第141回【経営に本当に役立つ情報は「現場」にしかない】

第141回【 経営に本当に役立つ情報は「現場」にしかない。 】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数122人
( 9月30日までに300人目標! )



いつも
本当にありがとうございます。



まるの鎌形です。



第141回、お届けします。


皆さん、おはようございます!



夏になると湘南乃風を聴いて、
タオルをクルクル回したくなることで有名な鎌形です。



湘南乃風

ゆず

安室奈美恵

葉加瀬太郎



私の中の四天王です。



アーティストはスゴイ。

その中でも、

人を動かす魅力があるアーティストは

本当にすごいなーと思います。



アーティストがやっていることって

間違いなく、

【 勝てる仕組みをつくる経営に

  つながると思います。    】




音楽は自己表現(情報発信)の一つですよね。




この人達ほど、

ソフトタッチのコミュニケーション

( 対面しない文章や動画、

  音を使ったコミュニケーション )

を駆使している人はいないと思う。



会っていないのに、

ファンになる。


会っていないのに、

CDを買う。


会ってないのに、

ライブに行く。


会ってないのに、

信者になる。


会ってないのに、

口コミする。



音楽を創り出すための

努力は必要だけど、

その音楽が、

CD、ラジオ、テレビ、CM、インターネット、

ミュージックビデオなどで

拡散され、

しまいには、

音楽(情報)に触れた人たちを魅了する。




そして、

【 私だけのゆず 】

【 僕だけの安室奈美恵 】


という感情を持った人たちが

生まれていく(笑)




極端な話、

魅力的な音楽(情報)を

アウトプットし続けていれば、

それ以外の時間は、

寝てても、遊んでいても、

他の仕事をしていても、

音楽(情報)に触れた人たちを

魅了し続ける。

しかも半永久的に、

その効果は持続する。





それって

豊かに生きる

手法になると思うんです。





アーティストは、

音楽で自己表現(情報発信)しているけど、



会社は、

何で自己表現(情報発信)しているんでしょうか?





まるは、

いろんなもので自己表現(情報発信)しています。


メルマガ、動画、ホームページ、ブログ、

Facebook、小冊子、手紙、名刺などなど。





でも、

その自己表現(情報発信)も、

音楽と同じで魅力的でなければなりません。



そのためには、

自己表現(アウトプット)を繰り返し、

自分の感性を広げたり、創意工夫していくことが

欠かせません。




だから、

魅力的な自己表現(情報発信)を

しているアーティストを

見に行くんです。




今年も出来るだけライブに行こう。




やっぱりね、

生がいいですよ。




実際にその場にいって、

雰囲気を感じて、

体感して、

感動してかえってくる。

そして、自分の心もデトックス(^^)




本当におすすめです。






それでは、そんなこんなで、
本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】社員が躍動する会社・自走する会社。
【2】まずは社長自身が社員と同じ苦しみを味わっているか。
【3】社員が躍動する会社・自走する会社
   を創るためのベース
【4】講演会やセミナーの情報は一次情報ではない。
   現場の社員さんの声が、本質を語る。
【5】自分で体感しないと人に伝えられない。
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】社員が躍動する会社・自走する会社。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



先週の金曜日は、

朝7時から裏三位一体経営アカデミー!



恵那にある、

株式会社ナカヤマさんに

訪問し、【 経営 】を学ばせて頂きました。



株式会社ナカヤマさんのホームページはこちら↓↓
http://www.net-nakayama.co.jp/





社長の田中さんから、

「 朝7時に来て下さい。 」


と言われた瞬間に、

電車を調べると、



あれ?始発でも間に合わない・・・\(^o^)/



試されてる~と思いながら、

即ホテルを予約して、

前日の夜に恵那入りをして

参戦致しました(笑)





私、あまりにも感動しまして

【 すげー 】という言葉を

100回以上言いました。




田中さんと社員さんに

たくさんのことを学ばせて頂きました。




従業員数100名を超え、

 

売上規模も20億を超える。

 


株式会社ナカヤマさんを

一言で表現すると、


【 社員が躍動する会社 】

【 社員が自走する会社 】


です。



田中さんが、

いなくても正直会社回るんだろうなー。


そして、

この会社、

社長代行が出来そうな人が

何人もいる~。



そんな印象です。






今日は私が体験し、

感じたことを少しでも

皆さんの経営に役立て頂く為に、

出来るかぎり具体的に

共有をしていこうと思います(^^)


