第188回【 社員の心理を知る。犠牲と与えるの大きな違い  】

第188回【 社員の心理を知る。犠牲と与えるの大きな違い  】

理念【愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!

WEB・人間学・心理学に強い
経営者・幹部社員専門の
コーチ&コンサルタント会社がお送りする
経営者、事業主、幹部社員向けの
まるのアウトプットメルマガ。

勝てる仕組みや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数137人 いいね!249人
(12月31日までにメルマガ購読者数と
facebookいいね!数合わせて400人!)



いつも貴重な時間を、
まるのメルマガを見るお時間に
あてていただき本当にありがとうございます。




金曜日担当、まるの島田です。




24日のイブの夜があけた今日、
クリスマス明けの12月25日。





クリスマスはキリストの誕生日ではない
(実際は5月生まれだとか・・・!?)
という衝撃的事実を偶然見たテレビ知り、



「クリスマスはバレンタイン的な企業戦略か?!」



と突っ込みたくなる今日であります。








今日は「キリスト」にちなんで、
「犠牲と与える」の肝!をお伝えします。








それでは第188回、お届けします。
本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】自己犠牲と与える裏に秘められた気持ち
【2】犠牲と与えるは似ているようで違う
─・──・──・──・──・──・──・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】自己犠牲と与える裏に秘められた気持ち
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、想像してみてみましょう。

(「犠牲」か「与える」行動か考えながらご覧下さい)



あなたは出張帰り、社員さんへお土産を
買って帰ることにしました。




北海道土産で有名な、
男女問わず人気、
六花亭のマルセイバターサンド。






20個入り。2500円。





あなたはふと思い浮かべます。




 
「・・・あれ?うちの社員って何人だっけ?

 (あ、もうこんな時間か。急がないと)

 ・・・ま、20個あればなんとかなるだろ。」







あなたは帰社後、
早速、近くにいたA子さんに
お土産を渡します。







「あ、これお土産だから、
 みんなに配っておいてくれる?」






A子さん
「はい。承知しました。

 ・・・・!(゚д゚)!

 社長!これ20個入りじゃないですか!」




あなた
「ん?それがどした?」





A子さん
「今日はお客様がいらっしゃるから
 
 『多めにお願いします!』
 
 ってあれだけお伝えしたのに〜」





あなた
「すまん。」






そして、A子さんは営業へ出て行った人を除き、

社内にいる方にバターサンドを配ることにしました。

残りの数は3つ。





社内にいる甘党で有名な女子社員4名。

日常会話はもっぱらスイーツの女子社員たち。





気まずい雰囲気。

どうする?!A子!!



(うわー・・・数が合わない)



甘い匂いを察知した4人の中の1人の女子が

バターサンド甘党センサーに反応。




「あー!!これ北海道のバターサンドじゃないですかー♪

 コーヒーのお供にぴったりなんですよね〜♪」







外野も応戦。

やばいぞ!A子。




(来るな。来るな。)





すると、

KYJ=空気読める女子社員、S美が




「私は遠慮しますぅ。」と言いました。



周りの3人は「え?なんで?」と声を揃えます。

(ほんとにいいの?ほんとにいいの?

 だって、甘いスイーツ大好きじゃん)





「ここは公平にジャンケンしよう!」

といつもの打開策が提案されます。






S美
「いえ、私ダイエット中なんで・・」と言います。






他の3人は申し訳なく思いながら、

バターサンドをゲットしました。

(だって、昨日あんなにクッキー食べてたじゃん!
 
 なんか私達欲張りみたいじゃないの!

 という言葉は胸に秘めたまま・・)





・・・


・・・


・・・




これ女子社員あるあるなんですよ?






これは何かというと、

S美さんが取った行動は「犠牲」です。



一見、空気を読んだ良い行動のように見えますが、

この行動は「犠牲」なのです。





もしも、S美さん以外の残り3人が、

「ダイエット中なの?!

 バターサンドカロリー高いからね!

 じゃ、ご遠慮無くいただきまーす」


と反応していたら、



S美さんは

「・・・ザラキ(呪いの呪文)」




と胸にフツフツとした気持ちをもちかねません。

「譲るんじゃなかった・・・」とね。






S美さんが空気を読んで伝えていた言葉、

「ダイエット中なんで・・・」は、「犠牲」の心理なのです。




おそらく男性の方にとっては、

 「 WHAT’S ?!」(゚д゚)?!

