第177回【社員さんや顧客を「楽しさ」で動かす】

第177回【社員さんや顧客を「楽しさ」で動かす】

【愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!

WEB・人間学・心理学に強い
経営者・幹部社員専門の
コーチ&コンサルタント会社がお送りする
経営者、事業主、幹部社員向けの
まるのアウトプットメルマガ。

勝てる仕組みや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数127人 いいね!227人
(12月31日までにメルマガ購読者数と
facebookいいね!数合わせて400人!)




いつも
本当にありがとうございます。



これでいいのだ。が
最近の流行りの絶好調な鎌形です。



改めまして、
火曜日担当、まるの鎌形です。




天才バカボンのパパ。

そのキャラクターを

生み出した赤塚不二夫さん。

とても凄い方だと思うんです。




どんな不条理な事や、

理不尽な結果となっても

常に「これでいいのだ!」の

一言で笑い飛ばしてしまう。




まさしく、

愉快の達人ですね。
^^^^^^^^



愉快という能力について分からない方は、



第175回【絶好調な人を呼びこむ方法。会社はトップの感情を映す鏡。】
のメールマガジンをご確認下さい↓↓
http://goo.gl/dMnXt4




バカボンのパパの

有名な言葉ですがこんな言葉があります。



わしは バカボンのパパなのだ

この世は むずかしいのだ

わしの思うようにはならないのだ

でも わしは大丈夫なのだ

わしはいつでもわしなので 大丈夫なのだ

これでいいのだと言っているから 大丈夫なのだ

あなたも あなたで それでいいのだ

それでいいのだ

それでいいのだ

わしはリタイヤしたのだ

全ての心配から リタイヤしたのだ

だからわしは 疲れないのだ

どうだ これでいいのだ

これでいいのだ


やっぱりこれでいいのだ



「バカボン」という言葉は
サンスクリット語で
「悟りを開いた人」「知恵物」
という意味だそうです。



バカボンのパパのような

あるもの感謝し、
^^^^^^^^^^^
ありのままを受け入れ、
^^^^^^^^^^^^^^^
出来ないものは
^^^^^^^^^^
変えられないことはしゃーない。と手放せる。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



そんな

経営者がいれば、

そこで働く社員さんは、

とても楽しく、

心を満たされた状態で

仕事が出来ると本気で思いました(笑)



バカボンのパパ↓↓
https://goo.gl/C7JzKM



皆さん、

自分では変えられない

どうしても解決できない問題があった時。



これでいいのだ。

と手放す。


これはとても心が軽くなりますよ(^^)



それでは、そんなこんなで、
本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】脱力したスイングをしよう!
【2】「体」「言葉」「感情」の使い方を
   変えれば、仕事が楽しくなる。
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】脱力したスイングをしよう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ゴルフの素振りの時、

私が良く言われるのは、

力みすぎるな。です。
^^^^^^^^^^^^


力みすぎると

いろんなところに弊害が出てきます。



20代の頃、

自分の体の悲鳴を無視して、

毎日力んで仕事をした結果、




今、体にガタが来ています・・・(笑)




いまだかつて無い程の

肩こりと腰痛です。




おらにせんずをわけてくれ!と

私の中の悟空さんが出てきてしまいそうです。



※せんずは漫画ドラゴンボールの中の
 食べると全回復する不思議なお豆です。
          



ともかくです。



力み過ぎはよくありません。


以前にご紹介した

ヤマチユナイテッドグループの代表、

山地章夫さんが書かれた書籍の中でも

言われております。


書籍:コンサルタントは教えてくれない社長のルール
著者:山地章夫
2010年5月発行


本の紹介ページはこちら↓
http://goo.gl/ztfHPY




ここから引用=======================

ガチガチに肩に力が入っている

経営者に会うことがある。



一緒に話しているだけで、

こちらも肩がこってしまいそうだ。


超真面目な人、

若い経営者に多い。


私もかつてそうだった。

30代までは力みまくっていた。



あることがきっかけで、

力を抜いたら楽しくなったし、

成果もあがるようになった。



私はゴルフが好きで

もっと上手になりたいと思って

よくプロのレッスンを受ける。


フォームを直されるとき、

まず注意されるのが力まないことだ。


上手ではないゴルファーは

上半身、腕の力が入っているのだ。

力んだフォームは直しようがない。

アドバイスしたように体が動かないという。


まず、脱力したスイングが出来て

はじめて直すことができるそうだ。


さらに力むと疲れるし、長くできない。

故障の原因にもなる。



経営に置き換えると、

自分の考えに凝り固まって、

素直に人の忠告を聞けない人。


力みすぎてゆとりがないので、

どんなアドバイスも受け入れたり、

試すチャンスがない人は

まず脱力しないと、経営のフォームを

直すことはできないのだ。



土台である下半身はガッチリする。
つまり、経営の目的や信念である。
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^


上半身は脱力してスムーズに動くようにする。


そうしてはじめて、

楽しい経営、儲かる経営の道が開けると

私は考えている。


ここまで引用=======================



なんでも力み過ぎはよくありませんね。


皆さんはちゃんと、脱力していますか??


これでいいのだ。ですよ(^^)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】「体」「言葉」「感情」の使い方を
   変えれば、仕事が楽しくなる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


これまた、

経営者やリーダーのメンタルでは重要だと思うこと。



なんだか【まる】は楽しそうだね(^^)




そう言われることに

とても嬉しさを感じてます。


たしかに今、仕事を楽しんでいる。




でも、

私、28歳まで自己否定をしていたもんですから、


楽しさなんてものは全く感じてなかった

時期があるんですね。




この状況を楽しめるか!(T_T)

という状況でした。



その理由はまたまた前回のメルマガ

第173回-失敗して良かった-過去の失敗は使命に変わる/

をご覧ください。

↓↓↓
http://goo.gl/LSBjhf



当時の私と、

今の私では、




体と言葉と感情の使い方は
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
大きく大きく変わりました。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^


その結果、


仕事もとても楽しいです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^



別人と言われてもおかしくない。




その変わりようといったら


不良で長髪だった三井寿が、
バスケがしたいです。といって
スポーツマンで短髪に変わったぐらい。


いや、
もしかしたら、


中学校までおとなしめキャラだった
少年、少女が
満を持して、高校デビューする時ぐらいの
変化があったと思います。




そうなれたのも、

自分を「体」「言葉」「感情」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
をコントロールすることが
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
出来る様になったからなんです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



またまた、

山地さんの引用です。

書籍:コンサルタントは教えてくれない社長のルール
著者:山地章夫
2010年5月発行


本の紹介ページはこちら↓
http://goo.gl/ztfHPY


ここから引用です========================


「あなたはいつも仕事が楽しそうですね」と

言われると、

本当に嬉しいものだ。


ではどうすれば

そのように言われるのだろうか?




それは、

「どうすれば仕事が楽しくなるか?」
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ではなく

「どうすれば仕事が楽しく見えるか?」
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

を考えることだ。



これで少しハードルが下がったはずだ。


言い換えると、

カタチから入るということ。
^^^^^^^^^^^^^^



1)体の使い方を楽しそうにする

2)言葉の使い方を楽しそうにする

3)感情をいつも楽しそうにしている



体の使い方は、

楽しいときの歩き方、

楽しいときの表情、

楽しいときの立ち振いを

思い出し、気がついたらやってみよう。


ハイタッチ!

スキップ!

ガッツポーズ!

大爆笑!

最高のスマイル!

胸をはって、大またで歩いて!


・・・

だんだん習慣になるまで!






言葉の使い方は、

楽しいときを思い出す。


褒めること、

ビックリすること、

最高にうれしかったときの言葉を

たくさん書き出してみること。



すごい!

カッコイイ!

最高!

美しい!

ヨッシャー!

絶好調!


普段から連発すること。


私は毎日ブログを書いているが、

ブログの出だしはこうだ。


「こんにちは、お元気でしょうか?

 いつも仕事が楽しい山地です!」

そうすると、

不思議なことに、

仕事が本当に楽しくなってくるのだ。


「毎日お仕事が忙しそうですね?」

と挨拶される。



「いえいえ、毎日仕事が
 楽しくて最高です   」

と返す。




感情のコントロールは、トレーニング。


何か嫌なことが起きても、

楽しかった状態に瞬間移動する

スイッチを見つけておく。


例えば、

携帯電話に最高にたのしかったときの

写真を入れておく。


じっと見て

楽しかったときを思い出す。


ニヤニヤしながら思い出す。


画面を切り替えて正気に戻る。



また写真を見てニヤニヤする。


そのうち、

パブロフの犬のように

携帯電話を想像しただけで

機嫌が良くなる。


これがスイッチだ。




仕事が楽しくなるのは感情である。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


それなので、

楽しい感情になるように、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

体と言葉の使い方を変えてみる
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

楽しくなるような感情のコントロールをしてみる。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



これは邪道ではない。


楽しい仕事にするための

入り口をたくさん確保していくことなのだ。


そうすると不思議に仕事が楽しくなってくる。


ここまで引用です========================




どうでしょうか?



私は、心理学や人間学を

いろんな方から学ばせて頂いておりますが、

やはり皆さん、

同じようなことを言います。



自分の心をセルフマインドコントロールする。




経営者やリーダーが

自分の「体」「言葉」「感情」を

コントロールすることで

もっともっと仕事は楽しくなるし、

もっともっと経営は楽しくなるはずです。






まずは、カタチから、

実践してみてはいかがでしょうか?





本日はここまで!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )