第135回【コンサルタントに最適な人材は、社長自身。利益と成長、どちらを大事に経営しますか?】

第135回【コンサルタントに最適な人材は、社長自身。利益と成長、どちらを大事に経営しますか?】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数115人
(6月30日までに200人目標!)

いつも
本当にありがとうございます。


まるの鎌形です。



第135回、お届けします。


皆さん、こんばんは!




最近、人生初の
パーをとったことで有名な鎌形です。



ハッハー!!



ハッハッハー!!



林家パー子さん




のパーではなく、

ゴルフのパーです。




思わず、
ガッツポーズです。



もうね、
王者山王戦で
安西監督が魅せた
ガッツポーズに
引けをとらない勢いでした。





え?知らない?



それはいけない。



本物のガッツポーズを
知らないと、
いざという時に
困ってしまいますからね。



はい、これです↓↓
http://goo.gl/Y1CIx4
(漫画スラムダンクより)


これが本物というやつですよ(笑)




さて、

ともかくです。

今年中に、

ラウンドスコア90を切ります。



やっぱり、

ゴルフコーチをつけると

全然違います。



そこのゴルフが上手くなりたいあなた。



ゼロフュージョンさん
http://www.zero-fusion.com/


岡部っち先生、
木下先生、


2人の強者が、
やさしーく教えてくれますよ(^^)



それでは、そんなこんなで、
本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】コンサルタントに最適な人材は、社長自身。
【2】利益と成長、どちらを大事に経営しますか?
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】コンサルタントに最適な人材は、社長自身。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


最近、

つくづく思います。




コンサルタントって仕事。


考えれば考えるほど、


経営者自身が出来るようになることが


一番価値が高いし、一番良い。





自分の会社を、

社長自らがコンサルティング出来ることが

一番いいに決まっている。





これは間違いない。





だって、


伸びている会社、

勝っている会社、

成長している会社には、


【 周りの会社にコンサルティング

  できるぐらいの武器が絶対にある  】





そういった会社になるために

必要なことはたくさんある。





経営者の想いを成文化する

【 経営理念 】も大事。



計画を現実化していく

【 経営計画書 】も大事。




社員の考えを吸い上げて、

ボトムアップで現実化する

【 実行シート 】も大事。




お互いに承認する風土を育てる

【 承認の輪 】も大事。




小さな行いに感謝する社風を育てる

【 サンクスカード 】も大事。




売上ではなく、粗利を目標にする社員を増やす

【 マトリックス会計 】も大事。



集客の不安をなくす

【 4ステップマーケティング 】も大事。



ほかにも


伸びている会社、

勝っている会社、

成長している会社にも

共通した【 武器 】がある。





それらの会社を洞察すると、

何十年、何百年もの間、

語り継がれている

武器がある。




これらの武器は、

別にコンサルタントが作るものじゃない。





経営者である

皆さんが自らの手で、

創っていくもの。




そして、

毎年、毎年

少しずつでもバージョンアップを行っていくもの。




この作業を

繰り返していくことで、


何をすべきで、

何をしないべきか。


がわかってくる。





これらの武器を

自ら作るためには、

創り方を覚るところから

はじめるので、

とっても時間がかかる。




1年かかるかもしれないし、

2年、3年とかかるかもしれない。





でも、

自分自身で創った武器は、

決して風化することはないし、

一生社長の財産になります。





社員も自ら

行動してくれるようになる。




そして、また

武器を磨いて磨いて、

毎年、毎年

バージョンアップさせることで、

さらに強い武器になる。





これってやっぱり、

社長がやるべき仕事なんですよね。




【 コンサルタントは、

  あなたの会社の経営者ではない。 】




【 コンサルタントは、

  あなたの会社にずっといるわけではない。 】



【 コンサルタントは、

  あなたの会社の経営責任は取れない。 】




本来、コンサルタントって仕事は

なくなるべきものだと思います。




「 私がいないと、
  あの社長は何もできないんですよ。 」



「 私と契約を打ち切った
  会社はみんな潰れていってしまっているんですよ。
  だから皆続けてくれているんです。        」




こうゆうことを

平気で言っているコンサルタントの話を聞くと、

悲しくなります。





どれだけ依存させてるんだ。


自慢することじゃないだろう・・・(ーー;)


むしろ、それじゃ厄病神だよ!


ハッハー!!(パー子)






コンサルタントに依存してしまっている

経営者も経営者だけど、

自立させることが出来なかった

コンサルタントの力不足は明白です。





コンサルタントの仕事は、

【 経営者を楽させるんじゃなくて、
  本気にさせるもの       】





そして、

最終的には、

コンサルタントのいらない状態を作ること。



つまりは、

【 社長自身が、
  自分の会社をコンサルティング出来る
  状態を作ること            】



それを

最終的な目標にしない限り、

お互いの成長はない。





ただの馴れ合いです。





社長!


・・・



【 頼りグセついていませんか? 】





まだまだ、学ぶことは尽きませんよ(^^)





正直、他の人に教えれるレベルにならないと、

本当の意味で、

理解したことにはなりません。

まだまだ、私も知らないことだらけ。




大変。

だけど成長しますよ。



そして、

その成長は、

会社の継続・発展に直結すると思いますよ。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】利益と成長、どちらを大事に経営しますか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


皆さんは

どちらを大事にしていますか??






・・・







まるの場合は、

間違いなく、

【 成長 】です。



※もちろん、赤字であれば、

利益最優先にしなければなりませんが・・・。





黒字になった瞬間から、

出来るだけ多くの学びの投資、

成長の投資を行っています。




なぜかって、

まるを経営していかないといけないからです。




経営とは、
【 継続・発展 】です。




1年先、2年先、5年先、10年先を

見ていかないといけない。




そのためには、

目先の利益だけを

追うわけにはいかない。




成長するためには、

本だけでは足りない。


実際に経験している人の意見も聞いたほうがいいし、


いろんな経営者に触れたほうがいい。


新しい学び、業界の動きも把握したほうがいい。




たくさん学ぶことはある。



人も採用しないといけない。


成長させないといけない。



だから、時間が必要。





現場にばかり入っている場合じゃない。




目先の利益で、

学ぶ時間、成長する時間を奪われるぐらいなら、

利益をコントロールしないといけない。

制限しないといけない。

切り捨てないといけない。




重要なのは、

【 利益じゃなく成長 】





利益は最終的に残ればいい。





現段階で、

自分よりもスゴイと思う

コーチやコンサルタントなんて

たくさんいます。




たくさんいるけど、

自分にしか出来ないことがあるのも

事実。





だから、

今のまるに

価値を感じてくれる人だけでいい。





ただ、

無理して背伸びする必要はないけど、

成長すること、学ぶことは辞めない。







そうやって、

まるの価値をこれからももっと上げていきます。






皆さんは、

最近成長を感じていますか?




会社が成長していると実感していますか?



その利益の先に何がのこりますか?








私は、

桜木花道のように、

まるの成長を感じています(笑)







それは、

利益よりも成長を優先しているからです。






前に

【 起業と経営は全く別物 】

というメルマガを書きました。





詳しくは、割愛しますが、

起業の期間は、ほんの数年です。

経営の期間は、会社が存続する限りずっとです。





経営者になるには、

起業時とは全く異なる思考が必要です。



一緒に【 経営 】を追求しませんか?


経営の学びは本当に楽しいですよ(^^)


第85回-起業と経営は全く別物-再現性を持たせる顧客の絞り込み
↓↓↓
http://goo.gl/kpGqd5





今後、会社が成長していく過程では

様々なことが起こります。

リスクも発生します。



売上が上がれば、

人を増やさないといけない。




どうやって優秀な人を採用するのか?

という問題もある。




上手く採用できたとしても、

今度は教育をしないといけない。




教育していって人が増えていけば、

今度はリーダーの創り方とか、

チームワーク論なども必要になる。




さらには

事業を継続していけば、

会社全体が年をとっていくので、

その事業を継承していくということも

考えていかないといけない。




そうなると、

引き継ぐ人の教育だって必要。






とにかく、

長い目で見たら、

学ぶことは尽きない。




もしかしたら、

今の事業が無くなる可能性だってあるんだから、



他の分野に目を向けることだって必要かもしれない。




そう考えると、

経営者が

【学ぶ】こと、

【成長する】ことを放棄していては、

企業が継続、発展することは

まずないんじゃないでしょうか。





皆さんが、

【学ぶ】こと、

【成長する】ことを通して、

安西監督のような

本物のガッツポーズを

乱発して頂くことを期待しております。



↓↓
http://goo.gl/Y1CIx4
(漫画スラムダンクより)






本日はここまで!!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□承認する風土がない。
□誰にもわかってもらえない気がする。
□社員さんに自分の気持ちが伝わっていない気がする。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□商品やサービスは良いのに、営業が嫌いで売り込みが出来ない。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□新しいことを始めたいけれど、
 自分の時間がコントロールできない。


ご友人の方が、配信登録するには
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 島田菜々絵 / NANAE SHIMADA ( 株式会社まる )