営業=「悪いこと」の概念を変える。自分の現在地を知らずに突き進むのは危険!

「営業ってどうも苦手で」

 

「営業ってどうやってやればいいですか?」

 

 

法人営業をしていたからか、このような質問をよくいただきます。

 

 

 

私の持論は、

営業=押し売りの概念を変えて、営業=悪い事と思っている方は、

まずそこの概念を変えることを変えることが初めての一歩だと思います。

 

 

「営業」=「お困り事と自分のサービス・商品のお見合い」

 

困っていることも無いのに、コレいいですよ!コレ買わないとソンしますよ!と

伝えてもそれはタダの押し付け。

そりゃあ、名刺を目の前で破られたり、「帰れ!」なんて言われ

ハートがもう壊れかけのレディオ状態でズタボロになってしまうのです。

 

 

まず大前提に、ヒアリング能力を高めること。

 

 

ヒアリング能力=質問の仕方、聞く姿勢・態度・表情を徹底的に学ぶ。

それを学ぶ相手はもちろん、自分より成果を上げている人。

例えば営業部長とかトップセールスマンとか、保険のトップ営業マンとか。

 

 

学ぶ人をただ好きな人で選ぶのではなく、

自分のなりたい姿にどれだけ近い人か?を知り、

真似る=学ぶ に値する人を見つけるわけです。

 

ロールモデルとも言いますが。

 

 

そして、何をどうする?をきちんと自分に腹落ちさせること。

 

自分はそのプロから見てどのレベルか?

自分の現在地をしっかりと把握し、

自分のレベルアップをするには、

具体的に何をいつまでにするか、

その成果を誰に判断してもらうか?まで決めることです。

 

 

 

私の場合は、営業マン時代、最短でゴールを掴みたかったので、

支店長に営業ロープレをお願いしました。

もちろん、営業経験もない0スタートでしたので、

最初はズタボロで出直しも何回もありましたし、めげそうになったこともあります。「いいもん。私には私なりの道がある」とカマトトぶっていましたが、

それはただの負け惜しみであることに違いはないのです。

 

支店長ということは会社から何か評価されその立ち位置にいる。

ということは紛れもな事実なわけで、悔しかったら超えてやる!

というスタンスに変わりました。

 

 

なので、ロールモデルにする人は、

人として好き嫌い関係ない。

できる人の技を真似る。

そしてTTP=徹底的にパクる。

 

 

 

自分の現在地を知り、自分の現状とロールモデルのレベル差を把握する。

そしてその差を埋めるために必要な要素は何か?を考える。

 

能力なのか?環境なのか?行動なのか?

 

 

 

 

憧れで止まらずつかみとるには、

レベル差を埋めるための武器を具体的にする必要がありますね。

 

 

 

ドラクエと一緒。

ラスボスを倒すために、レベル0だったら戦えない。

すぐにゲームオーバーになる。

 

 

そうならないために、どんな武器を身につけ、仲間を作り、

ラスボスと対等に戦える要素を自分につけていくのか?

 

 

 

人生はドラクエだと思う。

ロールプレイングゲーム。

 

 

 

あー。久しぶりにドラクエかトルネコの大冒険したくなってきた。

ゲーマー島田でした。

 

 

 

 

今日も絶好調にがんばろう!

明日も絶好調の連鎖だ〜