 

 

・・・

 

 

 

だから皆さんにオススメするのは、

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「強制的に学ばせる」

^^^^^^^^^^^^^^^^^

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

ということです。

 

 

強制という言葉は、

 

ネガティブに捉えられることがありますけど、

 

そんなことはありません。

 

 

 

小学校は、

 

誰もが必ず行かなければなりません。

 

中学校も基本的にそうです。

 

なぜなら、

 

「それが義務だからです」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

義務教育とは、強制です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

※たまに高橋歩さんのように

 小学生の子供を連れて

 全世界を家族で放浪しちゃう人もいますが(笑)

 

 

 

強制しないものに

「教育」という言葉は似合いません。

 

 

強制しないものは、

「自己啓発」といいます。

 

 

ですので、

「教育」における概念は、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「全員に強制されること」が基本です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

形から入って、

 

心に至る。

 

 

人ははじめから自発的にはなれません。

 

 

形を強制され、

 

実施する過程で、

 

「意味」に気づき、

 

そこでようやく自主性を身につけていきます。

 

 

私が入ったESJもそうです。

 

いきなり、1日1時間30分の負荷を強制されます。

 

でもやっていくうちに意味に気づきます。

 

そして成長もします。

 

 

 

 

もちろん、

 

何の見返りも与えずに強制だけすると、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

社員さんやスタッフさんは逃げます(笑)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

それはそうです。

 

 

 

だからこそ、

【評価に反映し、評価に連動する】

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

ということが大事です。

 

 

 

例えば、

 

勉強会を開催する際には、

 

その出席回数をポイント制にして、

 

取得ポイントを評価に反映するとか、

 

 

経営指針(理念、方針、計画)の

 

理解度テストを実施する際には、

 

得点上位者を表彰してあげるとか、

 

 

技術の自主練習をする際には、

 

その度合にとって評価をしてあげるとか、

 

 

スタッフさんや医院の患者さんの声を集める際には、

 

取得枚数によって評価をしてあげるとか、

 

 

オススメの書物の読書感想文を書かせる時には、

 

その内容によって評価をしてあげるとか、

 

 

もっと大きなところでいうと、

 

半期ごとの経営計画書とアクションプラン(個人課題)の結果を元に

 

優秀者を表彰してあげたり、縁の下の力持ち的な人を

 

表彰してあげたり。

 

 

 

とにかく

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【強制】

 

そして、

 

それに伴う

 

【評価】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

これをセットに

 

考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

社員さん、スタッフさんの

 

成長は、確実に皆さんの医院を良くしますよ。

 

 

 

そして社員さんやスタッフさんの

 

成長を支援していくのは、

 

経営者である院長の仕事です。

 

 

 

経営者にとって、

 

人間心理を知る。

 

ということは、

 

とても重要なことです。

 

 

一緒に

勉強していきましょう。

 

 

 

本日はここまで!

ありがとうございましたm(__)m

 

 

 

<グループコーチング開催>

【医療、歯科業界限定】

医院経営が楽しくなる経営計画書の作り方セミナー&グループコーチング
 

●3月12日(土)14時〜17時 名古屋

 

●3月16日(水)14時〜17時 名古屋

 

●3月17日(木)14時〜17時 名古屋

 


詳しくはイベント・セミナーページよりご確認ください↓↓
http://www.maru-nagoya.jp/イベント-セミナー開催情報/