第136回【現場からの気付きを活かせない理由って?声に出してる?】

第136回【現場からの気付きを活かせない理由って?声に出してる?】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数115人
(6月30日までに200人目標!)

いつも
本当にありがとうございます。





まるの島田です。




最近、電車に乗ることが多くなりました。



夏が近づき暑さが増すと、
体臭予防をしなければいけない時期かと
存じます。

世のおじさま方へ。
女子として、
一つ気付きがございましたので
共有でございます。



脇・口・頭皮に続き、
ご注意頂きたい、
「匂うポイント」を発見いたしました!







それは・・


【  肩  】






電車やエレベーターなど、
ちょうどおじさまの肩の高さって、
女性の顔の位置に近く、
香ることがあるんですね〜。





加齢臭は耳の後ろからと言いますが、
【肩周辺】ご注意下さい!!!









それでは第135回、お届けします。
本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】現場からの気付きを活かせない理由
【2】突破できるのは声に出すこと
─・──・──・──・──・──・──・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】現場からの気付きを活かせない理由

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


このムシムシとして季節。
どこへ移動するにも暑いですよね。






暑い外の気温で蒸された体が
クーラーの効いた涼しい室内に
入った時の開放感。





ヒョエ〜。





小さな時間にも「感動」と「ありがとう」を
積み重ねることで、

【  おもてなし & 差別化一歩  】
につながるのでは?


そして、日常では多くの見落としポイントがあるのでは?
と思うことがありましたので共有致します。






例えば、診察を待っている間の待合室。




外の暑い場所から涼しい場所へ入った時に、
年配の方なら体温調節がすぐに出来ないこともあります。




そんな時、受付さんが、

「よろしければ団扇(うちわ)使って下さい」(^^)

と団扇をそっとお渡ししたら、
どうでしょう。



気づいてくれたんだ。
ありがとう。


ここに一つの「ありがとう」が生まれます。




団扇がオリジナル版だったら、
売れちゃったりして(ΦωΦ)!
これ頂戴!から口コミが広がったりして。




あなたが利用している、
医療機関や飲食店、サービス業には、
待っている間どのような「ありがとう」がありますか?




待っている間、あなたのことを
そのスタッフは見ていますか?




年配の方や更年期の女性、
自律神経が乱れている人など、
季節の変わり目は、特に温度調節が難しくなる季節です。


相手がどう感じるか?を
常に考える行動が感動を生みます。






他にも、取引先の訪問時。


来客時のお茶を出す際、

「冷たいお茶で宜しいですか?
 もしかしたら冷たいものばかりで
 お腹を冷やしてないかと思いまして。」



スタッフさんがお茶を出す前に、
この10秒ほどの小さな気遣いがあれば、
社長もお客様も関心しますよね。





ここにもひとつの
「ありがとう」
そして「感動」が生まれる。
ここの教育はすごいな・・
と思うきっかけが生まれる。






この「ありがとう」の積み重ねが、
<大きな差別化>を生むのではないか?
そしてその感動の積み重ねが差別化となり、
他社から選ばれる一つとなり、
チャンスにつながるのでは?と思います。







このような小さな感動を作る場所。







それは、
現場が一番気づくチャンスがあると
思います。





だけど、その「小さな気付き」を
上司が聞いているだけで認めていなかったり、
聞いているふりや実行までうつせない。
ということが多くあります。





そうするとどうなるか?





口にしたけど実現化しない。


評価されない・見てもらえない


言っても無駄・やっても変わらないという気持ちが芽生える


やるべき仕事だけをルーチンワーク化する。


ルーチンワーク化するから変化しない。


変化しないから進化しない。


進化しないから、「やらされる」という感覚が生まれる。


疲弊する。




そこで、
この悪循環を切る
オススメ会議をご紹介します。

【  現場気付き会議  】







特に、
季節の変わり目に行うとGOODな会議です。








一人2つ以上、
季節ならではの他社のサービスを
みんなの前で共有する機会を作るんです。





事前に付箋に書いておけば、
時間短縮もできますね。






例えば、
・七夕向けのイベント告知をやっていた。
・夏に向けてのキャンペーンを打ち出していた。
・夏休み前の学生向けの広告を出していた。
・制服が麻素材のものをつかっていた。
・お手洗いの香りがミントになっていた。
・クールビズならぬ、かりゆし出勤だった。 etc





[共有の場の仕掛け]と[発言を実行する仕掛け]を
用意してあげるだけで、
「ああ!そういうこともできるのか!」
と気付きが全体に広がります。



それを定期的にすることで、
自分たちで考える仕組みが出来上がります。





これはどんな業種でも同じです。
飲食店・製造業・士業・医療機関・サービス業などなど。




お客様に対してだけでなく、
社内環境改善にもつながりますからね。







「現場の声」って案外、
経営者は見落としていて、そのことが
他社との差別化チャンスを逃しているのかもしれません。






経営者やリーダーは、
「共有する場作りの機会提供仕掛け人」に
演じきってみてはいかがでしょう。








司会進行役を任せるというのも、
またひとつ気付きがあるかもしれません。





小さな失敗の積み重ねが、
一つの経験になり自信につながります。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】突破できるのは声に出すこと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


↑【1】にあげた【 現場会議 】もそうですが、
【まる】が外部から入ることで、
1日でも早く、お客様だけで自走する仕組みを作るか?を課題に
取り組んでいると、気づくことがあります。






特に、新人さんが入った時の温度差。





なんでこんなことやるの?
これ何の意味があるの?
てか、【まる】って何よ?




みたいな空気。











大好物です。
(*´ω`*)











も〜。
そんなにイヤイヤ感をMAXで顔にだしちゃう?
私にガンガン伝わってるYO!





YOUなんでそんなに不機嫌??
と、私の心のなかのラップがサウンドします。





経営者の悩みのタネとなっている
スタッフさんとお会いすると
ゾクゾクしてしまい、
ワクワクが止まらなくなる病です。







だって、
【一番変化が見られる貴重な重要人物】ですよ。





その変化の振り幅が大きい分だけ
喜びを感じて頂ける。






あんなに扱いにくかった問題児が、
挨拶をするようになった。




声をかけてくれるようになった。















大切なことは、
なぜ、どうなってしまったか?を
経営者さんだけで考え悩み、煮詰めてしまって、
問題のタネを具体的に具体的に掘り下げる機会がなかったから
ということもあります。







あなたは一人じゃない。






声に出してみて。




「話す」ということは「離す」ということの意味も
持つと言います。





話すことで心がスッキリするのは、
頭の中でMIXされすぎたモヤモヤが
少し外に離れるからかもしれません。








悩みがあったらアウトプットし、
思考整理術を身につけていきましょ。







声なき声を集める仕事人【まる】です。





あなたのモヤモヤ頭の中で沸騰してませんか?





本日はここまで!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□承認する風土がない。
□誰にもわかってもらえない気がする。
□社員さんに自分の気持ちが伝わっていない気がする。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□商品やサービスは良いのに、営業が嫌いで売り込みが出来ない。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□新しいことを始めたいけれど、
 自分の時間がコントロールできない。


ご友人の方が、配信登録するには
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 島田菜々絵 / NANAE SHIMADA ( 株式会社まる )