第183回【怒気は人をフリーズさせる。怒らずに叱る方法】

第183回【怒気は人をフリーズさせる。怒らずに叱る方法】

【愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!

WEB・人間学・心理学に強い
経営者・幹部社員専門の
コーチ&コンサルタント会社がお送りする
経営者、事業主、幹部社員向けの
まるのアウトプットメルマガ。

勝てる仕組みや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数131人 いいね!237人
(12月31日までにメルマガ購読者数と
facebookいいね!数合わせて400人!)



いつも
本当にありがとうございます。


冬になると、
2度寝という大敵が襲ってくることで
有名な鎌形です。



改めまして、

火曜日担当、絶好調!!

まるの鎌形です。



布団が恋しい季節です。


私が、サンタさんにお願いしたいのは、
トゥルースリーパーです。



いい子にしてたら、

サンタさんは来てくれるかなー。と

心を踊らせる少年少女の裏で、

たくさんのお父さんサンタさんが、

暗躍する季節となりました。




皆様、いかがお過ごしでしょうか?

もう12月、師走です。



今年やり残したことは、

早めに終わらせてしまいましょう。



安息なクリスマスを過ごすためにも・・・笑




それでは、そんなこんなで、
本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】怒気は人をフリーズさせる。
   怒らずに叱る方法
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】怒気は人をフリーズさせる。
   怒らずに叱る方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


12月。


この時期になると、

なぜか、イライラを全面的に出す

ビジネスマンが増えます(笑)




部下が自分の思い通りに

動かないからでしょうか。




今年、定めた目標に

到達しそうにないからでしょうか。




お父さんサンタになる時間を見越して

仕事を前倒ししたいけど、

出来ていないからでしょうか。






イライラ。


怒りの感情。




これを怒気(どき)と言います。
   ^^^^^^^^^^





ちなみに、私はマンガ、

ワンピースの覇気(はき)

( はきとは、敵を威圧し場合によっては
 
  気絶させる事も出来る力       )

には憧れていますし、

本当に訓練したら、かめはめ波と同様に、

使えるようになるんじゃないか。

と、サンタさんを信じる子供のように

期待を持ち続けていますが、、、




それはさておき、

怒気を捨てれるものなら捨てたいです。



怒気を捨てるにも訓練が必要なのですが、


この怒気がほんとにやっかいです(*_*)





怒気を持ちながら、

相手と接すると、

相手の脳は一瞬フリーズします。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

そして、言っていることが
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

聞こえなくなります。
^^^^^^^^^^^^^




「おまえなぁ!!」


とガツンと言われた瞬間に、



相手の脳は、

あーいやだいやだいやだいやだいやだ。

っていう感覚になってしまうことが多いんです。



そして、全く、相手の脳には情報が入りません。





例えばです。



皆さんが、経営者やリーダーであれば、

人の成長を促進するために、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
どうしても叱らなければいけない場面が
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
あるはずです。
^^^




新人教育をしている時、


新しい業者さんにルールややり方を教える時、


中間層がだらけてしまっている時、


経営者や幹部社員が間違った方向に進んでしまっている時、


子供に社会のルールを教える時、


などなど、




そんな時、皆さんなら、どうやって叱りますか?





・・・




こういう具合に考えてみてはいかがでしょうか。





・・・



まず、基本は、

叱ると怒るというのは

全く別物なんです。




本当に優れたリーダーは、
^^^^^^^^^^^^^^^^^
ビシっと怒らずに叱ります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



怒らずに「君な・・・」と言えるんです。






ある問題があったとして、

注意しなければいけないことがあった時に、

こうゆう具合に言ってみてはどうでしょうか。





これはあくまでも

怒らずに叱るための一つの型です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




全部で5つの手順を踏んでいきます。



■■■■■■■■■■■■■■
1)相手に聞く耳を持たせる。
  聞く体制をとらせる。
■■■■■■■■■■■■■■


先ほどの

「おまえなぁ!」と怒気をもった状態で始めると、

相手は、

『エッ!?』となって聞く耳をもってくれません。




重要なのは、

まず相手に聞く耳を持たせる、聞く体制をとらせることです。
  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



ですので、まずは最初に、


「 ◯◯くん、ちょっと注意したいことがあるんだけど、
  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
  今時間あるか?
  ^^^^^^^^^^                  」



と聞いてみるんです。



すると、


『 え?なんですか?・・・いいですけど・・・? 』

と相手が答えます。



こうなると、

まずこっちが注意するということに対して、

わかりました。と相手が答えたことになります。



つまり相手が主体性をもって、
   ^^^^^^^^^^^^^^^^
何ですか?と聞く体制をつくれているんです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



まずこれが一つ目です。


そして次、

■■■■■■■■■■■■■■
2)事実を持って語ること。
■■■■■■■■■■■■■■



「 こうゆう問題が起こっているけど、
  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
  これはどうして??       」
  ^^^^^^^^^^^^^

と相手に聞くことです。




いきなり頭ごなしに、

お前がこんなことをしたから

こんな問題がおこったんだろー!

