第150回【進化をする時、組織で何が起こるか?】

第150回【進化をする時、組織で何が起こるか?】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数124人
(9月30日までに300人目標!)

いつも
本当にありがとうございます。





まるの島田です。




まるのメルマガも
いよいよ150回を迎えました。





たくさんのお祝いメッセージや
温かいお言葉、
本当に本当にありがとうございますm(__)m







恥ずかしながら、
誰かのために何か行動するということが
こんなに自分が満たされるということを
実感したことがありませんでした。







なんか・・・・・
くすぐったいですね。
(*´ェ`*)




コチョコチョされてる感覚。






嬉しくて、
手元にあるお中元ビールを
一気に飲み尽くしてしまう勢いです!!











この気持ちを忘れずに、
まるは進化していきますよーーーー!






それでは第150回、お届けします。
本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】進化をする時、組織で何が起こるか?
─・──・──・──・──・──・──・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】進化をする時、組織で何が起こるか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


会社で何か大きな変化・進化をしようとする時、
経営方針を変えたり、
今までなかった動きをすると、
必ずと言っていいほど、
人が辞めていくという現象が起こります。






生存競争。





『ダーウィンの進化論』『種の起源』で
出ていた話ですね。




理科の授業で習いましたね。








総務省・経済産業省の経営センサスの発表によると、
愛知県の企業数は240,764件あります。





愛知県の全体の企業数のうち、大企業は716件(全体の0.3%)
さらに、 中小企業は240,048件(全体の99.7%)





さらに深く調べると
小規模企業は205,922件(中小企業の85.5%)
※小規模企業は従業員数が20名以下や個人事業主を示す。





1人でも企業できる時代。
この数字が何か意味しているかもしれません。





帝国データバンクによると、
経営コンサルティング産業は5年連続で増えているで、
ますます競争社会なわけです。



【まる】は競争社会に突っ込んでいるのです。




一方で経営コンサルを受けている企業数も増えているという
ありがたい事実があります。




時代の変化と共に需要と供給も
進化していくのです。







話が横道に脱線したので、
話を戻します。





では、本題。
今日のテーマである、
「生存競争」というと、
「ガツガツしている感じ〜」と
平和主義者の方にとっては、
敬遠する言葉でもあります。







ライオンの子育て理論で育った私は、
生存競争という言葉になんら違和感も覚えません。







集団の中で何か変化を起こそうとする時、
人は慣れた環境の変化ほど、
反発する。









集団の中での進化は1人で起きるわけではない、
集団の中で、生きていける能力だけが、
自然と残っていくってことなんですよね。







さて、ここで大人の皆様へ質問です。
タラリラッリラ〜♪





(質問)
キリンはなぜ首が長いのでしょう?

(お子さんがいる方はお子さんにも聞いてみて下さい。
 夏休みの自由研究テーマとして子どもの頃、調べました。)
 





(答え)
首の長いお母さんキリンとお父さんキリンが
産んだ子どもも首長キリンで、
どんどん首長のキリンが生き残ってきたから。


首の短いキリンは生き残れなかったの。




ちょ〜っと詳しくお話しますね。
様々な説がありますが、
私はダーウィンさんのお話が
一番好きなので、ダーウィン編で解説。





知っている方は、ぴゅ〜っと、流し読みして下さい。



(詳細)========================

低い位置いある葉っぱは、キリン以外にも
様々な草食動物が葉っぱを食べますね。
でも、たくさんの動物達が低い位置の葉っぱを
食べたい。

「オレだオレだオレだ!」と競争力が強いので、
背の低い動物さん達が食べてしまいました。



かろうじて残るのは、
背の高い位置の葉っぱです。







丈の短い木を食べていた、動きが鈍い首の短いキリンは
「食べる葉っぱが無いよ〜お腹空いた・・・。」
パタッ。
と飢えて死んでいくしかなかったのです。




そうして、首の長いキリン同士の遺伝子が残り、
今生きているキリンの首は長くなっています。





環境に合う性質の個体が生き延びてきたんです。
===============================




もしもこの先、
背の高いキリンばかり増えすぎて、
しかも皆、「オレだ!オレだ!オレだ!」と
我が強すぎた場合、
高い位置にある葉は食べつくされてしまいます。



今度は、低い位置の葉を食べれない首長キリンがいなくなります。





そうすると、今度は首の短いキリンができる。




首の短いキリンが生まれたら・・・・。
めちゃくちゃアンバランスに感じる(゚д゚)!



何が言いたい買って言うと、

【  進化には環境に残るものだけが残る  】ということ。





組織改革をする時に、
残る人財っていうのもそう。






辞める人は、サササッと辞めていきます。







極端な話、
スタッフ全員から辞表を突きつけられる
というような反乱が起きることだってあります。
毎月1人ずつ辞めることもあります。




たくさん人が辞めて、
たくさん新しい人が入ってくる時、
また1から教えなくちゃいけない。




その時リーダーは、次のステージに立った時、
様々なことを、たくさん試されているんです。



・教えることが面倒だと感じるか?それともありがたいと感じるか?

・毎回リーダーが自分で教えることが良いのか?
 それとも他の人でも教えられるような仕組みを作るのが良いのか?

・今いる人を大切にできるかどうか?
 言うことを聞かない人にどう対応するか?









なぜ、利益が生まれないんだろう。

なぜ、いつも忙しいんだろう。

なぜ、こんなに人が辞めていくんだろう。

なぜ、うちは勤続が1年未満のスタッフが多いんだろう。






たくさん考えるための試練なのです。





進化は集団に時間をかけて起こること。







一人では進化はできません。







進化というと優れているイメージですが、
必ずしも進歩しているわけではないのです。






精密にできた性質でもなくなっていくものがある。
深海の洞窟にいる魚は目が無くなりました。
これも適応です。
退化したのではなく、これも進化。





効率効率を求めていくと、スピードはあがるけど、
今度は一人一人の承認ができなくなる。
「私ここにいてもいなくても同じ」となってしまう。








今の集団の中で、必要な「非効率な行動」ってなんだろう?
進化に「適応するための能力・思考」ってなんだろう?







それが、感動を生むための非効率な行動だったり、
サンクスカードだったり、
記念日を目一杯お祝いすることだったりするんです。






お盆休みに入ってる方も多いので、
今一度考えてみてはいかがでしょうか。








そうそう、これも余談で恐縮ですが・・・
キリンって水を飲む時どうするか知ってます?



・・・・どうでも良いよ!!!とは言わず、
想像してみてください。((゜.゜)






前脚をスーパー開脚するんです!
ゴルゴ松本さんの「命!」を想像してみてください。








いいですか?イメージできましたか?




はい。まさにそれ。
気になる方は画像用意しましたので、息抜きにどうぞ(笑)
↓↓↓
http://goo.gl/t5oR8H






本日はここまで!
食べ過ぎ・飲み過ぎ・寝過ぎにご注意下さいね(・∀・)
☆HAVE A NICE SUMMER VACATION☆




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□承認する風土がない。
□誰にもわかってもらえない気がする。
□社員さんに自分の気持ちが伝わっていない気がする。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□商品やサービスは良いのに、営業が嫌いで売り込みが出来ない。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□新しいことを始めたいけれど、
 自分の時間がコントロールできない。


ご友人の方が、配信登録するには
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 島田菜々絵 / NANAE SHIMADA ( 株式会社まる )