※ただ、お伝え出来るのはごく一部です。

 体験しないと気づかないことが

 たくさんありすぎて伝えきれません。

 ご興味があれば、

 次の機会に実際にナカヤマさんにいって体験下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】まずは社長自身が
   社員と同じ苦しみを味わっているか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社ナカヤマといえば、

【 掃除 】



今回は、朝7時から始まる

早朝掃除から体験させていただきました。




朝、ホテルで田中さんと合流し、

出社する途中、

まずいいなーと思ったのは、

社員さんとすれ違う度に、

気持ちのいい【 挨拶 】を

してくれるんです。




【 おはようごうざいまーす! 】と、

足をとめて、挨拶をするだけで、

とっても気持ちいい感情になります。


それが

会社全体の風土として

浸透しているんだなー

ということを感じます。



そしてなにより、

すげーなーと思ったのは、

社長の田中さん自らが、

毎朝7時に欠かさず、

各部署の掃除に参加しているということです。




今回はラベル事業部の掃除に参加したんですが、

その他の事業部にも、

日替わりで社長が参加します。


※そりゃ、夜飲みに行けません(笑)




まずは、

【 社長自身が
  社員と同じ苦しみを味わっているか。 】


【 社長自身が
  社員と同じ辛さを味わっているか。 】




言葉にするのは

とてもカンタンなことなんですが、

実際にこれが出来ている社長は

少ないんではないでしょうか?




こういったところを

本当に大事にされているんだなーという

ことを感じました。




そして、

幹部候補社員の古田さんから聞いたエピソードでは、


【 社長が「休憩まだー?」と言いながらも
  現場の仕事を一緒に夜勤して、
  手伝ってくれたんですよー       】


とか、

【 社員の目線まで敷居を下げて
  関わってくれるので、
  社長は同じ思いでいてくれると
  感じています。        】


というような話があって、

社長と社員さんの一体感が素晴らしかったです。





実際に、

【 掃除 】をすると、

とても気づきがあります。



もちろん、会社がキレイになって

気持ちいいということもあるんですが、

なによりも

【 社長と社員さんの一体感 】がすごかったです。




今回は駐車場の草むしりをしたんですが、

黙々と作業をしながら、

【 社長と社員さんとの会話 】が生まれるんです。




社長、そういえばこんなことがあったんですよ~


社長、重大なご相談があるんですよ~


今後の研修がちょっと不安なんですよね~




みたいな。



些細な会話の中から、

ぽろっと大事な話が出来たりする。




皆で汗を流しながら、


たわいのない会話をすることで、


とってもいい連帯感を作っているんだろうなー。





■■■■■■■■■■■■■■
【 まずは社長自身が
  社員と同じ苦しみを味わっているか。 】
■■■■■■■■■■■■■■



これは社員さんに、

社長の経営理念(想い)を伝えていくため、

浸透させるためには、

とても重要なポイントに

なっているんだと思います。




ちなみに、

掃除が終わった後に、

休憩所で田中さんはこんな行動をします。



「 はい!皆、おつかれさまー!
  好きなの選んで~      」


と、

缶コーヒーや缶ジュースを

全スタッフにおごるんですねー(^^)


※私もおごって頂きました(笑)
 ごちそうさまです。




感謝の印を表す行動の一つです。



社員の皆さんも笑顔で、


あ、あざーっす!


とか、


いただきま~す!


といった感じで受け取っていくわけです。





なんか、

その空間がめっちゃいい雰囲気なんですよね。






ちなみに、

田中さんの小銭は、

飛ぶようになくなっていきました(笑)




この缶コーヒー戦略が

社員に言うこと聞いてもらうための

一番の方法だ!!



と冗談混じりに

田中さんが豪語されておりましたが・・・(笑)



本当だと思います。






社員に対する感謝の気持ちも、

伝える行動をしないと

伝わらないですよね。



田中さんの中で、

社員さんに感謝を伝える行動の一つが

この「 缶コーヒー戦略 」

なんだと思います。






そして、

掃除の後、

朝礼へと移っていきます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】社員が躍動する会社・自走する会社
   を創るためのベース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




まず、朝礼ですごいなーと思ったのは、

【 社員主導の朝礼であること 】



トップである田中さんはもちろん、


その事業部の部長でさえも、


朝礼を主導していないんです(*_*)




一人のスタッフさんが

持ち回りで、

朝礼を進行していきます。



これが、

株式会社ナカヤマの

強さなんだろうなー。と感じます。




そして、

話す内容は、

社員さんたちが

自分たちで作成した

成長の稲という図。



なりたい会社。

そのために必要なプロセス。

プロセスを実行するための基礎・基本。


この3つの項目に対する

社員さんの意見が散りばめられています。



これに基づき

朝礼がすすみます。



こうやって自分達が出した意見を

常に意識させる工夫が

至るところにあるわけです。




すげーなーと思いました。





社員が躍動する会社・自走する会社の

ベースになっているのは、

【 社員に任せる 】

という姿勢だと感じました。



そして、任せるだけでなく、

ちゃんと

【 社員が行動したことに対して、
  受け入れ、承認するんです。  】



そうやって自発性が

養われていくんだろうなーと

思います。




社長の田中さんがやっている仕事は、


【 どんな会社にしたいのか? 】

経営理念を発信し、

【 考える場 】

を提供し、

【 美しい環境作り 】

を主導して行う。



それ以外の

経営計画の作成や、

経営の見える化

情報の共有化

日常の業務は


全て社員に任せるんです。




これは、

言葉にしたらカンタンですが、

ここに至るまでに

とてつもない創意工夫があったと思います。




すげーなー。




経営計画の作成も

社員さんが主導して作成しているので、

この人、経営者か!?

というような人がたくさんいるわけですね(*_*)



すごい会社があったもんだ!



まだまだ伝えたいことはありますが、

このメルマガの終わりが見えないので、

割愛させていただきます(*_*)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】講演会やセミナーの情報は一次情報ではない。
   現場の社員さんの声が、本質を語る。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今回、

株式会社ナカヤマさんに

掃除から体験させていただいた気づいたことは

たくさんあります。



ただ、一番大きな学びになったのは、


【 現場の社員さんの声を
  聴けたことです。   】



社員さんがどんな思いで社長を支えているのか?


社員さんはどうして社長を支えようと思ったのか?


そこに至るまでにどんなことがあったのか?


実際のところ、取り組みに対してどう思っているのか?


社員さんから映る社長はどんな人なのか?




そこに【 本質 】の情報があるんだと思います。


株式会社ナカヤマさんの社員さんからは、

社長のことが大好きという気持ちという

気持ちがひしひしと伝わってきました。



社長も社員も、

お互いが相思相愛な関係が

本当に心地よかったです。




ちなみに、

田中さんに言われて

なるほどそのとおりだな!!

と思った言葉があります。




【 いろんな経営者が話す

  セミナーや講演会はありますけど、

  そこで話される情報は、

  決して一次情報ではないと思います。 】




これはまさしくそのとおりだと思います。




私が講師をする経営者なら、

話を多少なりとも盛ります(笑)



どこかに見栄や自分を良く見せようという気持ちが

生まれると思います。




もしかしたら、

出来ていないことを

出来ているように見せることだって出来る。

※しょうがないですよね。にんげんだもの(笑)





だからこそ、

本質の情報を得るためには、

実際の現場を知ることが一番です。



実際に現場にいって、

社員さんの言葉で

話を聞くのが一番本質が見える。



一次情報に触れることが出来る。





是非、現場の声を聴くことを

おすすめします(^^)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】自分で体感しないと人に伝えられない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


これは先ほどのことにも

通じる話です。


【 自分で体感しないと人に伝えられない。 】



本を読んだだけで、

机上の空論だけで、

実際に体感していないうちから

人に伝えられることは出来ません。



形上、出来たとしても、

なんだか薄っぺらい話に聴こえたり、

伝えたいことが伝わらなかったり。



本にはこう書いてあるけど、

でも、実際に現場でやってみるとうまくいかない。



だから、

実際に体感してみる。




実際に現場は

どう感じているのか?

どう変化していったのか?

どう思っているのか?

どんな雰囲気なのか?

どんな会話をしているのか?




私は

実際に体感してみないと

伝えられません。





だから、どんどん

現場に行きます。

実際の現場を見ます。





メラビアンの法則というものがありますが、


実は言葉で伝わる情報は

全体の7%でしかありません。



音で伝わる聴覚情報は38%



見た目で伝わる視覚情報は55%





つまりは、

私が今ここで発信している情報も、

7%しか伝わらないということです。




残りの93%は、

自分の耳と目で取り入れるしかありません。





だから私は、

耳と目を大事にするんです。



「 現場 」を大事にするんです。





ということで、長々とお話してきましたが、

本日はここまでとしたいと思います。





株式会社ナカヤマの

田中社長、美帆さん、

古田さん、平手さん、梅田さん、細江さん、

社員の皆様、本当に有難う御座いましたm(__)m




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )