No.37 組織の壁。切り開くのは経営者。

みなさん、おはようございます!

 

子供の頃、

かめはめ波が打てたらいいなーと

本気で練習したことで有名な鎌形です。

 

 

改めまして、

 

今日も絶好調⤴まるの鎌形です!

 

 

本日アウトプット12日目でございます。

 

 

毎日アウトプットすることを

 

自分ルールに定めてから、

 

いい感じに情報収集出来てます(^^)

 

※毎日といっても、

 今度から、火、日は休みます(笑)

 

 

常にアウトプットする場所があると、

 

それに追いつくように

 

インプットしようとするので、

 

毎日、何かしら情報を得ようとします。

 

 

しかも読み物として、

 

読者の方にも役立つようにって考えていくと、

 

相当な気づきがありますよ(^o^)

 

 

 

皆さんのペースもあると思いますが、

 

オススメですよ〜(^^)v

 

 

さてさて、

 

そんなこんなで

本日もスタート!!

 

 

─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】組織の壁。切り開くのは経営者。

─・──・──・──・──・──・──・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】組織の壁。切り開くのは経営者。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

今日も

 

2名の会社を600名の会社にまで成長させた

 

鋤柄さんのお話の続きを噛み砕いてお話します!

 

 

 

エステムさんの会社案内動画はこちら↓

https://www.youtube.com/watch?v=UOBCGiACT7U

 

 

前回は、

 

強靭な会社を作るためには

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

定期的に

^^^^^^^
人を採用できる体力のある会社を

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

創らないといけない。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^

 

しかし、

 

人を育てるのに、5年、10年かかります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

リーダーを育てるんだったら、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
10年かかる。
^^^^^^^^^^

 

 

今日からやるぞー!となっても、

 

効果が出るのは10年ぐらいかかる
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

人を考えるのは、
^^^^^^^^^^^^^
社長やナンバー2の専務の仕事。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

ということをお伝えしました。

 

前回のブログはこちら↓

http://goo.gl/nlkXim

 

 

経営者は

^^^^^^^^

プレイングマネージャーから

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

そうそうに脱却しなければなりません。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

鋤柄さんの話しに戻ります↓↓

 

 

 

1万時間の法則で勉強をする。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

じゃあ何を勉強したらいいのか??

 

 



経営者がやらなければならないこと。

 

いろいろあるけど、


一つはビジョン作りだわ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


これは皆さんが、

5年先、10年先の会社のあるべき姿。

 


同友会にもビジョンがあります。

会社のビジョンは、

長期計画とかですよ。

 



うちの会社はこうなっていくよ〜

 


うちの会社の合言葉は、

「100年企業になろう!」だわ。


全国にいくと、

みんなに言うんだわ。


「100年企業を目指します!」って。



うちも、

ちょっと皆さんよりも

 

先に言っただけの話しで、

やっぱり100年ぐらい続きたい!

っていう【発展】の話しなんだね。



100年やろうと思うとね、

【発展】がないとね。


継続だけではなかなかいかないよ。



ここからは実践の話になりますが、

 

会社っていうのは、
^^^^^^^^^^^^^^^
【 1,3,5の比率 】で考えたらいいですよ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 


例えば、

売上で言えば、

1億、3億、5億

で、5億の次は、

10億、30億、50億。



売上規模でやっていこうと思ったら、

これが一つのステップです。

 



それから、

5億を10億にしようとおもったら

相当大きな努力がいります。


その次は30億の壁がある。


それから、30億の壁を破っても、

50億の壁がある。

 


そうゆうふうにして考えていきます。



社員さんを考えるときも一緒です。



社員さんだったら、

最初1人しかいなかったけど、


3人になったよー。


3人になった次は5人になったよー。


5人雇ったら、

5人で力を合わせて、

10人が生活出来る会社作ろうよ!

