リーダーの口癖は部下の口癖。親の口癖は子の育ち方に大きく影響する。

子どもの成長において、

親の口ぐせは大きく影響する。

 

 

 

 

 

ある人は子どもに対して、

「すごいね〜次はこうしよっか」と提案する。

 

 

ある人は子どもに対して、

「なんで出来ないの?早くしなさい!」と叱責する。

 

 

ある人は子どもに対して、

「ありがとうね。」となんでも感謝する姿勢を見せる。

 

 

 

どれも子どもを思って言っている言葉である

というのは紛れもない事実。

 

 

だけど、子どもは、

今いる状態=「親や周りの大人」が環境であり、

すべてである。

 

親が言うこと=正しい

そう思って育つ。

 

 

 

そしていつしか自分の考えができて、

本当なのだろうか?

周りの大人とは違うぞ?という疑問に気づく。

 

 


─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】絶好調な社長と愚痴っぽい社長
─・──・──・──・──・──・──・

 

ある社長はいつも

「絶好調だね!いいね!ついているね!」という。

 

 

そうすると

社員さんもその姿を見て、

「がんばろう」と思う。

 

 

 

ある社長はいつも

「そっか・・・わかった」だけで終わる。

 

 

そうすると社員さんはその姿をみて、

自分で考えるべきか、

一緒になって落ち込むか

これは育ってきた環境で受け取り方も変わるし、

先輩社員のフォロー体制で良くも悪くも化ける。

 

 

 

 

親の口癖が

子どもの成長に大きく影響する。

 

同じように

トップの口癖や態度は社員さんに伝染する。

 

 

これは紛れも無い事実。

 

だけどそのことを頭の中ではわかっていても、

できていないことがある。

 

 

 

いざというときに本当の姿が現れる。

そしてその姿を社員さんの目の数だけ見ていることを忘れている。

 

 

 

 

1対1で言った言葉は、

実は1対12、つまり6人分に見られていることを

意識しているかどうかで経営がこれから伸びるか停滞か下降かわかる。

 

 

 

 

たくさんの先人を見て

たくさん学び、たくさん経験を積んでいこう。

 

 

 

 

今日もご縁に感謝し、

行って来ます!