三重県からもワークライフバランスをやりたい。桑名市も負けてないぞ−!

私事ですが、三重県桑名市出身でしてかなーり愛知県に近いんだけど、

三重県民です!と主張しております。



三重県=伊勢神宮



というイメージが強い方が多いですが、

熊野古道や志摩、鳥羽、たくさーん名所はあるのです。



働くということに関して言うと、WLBの小室淑恵さんが三重県にはるばるお越し頂いて鈴木市長と対談をしたように、ワークライフバランスの意識が少しずつ浸透しているのではないかな〜と勝手に期待している今日この頃。




地元愛あります!と桑名LOVEと言う確固たる信念があるものなのか

というといささかそう名乗るには程遠いのかもしれませんが、

やはり、育った町であり、育ててくれた町であることは事実。

何か恩返しをしたい。

そして同年代が活性化している町にしたい。

名古屋のベッドタウンとしても高速バスで通勤している方が多い

とっても住みやすい町なのです。



ご存じですか?




私が育った三重県桑名市の大山田団地は、

名古屋・栄まで高速バスが7時代は1分おきにあるという

驚異的な通勤ラッシュがあるということを。

そして、全員着席しないと出発しないので、1分おきとは言わず、

同じ時間に3本バスが来るというミラクルまであります。





つまりは、桑名市はとっても住みやすいという条件がそろっています。




もっと若者を増やし企業も活性化したい思いが

フツフツと湧き上がってきました。




どこの馬の骨ともしらない一人の市民ですが、

何かできる形になるようがんばります!



今日もありがとう。

明日も頑張ろう。