独立後、自分の関わった人50人を書いてみる

ある経営塾の宿題の一環で、


「サラリーマン時代1年で関わった50人」と

「独立後1年で関わった人50人」を書いてみた。





来年はこの人脈をどうしたいか?

なんて考えたこともなかった。





たった1年の違いなのに、

関係者の違いに唖然とする。




サラリーマン時代の50人は、

自分の直属の上司や部下、同僚、お客様が並ぶ。

空いたスペースに友人や家族が入る。

おそらくサラリーマン時代5年間でほぼ変わらなかっただろう。




独立後の50人は経営者の名前が並ぶ。

自分がどれだけいろんな場所に足を運び

人脈を作ったか?が目に見える形でわかる。






もしも、毎年同じ環境で同じ人脈のままで

年を重ねていったということになるのだろうか?



そう思うと怖くなった。





1分前は過去。

1分先は未来。





2015年も残り1ヶ月。





1ヶ月もある。

日々成長につなげていこう。





今日もありがとう。

明日もワックワクだ〜!