第161回【時間管理。生きてる時間と死んでる時間】

第161回【時間管理。生きてる時間と死んでる時間】

【愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数124人
( 9月30日までに300人目標! )


いつも
本当にありがとうございます。


最近、NHK子ども番組
つくってあそぼのワクワクさん以上に
ワクワクさんであることで有名な鎌形です。


改めまして、
火曜日担当、まるの鎌形です。




急に秋になりましたねー。


まるのホームページも
ななえさんに衣替えしていただきました(^^)




最近、またまた新しい挑戦をしております。

そのおかげでワクワクが止まりません(笑)



その都度、苦悩はしますが、

乗り越える感覚がやみつきに

なってしまいそうです。



さて、今日は告知を一つさせて下さい。



私が在籍している
経営者の学校【同友会】で
私がプロジェクトのリーダーとして、
学びの会を開催致します。


日時は、
来年、2016年1月20日(水)18時50分〜


場所は、
名古屋クレストンホテル
愛知県名古屋市中区栄3-29-1 
名古屋PARCO 西館 9F


で行います。


さあ、皆さん、
手帳を開いてスケジュールを抑えてください(笑)



新春の一大イベントとして、
ぜひご参加下さい。


絶対に損はさせません。

経営者とその社員が多くの学びを得る例会にします。




そして、

【 伝説を残します 】


その伝説とは、


【 170人例会を開催すること 】

※通常、100人例会が普通です。




その意気込みを
動画に込めましたので、
このPR動画をご覧ください!

↓↓↓

プロジェクトメンバーの
内藤室が一丸となり、必ずや、
ご参加頂いた皆さんの学びになる
例会を作り上げます!



まだまだ決まっていないことが多いので、
出せる情報はここまでですが、
順次、告知させていただきます。


是非、ご協力下さい。


宜しくお願い致しますm(__)m




それでは、そんなこんなで、
本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】時間管理
   生きてる時間と死んでる時間
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】時間管理
   生きてる時間と死んでる時間
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


さて、同友会の例会作りも
さることながら、

またまた新しい学びの場に参加しております。


第158回で、

副代表のななえさんも触れておりますが、

【 ESJ 】です。


正式名称は、

えのさん流成功実現(ESJ)プログラム です。



今日はここで学んでいる情報を

少し共有させていただきます。



書籍:えのさん全集【4】
   えのさん流成功実現(ESJ)プログラム
   「私」を生きる
著者:榎本計介(えのさん)
2015年5月発行

本の紹介ページはこちら↓↓
http://enosan.saleshop.jp/items/1019043





皆さんは自分の人生の一日、

24時間をどのように過ごしていますか??




人生は、

この24時間の積み重ねです。




そして時間には、


【 幸せな時間 】



【 そうではない時間 】


がある。





自分が幸せだなーと思う時間を
どれだけ長くできるか。





【 それが究極の時間管理 】です。




これはたしかに。
と思いました。





いくら楽な仕事や
簡単な仕事をしていても、


そこに幸せだなー。と思える何かがないと、
その時間は幸せな時間にはなりません。




逆に苦しい仕事や、
つらい仕事をしていても、


そこに幸せだなー。と思える何かがあれば、
その時間は幸せな時間になります。





幸せだなーと思えるかそうではないかは、
その人の感情です。



つまりは捉え方です。





例えば、私は同友会の
プロジェクトリーダーとして、
自分のやりたいことや、
こう思うという意見を出した時に、
仲間からボコボコにされます(笑)





その状況を幸せだなーと捉えるか。

不幸だなーと捉えるか。

その人の感情によって違うんです。




ちなみに、
私はその状況、


とても幸せに感じます(*_*)



Mだから。
ではありません。



だって、自分の成長、
会社の成長に繋がりますもん。



でもですね、

このあたりの

自分の感情をコントロールするには、

訓練が必要なんです。



私も仕事柄、

様々な心理学、人間学を学んできましたが、

まだまだ足りてないことばかりです。





じゃあ、

どんな時間の使い方をすると、

幸せな時間にしていけるのか。



ということを

えのさんが説明しています。





実は時間には、

プライベートの時間、

仕事の時間のそれぞれに



【意図している時間】



【何となくやっている時間】

があります。




私にとって、

ゴルフ練習をしている時間は、

【意図している時間】です。




ではテレビを
見ている時間はどうでしょう?


例えば、テレビをつけたら

ちょうどNHKテレビのつくってあそぼが

やっていました。

※もう放送終了してますw




ゴロリ「ねえワクワクさん!今日は何を作るの?」

ワクワク「今日はね、彼女を作ります!」

ゴロリ「本当に?っでどうやって作るの?」

ワクワク「この紙に告白の文を書いて、封筒にとじます」

ゴロリ「それで?」

ワクワク「君にだよゴロリ」

ゴロリ「ワクワクさぁん」


みたいなやり取りを

ただなんとなく見てしまうのは、

【何となくやっている時間】です。


バラエティ番組とかもそうですね。




でも、日本代表の試合とか、

最近はまっていた

ドラマ、デスノートの録画をみる時間は

【意図している時間】です。






そして次に何をするかというと、

仕事とプライベートの時間に分けるのではなく、

先に

【意図している時間】



【何となくの時間】

に分けます。


そして、

【意図している時間】の中で、

仕事とプライベートに分けます。


【何となくの時間】の中でも、

仕事とプライベートに分けます。




えのさんは、

【意図している時間】を【生きてる時間】

【何となくの時間】を【死んでる時間】

と呼んでいます。




そして、

どんな時間の使い方をすると、

幸せな時間にしていけるのか。





その答えは、

死んでる時間(何となく過ごしている時間)を減らし、

生きてる時間(意図している時間)を増やそう。

ということです。





でも、

この死んでる時間(何となく過ごしている時間)は、

完全に無くすことはできないんです。





人間にはぼーっとしている時間が

「生理的に」必要だということです。




ずっと緊張感をもって

一日中生きるなんてできないわけです(*_*)





多くの人が、

睡眠時間6時間と、死んでる時間6時間。

合わせて1日の半分が

意図しない時間になってしまうんです。





大抵の人は、

生きてる時間は

一日12時間しかないんです(*_*)




私の場合は、

睡眠時間は8時間必要なので、

死んでる時間6時間を合わせて、

14時間が意図しない時間。



残り10時間しか、

生きてる時間がないわけです(*_*)



時間がないわけです。




どう工夫をしても、

仕事の時間は、

ひと月に190時間しかないんです。



だから振り分けるしかないんです。






時間はあるように見えて、

実は12時間しかありません。



だとすると、

例えば、保険の営業マンさんが

挨拶をしたいからといって、

40分時間を使うわけにはいかないんです。




例えば、ゴルフに誘われて8時間

時間を使ってしまったら

今計画している何かから8時間を

削らないとダメってことです。




何を削るかを決めないと、

ゴルフにいってはいけないんです。



ゴルフよりも

大事なことはたくさんあります。



だから、

断ることも必要なんです。




突発的に

冠婚葬祭が入ることもあります。

病気の身内を介抱することもあります。

自分が病気になることだってあります。




結局、死んでる時間(何となくの時間)をたくさん作り、

ありのままに受け入れていたら、

何がなくなるかというと、



【 未来の為の時間 】がなくなるんです。




これは悲惨ですよ(*_*)




【 未来の為の時間 】は

今すぐにやらなくていいことです。

読書をするとか、未来の計画を立てるとか。




でも、月に1冊ぐらいは

本を読んでおかないと

時代から遅れていきます。




それがそのうちできなくなってくるんです。


時間があったらやろうって思っていることは


結局やらないんです。





【 未来の為の時間 】


言葉を変えれば、

【 勉強する 】ということです。




経営者であれば、

自分の時間の2割は、

勉強に使うべきです。




私はESJの力も借りて、

1日30分、経営にまつわる本を読み、ネタ帳に手紙で要点をまとめること。

1日30分、同友会に関する本や誌面を読む、同友会活動もしくは会に参加する。

パター練習を1メートルと2メートルの距離を30回、アプローチの素振りを30回。

を毎日行っています。




勉強している量と

経営の良し悪しは比例します。




自分の時間をコントロールしないと、

いつまで立っても未来の時間は作れません。




ぜひ、
【 未来の為の時間 】


を確保しましょう。



ESJ、

気になる方はこちらをどーぞ。

http://esj-program.com/2/





本日はここまで!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )