第181回【あなたに人がついてくるのはなぜか?考えたことがありますか?】

第181回【あなたに人がついてくるのはなぜか?考えたことがありますか?】

【愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!

WEB・人間学・心理学に強い
経営者・幹部社員専門の
コーチ&コンサルタント会社がお送りする
経営者、事業主、幹部社員向けの
まるのアウトプットメルマガ。

勝てる仕組みや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数131人 いいね!228人
(12月31日までにメルマガ購読者数と
facebookいいね!数合わせて400人!)



いつも
本当にありがとうございます。


冬になると乾燥で唇のカサカサに悩み、

保湿スキンオイルまみれで

有名な鎌形です。



改めまして、

火曜日担当、絶好調!!

まるの鎌形です。



私の人間教育、人材育成の師匠、

小田全宏先生がおっしゃっていた

言葉でこんな言葉があります。



この情報の海から比べれば、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

自分が知っていることなんて
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ほんのわずか
^^^^^^^^^


だから


「なんですかそれ??」と
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^

聞くことが必要なんだ。
^^^^^^^^^^^^^^^^



ちなみに小田先生は、

松下政経塾に入塾し、

人間教育の道に入って20年以上。


知らないことは何もないんじゃないか・・・?

と思うほど、物知りな方です。



そんな方が言うんです。



変なプライドが、

自分の成長を妨げることにもなります。




分かるまで聞く。
^^^^^^^^^^^
知ったかぶりをしない。
^^^^^^^^^^^^^^^^


シンプルですけど、

とても大切なことだと思います。



そしてもう一つ、大切なこと。


何か物事を習得しようと思ったら
     ^^^^^^^
この過程を必ず繰り返すということ。
  ^^^^^^^^^^^^^^

1)まずは理屈・理論を知る

2)実行する

3)実行した後に振り返る

4)再実行する

5)成功を味わう

6)意識的に継続する

7)完全に身につく



ほとんどの人が、
^^^^^^^^^^^
1、2で歩みを止めます。
^^^^^^^^^^^^^^^^^


せっかく、学ぶことがあるのであれば、
1〜7までしっかり追求するといいですよ(^^)



小田全宏先生のホームページはこちら↓↓
http://odazenko.jp/




それでは、そんなこんなで、
本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】あなたに人がついてくるのはなぜか?
   考えたことがありますか?
【2】人がついてくる理屈・理論
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】あなたに人がついてくるのはなぜか?
   考えたことがありますか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



経営者やリーダーの皆さんにお聞きします。




あなたに人がついてくるのはなぜか?

考えたことがありますか?







私はありませんでした。






でも、小田先生の

アクティブリーダーズアカデミーで

数日間かけて

その答えを議論していく内に

何を重要視していけばいいのか、

とても明確になりました。




社員さんを採用する時も、

社員さんを育てていく時にも

とても重要なポイントとなります。






一度、皆さんも、

考えてみてください。





あなたに人がついてくるのはなぜか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




もしくは、




あなたに人がついてこないのはなぜか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




1分間・・・目の前の紙に書いてみましょう。





・・・



・・・



・・・



・・・



かけました?





・・・



自分の頭で答えを探す。


ということをしないと、


本当の意味で理解は出来ません。





私や島田は数日間かけて、

その答えを学びました。





ここでお伝えすることは

ごくごく一部だということ、

そして、理屈・理論であることを

ご理解ください。





繰り返しになりますが、




何か物事を習得しようと思ったら
     ^^^^^^^
この過程を必ず繰り返すということ。
  ^^^^^^^^^^^^^^


1)まずは理屈・理論を知る

2)実行する

3)実行した後に振り返る

4)再実行する

5)成功を味わう

6)意識的に継続する

7)完全に身につく



ほとんどの人が、
^^^^^^^^^^^
1、2で歩みを止めます。
^^^^^^^^^^^^^^^^^


せっかく、学ぶことがあるのであれば、
1〜7までしっかり追求するといいですよ(^^)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】人がついてくる理屈・理論
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


なぜ人がついてくるのか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^


理屈はこうです。



この人についていくと、得がある。
           ^^^^^^^

この人についていくと、快を得られる。
           ^^^^^^^^^^^

この人についていくと、不快を避けられる。
           ^^^^^^^^^^^^^


もう少し噛み砕いていうと、

リーダーシップには5つの源泉があります。


フォロワー(リーダーについて行く人)が

どうゆうことを得られると感じた時に

リーダーについていくのか?