 



私達はそんな風にやってきました。



私達は創業の会社だったから、

最初二人と、

初代社長の奥さんと、

奥さんのアニキの4人。

そこに高卒の女の子が電話番で入って、

5人だ。

 


そして、電話番の女の子に電話とらせて

我々は営業やって仕事をとっていく。

仕事がとれると、

今度は6人目を入れるわけです。


で。6.7,8,9,10人になった。


それで20人になって、

30人になった時に労働組合ができたんです(笑)

 




だから、


組織っていうのは、
^^^^^^^^^^^^^^^^
やっぱり壁があるんです。
^^^^^^^^^^^^^^^



その壁を破っていくのは、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
トップの仕事だから。
^^^^^^^^^^^^^^^^^


トップが道を拓いていく。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



拓いた道が正しい道で、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
成功の道だったとなれば、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
社員もついてくる。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^



それが、


えいや!で、

左いっちゃったら、

苦難の道だったとか、

悲劇の道だったってなると、

人はついてこない。

 



だから、

トップっていうのは大変だー。



道を切り拓いていくのは

大変なことなんです。



だけど、

正しい道、成功する道にいったら、

それについていった社員も

生活が安定して、

よかったな~ということになるわけなんです。




そして、


自社の強み、弱みを自覚しているか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
外部環境の変化はどうか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


これもぜひ、皆さん、やって下さい。



自分の業界の動き、

社会の動き、

最近では、世界の動きが連動してますからねー。



今度マイナス金利になったら

どうゆうふうになるかなー?


コレに関連する人だと、

住宅の建設は増えるかなー?


ローンが安くなると、

良し!やるか!っていう人が増えるかなー、?


とか、

いろいろあるじゃないですか。



そうゆうのを

やっぱり自分で読まないといけない。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 



日経新聞読んだり、

景況アンケート読んだり、

業界紙を読んだりして、


世の中をがどっちを向いて動いているかを

知らないといけないですよね。



そして、何度もいうように、

行く道決めないかん!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


トップが行く道を決めたほうに

成功の道があれば、

社員さんも喜ぶし、

 


まあーいかんわ、

うちの社長は、

2回に一回は失敗するで、


ってなったら、

そろそろ、社長、、、

おいとまいたします?

ってやられてっちゃうかもわからんよー。

 



だから、

要するに、

人を雇うっていうのは、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
それぐらい厳しいっていうことですよ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 


それをまず、
^^^^^^^^^^^
自分が自覚せな、いかんですよ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 



我々が創業したころはね、

社員を雇っちゃね、

仕事がないのに、

よし!こい!って

私も苦い経験がありますけど、


自分達の給与は払えない。


社長も私も、

経営者だもんね。

 



まーた今月も給与なしかー。

 


そういうこともありましたよ。

 



よし!

仕事がなくても、

社員が育てていけば、

必ず、20人分ぐらいの仕事は

とってくるぞー!

っていってたんだけど、

とってくる仕事のほうが

追いつかなかったね。

 


そんなこんなで、

 

社員は20人になっちゃったけどね。


社員には給与は

現金で払わないといけないわけですよ。


どうですか?皆さん?



給与、下にしたらいかんのですよ。

社員に払う給与は、

月に一回、現金で払うんですよ。

    

それに、

税金は会社が払って、

保険代の半分は会社が払う。



しかし、

そうゆうことをやるのが経営者だもんねー。




だけど、

働いてくれるのは、
^^^^^^^^^^^^^^^
社員さんだもんねー。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^


俺は卵を1日10個産むぞ!

っていう社員さんはいないですからね。



だから、

ニワトリの数を増やさないかんわけですよ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

卵増やすためには・・・。



やっぱり、

働いてくれる社員さんをたくさんつくらないかんなー
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


ってなってくると、

ビジョンが必要になってくるわけですよ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



うちの会社はどのへんにいこうか。


社員10人ぐらいで、

どれぐらいの売上にして、

そして、1人あたりの社員さんに

年間でいくらぐらい支払って、

その時に、俺はいくらかな~?

 


それ、考えないかんね。



社員さんに払うものは払ったけど、

残りはなくなった。

俺の給与はないでは

うちの会社が、人を雇いすぎたのと一緒だわ。



だけど、我々は

仕事が取れるという予想を元にやったわけだよね。

 

 

 

 

・・・

 

 

 

いやー、

 

日々勉強ですね。

 

 

 

本日はここまで!

ありがとうございましたm(__)m

 

 

 

<グループコーチング開催>

●2月25日(木)14時〜17時 名古屋 
【定員3名】【集客の問題】グループコーチング


●3月12日(土)午前9時〜12時 名古屋
【定員5名】【脱サラ起業・独立開業の問題】グループコーチング

●3月16日(水)14時〜17時 名古屋 
【定員5名】【集客の問題】グループコーチング

●3月17日(木)14時〜17時 名古屋
【定員5名】【人の問題】グループコーチング
 
詳しくはイベント・セミナーページよりご確認ください↓↓
http://www.maru-nagoya.jp/イベント-セミナー開催情報/