第163回【社員の過去を知っていますか?過去を知ると愛と感謝が生まれる。】

第163回【社員の過去を知っていますか?過去を知ると愛と感謝が生まれる。】

【愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数124人
( 9月30日までに300人目標! )


いつも
本当にありがとうございます。


ウ◯コの神様が味方してくれて
一日1回、快便で有名な鎌形です。


改めまして、
火曜日担当、まるの鎌形です。



さー、
本日は9月29日。


9月30日までにメルマガ登録者
300人目標!

・・・

あまりにも遠く及ばない結果です(苦笑)
反省・・・(-“-)


まだまだ目標に向けた
行動課題が甘すぎましたね。


今後は、
facebookいいね!数も含めて、
目標設定して頑張りたいと思います。


しかし、
SNSの力は凄いですねー。


メルマガよりも、
facebookみてます!
という方が圧倒的に多い(´・ω・`)


マーケティング(売れる仕組み)づくりには
facebookの活用も重要です。


現状は、
メルマガ購読者数124人
facebookいいね!数197人
合計321人



新たな目標は、
12月31日までに
メルマガ購読者数と
facebookいいね!数
合わせて400人!


やはり、
コツコツ出来ることを
頑張りまーす!(^^)




それでは、そんなこんなで、
本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】三位一体経営(指針・採用・共育)は
   人を活かす経営の柱
【2】社員の過去を知っていますか?
   過去を知ると愛と感謝が生まれる。
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】三位一体経営(指針・採用・共育)は
   人を活かす経営の柱
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


昨日は、

同友会の三位一体経営アカデミーで

【採用】についての

勉強をしていました。



三位一体経営とは、

【 指針・採用・共育 】の

3つを回して、経営をしていくというもの。


このどれか一つが抜けても

仕事は出来るが、

経営は出来ない。



知れば知る程、奥が深い。



人を活かす経営の柱となる

考え方です。



自社にあった経営を見つけるためには

【 勉強 】が必要不可欠です。



まずは、経営の定石を学び、

自分流を見つけていく。




いい所取りをしても意味がありません(*_*)




同友会の中で行う

ビジョンを実現するために行う採用は、

場当たり的に行う採用とは

明らかに違う。




皆さんは社員の採用を何のために行っていますか?




もし、その理由が、

仕事が回らないから

人が足らないから

人が辞めちゃったから




という場当たり的な理由だけで人を採用しているのであれば、

残念ながら、

経営をしているとは言えないかもしれません(*_*)



即戦力ばかりを求め、

常にいつ来れる?

と聞いてしまうような採用です。



応募者の能力に頼り、

そこに、社員を育成していこうという考えは

一切ない採用です。





ビジョンの実現するために行う採用とは、



自社の経営指針(経営理念・方針・計画)に

共感・賛同してくれる人を採用すること

そして、人を育てていくという考えをもった採用です。






そんな採用が出来た時のメリットは計り知れません。

いくつかメリットをあげると、

・仲間が増えることで、出来ることの幅が広がる。

・会社の公共性が高くなる

・影響力が大きくなる

・色んな個性が集まるので多様性が広がる、アイデアの幅が広がる

・社会に貢献出来る

・いろいろな世代の考え方が学べる

・仕事を任せることができる


などなど

メリットは計り知れません(*_*)





もちろん、

人をいれれば

当然コストもかかるし、育成費もかかる。

戦力になるのに3年かかるんであれば、

3年分の人件費を先に考えておかなければならない。

月20万円の給与だとしても、

社会保険を入れれば30万円程度。

年間で360万円。

3年間で、1080万円。



このぐらいのコストは

育成費として考えておかないといけない。

それだけの覚悟は必要です。




でも、それ以上に

あなたのビジョンを実現してくれる。




もし、同友会らしい

三位一体経営(指針・採用・共育)の

【 採用 】を学びたいのなら、


この会に来てください。


同友会10月例会チラシ↓↓
http://goo.gl/y3Dsau

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【報告者】
株式会社高瀬金型 高瀬 喜照 氏

【テーマ】
名古屋第2青年同友会10月地区例会
経営者の想いを共に実現していくパートナーの採用

【日程】
2015年10月21日(水)


【時間】
18:50~22:45

【会場】 
クロッシュブラン
名古屋市中村区椿町8-3 丸一駅西ビル3F

【内容】
経営者であれば自社の未来像を真剣に想い描いているばすです。
その想いを実現するためには、
共に自社を発展させていくパートナーを採用し、
経営者の想いに共感してもらうことが重要です。
では、日本の労働人口が減少し企業間の人材獲得競争が
激しくなってきている現状のなか、
どうすれば経営者の想いを共に実現していくパートナーを
採用することができるのでしょうか?
本例会では、経営者の想いを共に実現していくパートナーを
採用するために必要なことを学ぶ例会とします。

【費用】 
1部 500円
2部 4500円
 

【お申込】
メールまたはFAXでお申し込み下さい。

同友会10月例会チラシ↓↓
http://goo.gl/y3Dsau
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ぜひ、一緒に学びましょう(^^)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】社員の過去を知っていますか?
   過去を知ると愛と感謝が生まれる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


さて、今度は【 共育 】の話です。

経営者と社員が共に育ちあう関係を作る。




皆さんは、

自社の社員さんの過去を知っていますか?






