女性管理職を増やしたい。だけど社内に最適な候補者がいない場合は?

女性管理職を増やす。その前に・・・・。

 

 

今の管理職はどのように選ばれてきたのでしょうか??

 

 

中小企業の場合は人・物・カネが限られています。

今いる、人で仕事をする必要があったり、新しい人が入ったら自動的に先輩を任命するなど、

仕事の出来ではなく、経営者との相性や勤続年数で判断している事が往々にしてあります。

 

 

まずは管理職にふさわしい人物像はどんな姿か?

またその管理職にステップアップするにはどのようなスキルやコミュニケーション能力が必要なのか?は明確になっていますか?

今の管理職は部下の人が「あんな管理職になりたい!!」と思うような働き方をしていますか?

 

 

その洗い出しをするとおのずと見えてくるものがあります。

 

管理職だと家庭を犠牲にしている人が多い。

管理職だと仕事オンリーで女もへったくれもないパワフルガンダム女子になってしまう。

管理職だと婚期を逃す、お一人様になってしまう。

など良くないイメージがつくようになっていると、女性は自分のライフイベントを考えた時、

その管理職像と自分のライフイベント、どちらが現実的に大切か?を天秤にかけてしまいます。

 

 

 

男女問わず、

あんな管理職になりたい!そう思える評価制度や働き方作り

まずは重要ではないかと考えます。