大きく分けると5つあります。


これが1つでもついてくることもあるし、

5つ当てはまっているのなら、強烈についてきます。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
1、報酬
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



人間は、

食べれる、寝れるというものを

求めてきました。


明日に困らない食糧が欲しいし、

襲われる心配のない安全な寝床を

確保したいんです。



現代で言えば、

食べれる、寝れるというのは、

お金と同等です。
^^^^^^^^


お金も一つ。


フォロワー(リーダーについていく人)が

リーダーについていこうと思う源泉となります。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2、価値体感(現在・未来)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

価値体感には、

現在価値体感と

未来価値体感の二つがあります。



現在価値体感は、

これ、やってるの面白いと思わんか?

とか、

今のこの作業ってめっちゃ楽しいよね!

ということです。



仕事をしている、

今、この瞬間に価値を感じるということです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



例えば、

落語が好きな落語家さんがいて、

その落語を喋っている瞬間が楽しい!と感じること。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


それが現在価値体感です。



残念ながら

現在価値体感を感じながら仕事をしているという人は、

そんなに多くありません。



でも現在価値体感を作ろうと思えば、つくることも出来ます。



あのホリエモンが、投獄されていた時、


普段から、頭を使っているホリエモンにとっては、


苦痛でしかなかったのが、封筒ののり付け。



最初は不満しかなかったところに、


この封筒ののり付け、どこまで早く出来るようになるだろう?


と考えて、効率化を楽しむことにしたそうです。



すると、、、


なんと、一般の人の3倍早くのり付けが出来るようになったそうです!



どんな仕事でも


今、この瞬間に価値を感じるということは

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

出来るのかもしれません。





次に

未来価値体感は、

もし、今やっている仕事が、
将来人の役に立てると思ったら嬉しいな。

とか、

これを積み重ねていったら、未だかつて無い伝説が作れるな!

といったように、

未来に価値を感じることです。
^^^^^^^^^^^^^^


今は苦しいかもしれないけど、

未来がよくなるから、今やろうー!!

という価値です。




最近では、

男子ラグビーがワールドカップ3勝をあげる

快挙を成し遂げましたが、

その裏には、

4年間の猛練習があったといいます。


まさに、


今は苦しいかもしれないけど、

未来がよくなるから、今やろうー!!

という価値です。



イチロー選手もそうです。


イチロー選手の言葉でこんな言葉があります。


「そりゃ、僕だって、

 勉強や野球の練習は嫌いですよ。
 
 だれだってそうじゃないですか。

 つらいし、大抵はつまらないことの繰り返し。
 
 でも、僕は子どものころから、

 日標を持って努力するのが好きなんです。
 
 だってその努力が結果として出るのはうれしいじゃないですか 」

 (イチロー:談)



これも

今はつまらないかもしれないけど、

未来に結果がでて楽しいのなら、今やろうー!!

という価値です。




逆に、スポーツの世界にも

現在価値体感で生きる選手もいます。


それがQちゃんこと高橋尚子選手です。


Qちゃんは

走ることが大好きです。


だから、練習で40キロ走り終えた。。。

と思った次の瞬間。。。


じゃ!趣味でもう20キロ走ります!



という普通の人では理解しがたい行動がとれます(笑)



まさしく

今、この瞬間に価値を感じるということです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^





あなたの会社やリーダーであるあなたは、

現在価値体感と

未来価値体感。

どちらか一つでも

フォロワー(リーダーについていく人)に

提供出来ているでしょうか?




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
3、評価認知
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


3つ目は評価認知です。


人間には、

自己重要感というものがあります。


自分を重要視して欲しいという感覚です。



誰でも、

あなただけよ(´ε` )と

自分を特別扱いして欲しいわけです(笑)


人間は、自分のことを大事にされていると感じるときに


自己重要感を持ち、やる気が出てきます。



相手を承認したり、

ちゃんと向き合ってあげたり、

ちゃんと評価してあげたり、

話を聴いてあげたりすることが

評価認知につながります。




しかし、よく起こるのが、

認知のずれです。



自分はこのぐらい出来ているという自己認知と


あなたはこのぐらい出来ているという他者認知。



この2つの認知に大きなズレがあると、

自己重要感は下がってきます。


まずは、フォロワー(リーダーについていく人)の

自己認知の評価がどの程度なのかを知り、

受け入れたうえで、

他者認知の評価がどの程度なのかを

根気強く伝えていく必要があります。



あなたの会社やリーダーであるあなたは、

フォロワー(リーダーについていく人)に

評価認知を

提供出来ているでしょうか?



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
4、自己向上(成長)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

人間の脳の中には、

ちょうど、おでこの裏側に

前頭連合野(ぜんとうれんごうや)という

部分があります。



より良く生きたいという欲求が

生まれる働きをもっているそうです。


基本的に人間は


より良くいきたい!

今よりももっと

今よりももっと

という自己向上の欲求を持っています。



言い方を変えれば、

成長を感じたい。という欲求ともいえます。



とてもつらい仕事だけど、

将来の自分の人生設計の為には、

絶対に必要な経験。

自分の成長のためにがんばろう!



これも自己向上の欲求です。




あなたの会社やリーダーであるあなたは、

フォロワー(リーダーについていく人)に

自己向上(成長)を

提供出来ているでしょうか?



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
5、共感
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


最後に共感です。


これは、一緒に出来るという喜びです。


つまり、リーダーに対する

好きという気持ちです。




仕事は別に好きじゃないけど、

なんか、このリーダーのことは好き。

この人と何でもいいから一緒に働きたい。

一緒の空間にいたい。



そんな気持ちが共感です。



人間の一番の欲求は、貢献です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

自分がやっていることが
^^^^^^^^^^^^^^^^^

誰かの役にたっていると思いたい。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




あなたの会社やリーダーであるあなたは、

フォロワー(リーダーについていく人)に

共感を

提供出来ているでしょうか?


フォロワー(リーダーについていく人)に

好かれていますか?






と、ここまで長々と語ってきましたが、

いかがでしたでしょうか?



1、報酬は提供出来ていても、

2、価値体感
3、評価認知
4、自己向上
5、共感

は提供できていないかもなー(ーー;)


という人も多かったんではないでしょうか?





共感に関しては、

どうゆうことをすれば、
^^^^^^^^^^^^^^^^
人は好きと感じやすいか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


ということを考えることも重要です。


その答えを知りたいという方は、

個別にご相談ください。





繰り返しになりますが、

今日お話した内容は、

あくまでも理屈・理論に過ぎません。



これらを用いて自社の経営にどう活かすか?


社員さんとのコミュニケーションにどう活かすか?


どう実行し、成功体験を得るのか。


がとても重要です。




何か物事を習得しようと思ったら
     ^^^^^^^
この過程を必ず繰り返すということ。
  ^^^^^^^^^^^^^^


1)まずは理屈・理論を知る

2)実行する

3)実行した後に振り返る

4)再実行する

5)成功を味わう

6)意識的に継続する

7)完全に身につく



ほとんどの人が、
^^^^^^^^^^^
1、2で歩みを止めます。
^^^^^^^^^^^^^^^^^


せっかく、学ぶことがあるのであれば、
1〜7までしっかり追求するといいですよ(^^)





本日はここまで!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/


■■■■■■■■■■■■■■
まる50人社長計画
↓↓
http://goo.gl/ZOVSqk
実現したいけど止まっている方へ。まるで夢実現を全力で応援します!
■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )