嫌味を言う人、マイナス思考の人はゲームと思ってクリアしていく


20代後半のスタッフを雇っている経営者さんにも

通じることなのかもしれませんが


うーん。

何を悩んでいるか。





私は脱サラして辞めた人であって、

それが正しいか正しくないか


20代後半になると結婚か出産か、

今の仕事のままで悩む女性が多い。




出産ラッシュのおめでとう友人がいて

幸せをたくさん頂いているなかで、

やっぱり悩める乙女?はいるものです。




同世代からの相談が多いから、

ここで今一度言うね。



まず、よく聞かれる



「自営業って不安じゃない?」



という質問。




はっきり、

NO。




サラリーマンであってもその不安は無くならないと思うよ。

だって、勤務先が倒産したら勤め先はなくなるし、

社長が「ごめん。給料払えない」ってなったら、どうなのかな。





何に対して不安なのかな?

お金が無いよりある方がそりゃ良い。

お金が無い苦労の方が、

お金が有る苦労とは比ではない。




なきゃ稼げばいい。





幸いにも健康に産んでくれた親のおかげで、

ごはんも食べる食欲もあるし、寝れるし、電車にも乗れるし、

日本語もしゃべれるし。




たくさん求人している場所はある。

この前、週に1回から可能!

時給1200円のラーメン屋さんもあったよ。





ラーメン屋なんて嫌!

飲食店やレジ打ちは嫌!




じゃあ、何ができるの?

じゃあ、何がしたいの?

自分自身にQuestionをしたほうが良いかもね。







働くのが嫌だったら、

自給自足もできるくらい日本は平和です。






誰かに支えられたいのかな?

それをまず確認した方が良いね。





最愛の人と結婚をして、

超ウルトラスーパーカワイイ子どもが出来たとしてもね、

愛している人がもし、リストラされたら、

あなたは、その人の変わりに何をする?





もし岐路に経っている20代後半女子に

聞くことはひとつ。




あなたの1番守りたいものは何ですか?







恋人もいないし、

一人で生きていくしかないのかも。




っていう人。





恋人が本当に欲しいのか?




ってまず確認です。





自分一人の時間が好き。

相手に合わせて時間を調整するのは嫌。






どっちやねん!!




ってなります。





今、便利屋さんでレンタル彼氏ってのが

あるからそういうので事足りるのでは?







本当に欲しいと思うなら、

思考・行動を変えるだけで、

周りはどんどん勝手に変わるよ。







自分を変えるのは自分しかいない。






あなたの本当の気持ち、

向き合うには、一度アウトプット(紙に書く、誰かに話す)しても

良いと思いますよ。