な内容ですが、女性社員の心理は奥が深い。


この犠牲行為が頻繁に起こっている社風であれば危険ですよ〜。

男性社員さんでもありえることです。










さて、S美さんの気持ち(心理)を紐解いていきましょう。






この何も悪くないような犠牲行為、実は

残りの3人がS美さんに対して、

「申し訳ないな」と思う感情を持つことを予め
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
期待しているということがあります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


さらに、

「譲った私を褒めて」「空気が読める私凄いでしょ」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
という感情が隠されています。











あなたの周りにいませんか?







犠牲の多い人。
^^^^^^^^^^^






口癖としては、

「 僕(私)は遠慮しときます 」
「 自分、◯◯なんで・・(初耳系の拒絶)」






この犠牲の行動を取った人物に対して、

周りの仲間・リーダーがその裏心理まで気づかないでいると、

S美さんのような女性は精神的に苦痛な状態を重ね、

最終的には「居場所がない」という心理に陥ることがあります。







犠牲を続けていると苦痛になり、良い関係性は作れないからです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
そして、自分も疲れ、相手も疲れる。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



犠牲が多い人は、

相手に貸しを作ることをカウントしているようなもの。



「この前譲った[のに]」

「この前我慢した[のに]」





言葉の最後に、「のに」が多いと疲れますよね。







例えば、このマルセイバターサンド事件で、

気持ち良く周りのが「ありがとう」というのは、

S美さんがどのような言葉をかけたらよかったでしょうか。






・・・

・・・

・・・


S美

「 私ついさっき甘いクッキー10枚も
  食べちゃいまして!!!

  ぜひみなさん私を救うつもりで召し上がってください」(^^)

 (この時、笑顔とジェスチャーをつけると尚良い)





「 ダイエット中なんで・・・」(´・ω・`)ショボ~ンより、



「 私を救うつもりで召し上がってください」ヽ(=´▽`=)ノキラキラ☆

の方が受け取りやすくないですか?








「あ、この子控えめで空気が読めるな」

では事実を見ている社員さんにすぎない。



「なんでこのような行動をしたのかな」

を考えるのが上に立つリーダーの役目。






空気読める人ほど、犠牲的行為が多くなっていることがあります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
要注意人物です。アンテナを張りましょう。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^














・・・・そもそも、

お土産を買う際は、

数間違いには注意しましょうね。

ヾ(ーー )





<社長失敗談例>
社員数をざっくり覚え過ぎている。

裏では社員さんのお土産からの犠牲が起きていることを

買ってきた本人は知らない。

その小さな歪みが大きな組織の歪みに繋がる。




気をつけなはれや!
( by Wエンジン)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】犠牲と与えるは似ているようで違う
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では、「犠牲」と「与える」


何が違うのか?と申しますと、





何を言われたいか?というのが大きな違いです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




ポイントとしては、


犠牲 =「申し訳ない=すみません」と言われたい・思われたい。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
与える=「感謝します=ありがとう」と言われたい・思われたい。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^






今回のような相手に「譲る」という行為一つとっても、

「犠牲」と「与える」というのは大きな差が出るということです。

そして、その裏に隠された心理の違いに驚きですね。







『 コレだから女子はめんどくせーんだよなー 』






はい。


確かにめんどくさい生き物なの。







でもね、これを言ったら、

年末の「笑ってはいけない大晦日 ガキ使」の山崎◯正さんのように

お尻を思いっきりフルスイングされますのでご注意くださいね。



先日名古屋の落語講演で少しお話されていましたが、

「アレ、めちゃくちゃ痛いっすよ〜><」って言ってました。







犠牲とは、
自分が損をして人を助ける行為。




与えるとは、
喜びを人と分かり合う行為。










もし周りに犠牲が多い人がいたら、

こう伝えてあげてください。



「 もう、そんなに自分が損しなくても良いんだよ 」







犠牲の多い人は、


自分の価値や存在意義を欲している可能性高い場合が多くあります。






世の中に犠牲より与える人が増えますように。






本日はここまで!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□承認する風土がない。
□誰にもわかってもらえない気がする。
□社員さんに自分の気持ちが伝わっていない気がする。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□商品やサービスは良いのに、営業が嫌いで売り込みが出来ない。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□新しいことを始めたいけれど、
 自分の時間がコントロールできない。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/


■■■■■■■■■■■■■■
まる50人社長計画
↓↓
http://goo.gl/ZOVSqk
実現したいけど止まっている方へ。まるで夢実現を全力で応援します!
■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 島田菜々絵 / NANAE SHIMADA ( 株式会社まる )