会社員時代に知っておくべきこと。自分の給料はどこから出ているか?

サラリーマンは毎月決められた日にちに給料が入る。

 

自分もサラリーマン(OLというべきかな。)を7年経験してきて、

毎月お給料をいただいてきた。

 

営業マンだったので、

固定給+歩合制だから、極端な話を言えば一日中ネットサーフィンしてようが、

会社でぼ〜っとてしていようが、固定給は頂けた。

 

でも、窓際族は「いる価値がない」と揶揄されまくり

居場所が無くなる。

 

営業だから仕事を取ってこなければいけない。

 

 

がむしゃらに働いていると見失いがちだが、

自分の給料と自分の働いている時間が見合っているか、

年ごとにあがっているかを見つめ直すことを忘れてはいけない。

 

 

 

月100万円給料をいただいたとしても、

時給換算すると850円だったら、見た目はよくても

ほとんど会社に時間を使っていることになる。

 

 

月50万円給料で時給2500円の方がずっといい。

 

 

ワーク・ライフバランスが崩れ、

ワーク・ワーク・ワーク・ワークたまにライフに

なっている人生は、自分が歳を重ねてみないとわからないが、

寂しいものだと思う。

 

 

 

 

自分が売っている商品の粗利は?

自分の給料は利益からどれくらいもらえている?

 

 

そこまで貪欲に問い詰めた方が絶対いい。

 

 

会社が月何百万円の家賃の固定費を

なぜ営業マンが稼ぐ必要があるのか。

 

 

がむしゃらになっている時こそ

冷静になる時が必要だ。

 

特に雇われている側の時は注意が必要。

 

 

 

どうしてお金の勉強を義務教育から行わないのか不思議である。