ダメじゃないか!

と言う前に、


まず、事実としてこうゆう問題が起こっている。

これ、◯◯くんどうなっている?

と相手の状態を聞くわけです。



そうすると、

当然、相手は

あーでこーでといろんな言い訳をしたり、

えーそうですかー?ととぼけてみたり、

いやー、私ではなく、▲▲さんがーと

他責にしてみたり、いろいろ言うと思います。




そして次です。

■■■■■■■■■■■■■■
3)相手の言い分を聴き、
  受け入れる。
■■■■■■■■■■■■■■


相手が言い訳しようが

何を言おうが、

まずは相手の言い分を聴くことです。




決して、話の途中で、

「 おまえ、それ言い訳じゃねーか! 」

なんて言葉は言わないで、



◯◯さんはこう思っているんだね。

◯◯さんはこういうことなんだね。

と受け入れるんです。



この時、怒気はくれぐれも

出さないでくださいねー。


怒気を持っていると、

相手は受け入れたという気にはなりません。




そこのあなた!



怒気を出していないようで、

無意識にたくさん

溢れでてますからね(笑)



怒気は捨て去りましょう。


そして次です。


■■■■■■■■■■■■■■
4)これからどうするのか?
  一緒に考える。
■■■■■■■■■■■■■■


問題が起こってしまった過去は

変えられません。

これは仕方ありません。



じゃあ、これからも同じ問題がおこるのか?



これから、どうやって、

問題が出ないようにしていったらいいのか?



これはどう考える?



これについてはどう考える?



というふうに、


これからどうするのか?について
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
一緒になって、考えるということが
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
とても重要なんです。
^^^^^^^^^^^^^^



そして最後、

これが一番重要です。



■■■■■■■■■■■■■■
5)これからどうするのか?
  を相手に言わせる。
■■■■■■■■■■■■■■


「 じゃあもう一回どうするのかを

  言ってみて!        」

と相手に言わせるんです。


そうすると、

相手も

『 今まではこうこうこうだったんで、
  これからはこうします!     』


と言います。



相手がわかったかどうかは、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
はい!だけではわかりません。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
だから、【相手にちゃんと言わせる】んです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



「 これからこうこうこうして
  これからこうゆう結果を生むってことね。
  じゃあもう一回言ってみて!      」


『 はい、これからこうこうこうして
  これからこうゆう結果を目指して頑張ります! 』


「 そうそうそうそう、それ!
  じゃあ頼むね!       」



と、最後は頼むね!で終わる。
  ^^^^^^^^^^



ここまでが

怒らずに叱るための一つの型です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^





もう一度おさらいです。



1)相手に聞く耳を持たせる。
  聞く体制をとらせる。


2)事実を持って語ること。


3)相手の言い分を聴き、
  受け入れる。


4)これからどうするのか?
  一緒に考える。


5)これからどうするのか?
  を相手に言わせる。



です。


全ての過程において、

怒気は捨て去りましょう。


あなたがイライラしたとしても、

相手を萎縮させるだけで、

問題解決には繋がりません。




これで、

全てがうまくいくかはわかりませんが、

誰かを注意したり、叱ったりするときの

一つの型として知っておいて頂くと

良いと思います。




今回お話したのは、

叱り方の技術です。




いままでのように、

おまえなー!!と怒気を持って

頭ごなしに言う技術しかしらなかったら、

それ以外の方法は取れないんです。




でも、

今の方法を知っていると、

いざという時に、

そういった方法も取れるんです。




そして、そういった方法を

訓練して、無意識の内に出来るレベルにまで

レベルアップしていくと、

リーダーシップの幅というのは、

格段に広がっていきます。




是非、訓練していってくださいね(^^)




前々回からの繰り返しとなりますが、



何か物事を習得しようと思ったら
     ^^^^^^^
この過程を必ず繰り返すということ。
  ^^^^^^^^^^^^^^

1)まずは理屈・理論を知る

2)実行する

3)実行した後に振り返る

4)再実行する

5)成功を味わう

6)意識的に継続する

7)完全に身につく



ほとんどの人が、
^^^^^^^^^^^
1、2で歩みを止めます。
^^^^^^^^^^^^^^^^^


せっかく、学ぶことがあるのであれば、
1〜7までしっかり追求するといいですよ(^^)



本日はここまで!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/


■■■■■■■■■■■■■■
まる50人社長計画
↓↓
http://goo.gl/ZOVSqk
実現したいけど止まっている方へ。まるで夢実現を全力で応援します!
■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )