共働きの妻の課題。時間管理と感情コントロール

共働きをすると家事と仕事の両立にあくせくする方が多い。

そんな場合にまず必要なスキル?とでもいえることがある。

 

「時間管理」と「感情コントロール」だ。

 

 

時間管理は言うまでもなく、

自分以外の誰かに対して時間を使うことのほうが思いのほか多くなる。

自分だけならガマンができても、旦那や子ども、親など第三者が関わってくる。

そうなると自分以外の人に合わせたり、自分の時間をおすそ分けしなければいけない。何でも完璧にこなそうとする性格の私は最初苦悩の連続だった。

 

 

帰ったらすぐに食事の準備、

お昼のアポが入る時はお昼の用意。

ランチミーティングの時は帰った後のシミュレーション。

これ、子どもができたら無理じゃないか?

と思う時間の使い方をしていると自覚すればするほど苦しくなる。

 

 

あれもやろうこれもやろうとすると自分を自分で苦しめる。

マルチタスクはこなせないと自覚することが必要。

 

 

 

時間管理をするには、まず「しないことを決める」というのが大事だと学んだ。

私は最近シンプルなルールを2つ決めた。

 

・懇親会は月に2回まで参加OK

 家族との時間を大切にする。睡眠不足になる。

 朝5時起きを守るには何かを捨てる勇気が必要だ。

 

・人に会う日を集中させるアポの取得

 ランチミーティングからはじまり夜まで人に会う日をつくる。

 間に30分のバッファを持つと余裕が出る。

 地下鉄やバス移動が連続の日はエコ切符も使えて経済的だ!

 

 

 

 

また女性には毎月厄介な生理がやってくる。

男性にはわからないこの苦労。

感情コントロールが難しくなる。

そんな時は2つのことを行うようにしている。

 

 

1.事象から離れる

イライラの事象から離れることでイライラの感情を抑える。

トイレに行く、外の空気を吸う。

家にいる時はお風呂に入る、最終的にベッドで眠る。

 

 

 

2.なぜ?を繰り返し、客観視する

「なぜ私は今イライラしているんだろう?」と自分を客観視する。

なぜ?がわかると腑に落ちることがある。

イライラしてもしょうがないよね〜となるまで繰り返し。

自分を自分で冷静にする方法。

 

 

 

 

 

時間管理と感情コントロール、これからも強化をしていこう。

 

 

 

今日もありがとう。