知っているという方。





素晴らしい(^^)




実は、ほとんどの経営者やリーダーは、

社員さんの過去を知りません。







ほとんどの経営者は、

わが社はここを目指す!

わが社はこうなる!

と、【 未来 】のことばかり話します。




当然、それも大事です。




でも、それだけでは、

本当の結束力やつながりは生まれません。



過去を知らないと、

表面的な付き合いしかできなくなってしまいます。





そしてお互いに

違いを認め合うことはしません。




いつも、

なんで思い通りに動いてくれないんだ。


なんでこんなに成長スピードが遅いんだ。


なんでこんなに欠陥人間なんだ。


なんでこんな事言うんだ。


なんでこんなにやる気がないんだ。


と、相手は間違っている!と言わんばかりに

自分の感情をぶつけます。








あなたの社員は

本当は何を思って、今仕事をしているんでしょうか?



何に悩みを抱えて仕事をしているんでしょうか?



何を背負って生きているんでしょうか?




そこがわらなくて、

何が目標なんでしょうか。



そんな目標は、

薄っぺらい目標です。







今、あなたの親友と言われる人たちを

思い浮かべて下さい。







その親友はあなたの【過去】を知っていますか?





あなたはその親友の【過去】を知っていますか?





おそらく、知っていますよね。







え、知らない?




んー、

では親友ではないかもしれないですね(*_*)





過去を知ると愛情と感謝の気持ちが湧くんです。



本気でその人の目標を叶えてあげたい。

その人の力になりたい。



そんな風に自然に思えますよ。




過去を知らないと、

表面的なことでしか、その人のことを理解出来ません。




もしかしたら、

あなたが勝手に、

社員の可能性を潰している。




なんてことだってあるわけです(*_*)




私は何度も、

【過去】を共有しあうことで、

強靭な結束力を持った組織を見てきました。




【 過去 】を知ることで、

お互いがお互いを尊重するようになるんです。






お前はこんな過去があったのに、

今こんなに頑張ってくれてたのか。



とか、



あなたはこんな辛い経験があったのに、

いつも笑顔を振りまいてくれていたんだね。


とか、


きみはこんな悩みを抱えながら、

精一杯やってくれてたんだね。





そんな愛と感謝の気持ちが出てきて、

自然と、仲間を助けたい。

仲間の役に立ちたい。


という気持ちになるんです。





本当に、

びっくりするぐらい、

結束力が高まります\(◎o◎)/!






騙されたとおもって

やってみることをおすすめします。




社員が敵だ。

とか、

社員と自分は分かり合えない。


そんな風に思っていた

経営者が、


社員は味方だ。

とか

社員を理解し、社員と共に成長したい。



そうやって自然に思うことが

出来るはずですよ。




せっかく、一緒に仕事をするんであれば、

私は後者の経営者のほうが

はるかに幸せな人生を送れると思います。




ただ、



そうはいっても、

社員さんの【 過去 】を引出し、

組織で共有をしていくのは

簡単なことではありません(*_*)




社員さんの

【 過去 】を共有するには、

【 場作り 】が必要不可欠です。




本音で話し合える空間を作ること。


守秘義務を守り、安心・安全な場所を作ること。


まずは経営者やリーダー自身が自己開示し、過去を語ること。




なかなか自分の過去を話すのには勇気がいるんです(*_*)

しかも、社員という立場であれば、なおさらです。




手法的なことをいうと、

【 ライフライン 】という

ワークを使って過去を共有します。




自分の人生を棚卸しし、

これまでの幸福度をグラフ化し、

それを元に、自己紹介をしてもらう。



というものです。



私はこのワークが大好きです。





私がファシリテーター(進行役)として、

クライアントのミーティングに入る際には、


必ず、私が自己開示します。




19歳でネットワークビジネスで失敗して借金が300万あったとか、


友達を一人残らずなくしたこと。


20歳から5年間は売れない営業マンで、

いつも劣等感を感じて、

なぜ自分ばかりがうまくいかないんだと否定ばっかりだったこと。


24歳〜28歳までは、

離婚、働き過ぎ、自己否定、うつ病寸前、自分が大嫌いになったこと。



全てを失ったと思った時、

いつでも支えてくれる人がいたこと。



そして、コーチングに出会って

今を生きると決めてからは、過去にも感謝出来たこと。

今は幸せに生きているということ。

この先、愛と感謝で世の中をまるくしたいということ。






大抵の皆さんは、

こんな私の自己開示を聞くと、

言いやすくなるみたいです(笑)



ぜひ皆さんも、

【 過去 】を共有する。


ということをしてみてください。



ライフラインのワーク直後の
お客様の声です↓↓



本日はここまで!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )