第124回【「凡人」を「天才」にする”ライティング(書く)技術”】

第124回【「凡人」を「天才」にする”ライティング(書く)技術”】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数109人
(6月30日までに200人目標!)

いつも
本当にありがとうございます。


まるの鎌形です。



第124回、お届けします。


皆さん、こんばんは!


私、鎌形、
ふつふつと燃えております。


確実に魂に【点火】されたと噂される鎌形です。



その燃え盛りっぷりは、
今、私が【 火拳〜 】と
言いながら拳を前に出したら、
炎が出るだろうな。。。


出ちゃうだろうな。

そのぐらいに燃え盛る炎です。

そんな状態にしてくれた理由。




それは・・・・





メール下部の追伸でお話します(笑)




それでは、
本日も張り切って参ります!



火拳〜〜〜!!


あちちっ



本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】「凡人」を「天才」にする
    ”ライティング(書く)技術”
【2】コーチング(聴く)と
   ライティング(書く)が
   まるの真骨頂。
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】「凡人」を「天才」にする
    ”ライティング(書く)技術”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「凡人」を「天才」にする。



そんな方法があったら、
皆さんはどう感じますか??




嬉しいですか?



楽しいですか??






・・・



「凡人」の私はこの方法を知って、

鳥肌が立ちました。





【 ビリーブユア鳥肌 】





私が尊敬する高橋歩さんの言葉です。




そんな鳥肌もんの技術を

是非、皆さんにも知っていただきたい。


その技術とは、

【 ライティング(書く)
  技術です。      】







なぜ、

ライティング(書く)技術が、

「凡人」を「天才」にするのか。




私はこのライティング技術で、

ビジネスを圧倒的に

優位に行っております。




その答えのヒントは、

この動画の中にあります。

↓↓↓↓

https://www.youtube.com/watch?v=_U2kqhUSPBg&feature=youtu.be



この動画は、

先日、医療機関の経営者さん向けに行った

マーケティング(売れる仕組み)セミナーの

一部を抜粋した動画です。


内容は、

【 ソフトタッチのコミュニケーションで
  時間とお金を同時に生むコツ     】

について話をしています。


※ ソフトタッチのコミュニケーションとは、
  相手と対面しないコミュニケーションのことを指します。
  
  意味がわからない方は、
  動画で詳しく話をしておりますので、
  ご確認下さい。




まるは、

ソフトタッチのコミュニケーションに力を入れている会社、

使う会社が少ないおかげで

ビジネスを圧倒的に

優位に行っています。





そして、

このソフトタッチのコミュニケーションには、

【 ライティング(書く)技術が
  必要不可欠です。      】




ビジネスの8割は、
ライティング(書く)技術で
成り立っているといっても
過言ではありません。




でも、

なぜ、

「凡人」を「天才」にする方法が、

ライティング(書く)技術なのか。







答えはこうです。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【 ライティング(書く)技術があれば、

  どんなものにも転用できるから。  】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




例えば、、、

話下手の【 凡人 】が、

人前で講演会をするとします。


つまりは

【 スピーキング 】をするとします。




先ほどもお伝えしましたが、


私は先日、


医療機関向けにセミナーで

【 スピーキング 】をしました。



40分程のスピーキングです。


声が枯れるぐらい

内容を盛り込みました。



でも、

私、話下手なんです。




でも、

周りの人には

こう映っています。



なんてしゃべりのうまい
【 天才 】なんだ!




話下手の【 凡人 】が
【 天才 】になれる理由。



それは、

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【 ライティング(書く)を
  していたからです。   】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



40分の講演内容分の

原稿を作ったんです。



その原稿には、

まさにこれから話す内容が、

一言一句、

正確に書かれています。


印刷したら、
A4で40枚分になりました(笑)


この文章を

ただ、ただ、

読んでいるだけです。



しかも、

今はパワーポイントなどの

プレゼン機能が

だいぶ進化しておりますので、


プロジェクターに

資料を映しながら、


自分のパソコンには、

読む原稿が表示される


という最高の機能があります。






これによって、

本当に読むだけです。





朝、うんちの出が悪くて

気持ち悪かろうが、



今週のワンピースが

休載で残念な気持ちで

テンションが低かろうが、





大体おんなじような話が出来ます。




しかも、

なんども見なおして、

修正した原稿ですので、

伝わり方も正確です。




このライティング技術を使うことで、

私じゃない誰かに、


【 俺はジャイアン。
  ちょっと俺、眠い・・・。
  代わりにお前が講演しといて!  】


と華麗に無茶ぶりしたとしても、


たぶんある程度までは、
スピーキングが出来ます。





【 ライティング技術を磨くことで、
  誰でも、一定のレベルで、  
  スピーキングできます。    】





世の中には

原稿もなしにスラスラと

スピーキングができちゃう人も

いますが、


それは本当の【 天才 】か、

もしくは、

なんどもなんども繰り返して、

原稿を頭に刷り込んだ【 努力の人 】です。



まず、第一歩としてはじめるなら

【 ライティング(書く)を
  すること        】

です。







そういえば、私・・・。



営業マン時代に、

話が上手く出来ないから、

全部、原稿を作っていました。



最初の入りは

こんな文章。



ヒアリングをはじめるときは

こんな文章。



相手が不安がっていたら、

こんな文章。


こんな否定の言葉が出たら、

こんな文章。



そうやって、

自分の頭に、

身体に刷り込んでいったんです。




ひどい時は、

相手と対面しているのに、

手帳にはってある原稿を見ながら

話をしていました。



※もちろん、見えないように・・・笑





ライティング(書く)は

営業にも使えるし、

プレゼンにも使えるし、

動画にも使えるんですよ。




ライティングして、

それを読みあげ、

動画でとることによって、


どうゆう伝わり方がするのかを

確認することができるので、

精度はどんどん上がっていきます。



その作業は、

鏡を見ながら自分のフォームをチェックする

シャドーボクシングみたいなもんです。





ビジネスの8割は

ライティング(書く)というのが

お分かり頂けましたでしょうか?







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】コーチング(聴く)と
   ライティング(書く)が
   まるの真骨頂。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


手前味噌で、

恐縮ですが、

まるの真骨頂はこれです。



【 コーチング(聴く)
      ×
  ライティング(書く) 】



これによってどうゆうことが

できるかというと、



例えば、

最近は動画ブームで、

動画配信のお手伝いをしたりもするんですが、



その時に

大抵配信できない原因となっているのが、


・どう話していいのかわからない。


・なにを話していいのかわからない。


です。



そこでまるでは、

その場で社長が伝えたいことを

コーチング(聴く)で引出し、

それが文章になるように

ライティング(書く)する。




ということをしたりします。



すると、

動画配信が出来なかった経営者さんが、

配信できるようになるんですね。




ただ、文章を読むだけなので、

誰でも動画配信が出来ます。




さらには、

動画編集で、

噛んでしまった箇所などを

編集すれば、

とても饒舌な動画が出来上がります(笑)




まあ、
そこまでこだわらなくても
いいかもしれませんが、


もし、自分達で
動画配信をするのであれば、



1,伝えたいことを
  スケッチブックなどに大枠で書く


2,ワードや紙に文章化する。


3,文章を読み上げて撮影する。




みたいな流れで取り組んで頂くと

うまくいくと思いますよ(^^)





ぜひ試してみて下さいね!



本日はここまで!





追伸:

私が【 火拳〜 】と
言いながら拳を前に出したら、
炎が出せそうな理由。


それは、


【 とても熱い気持ちをもった
  経営者に会ったからです。 】




株式会社クニヨシ 
代表取締役
早間雄大さん


とても魅力的な
広島の経営者さんです。


昨日、
一足先に、岐阜の同友会で
報告をされている内容をお聞きしたんですが、



この内容は、
聞かせてあげないと、
皆さんの成長の場を逃してしまうと思います!


次回、5月20日(水)
東海圏、名古屋でもう一度、
報告をしてもらえる機会があります。


時間の合う経営者さん、後継者さんは、
一緒に学んでみませんか?


ゲスト参加大歓迎ですので、
参加希望の方は、私までメールくださーい(^^)

経営者としての知識、経験を広げることが出来る
きっかけになると思います。

==============================

テーマ:
【 同友会らしい
  黒字企業になろう  】

講師 :株式会社クニヨシ 代表取締役 早間雄大氏
日時 :2015年5月20日(水) 18:50~22:45 (受付18:30~)
参加費:5,500円 (1部1000円・2部4500円)
会場 :クレストンホテル
    愛知県名古屋市中区栄3丁目29−1 名古屋パルコ西館9F


チラシはこちら↓↓
http://goo.gl/jBL5hU


お申込:
ご興味有る方は、このメールにご返信下さい。
※経営者、共同経営者、後継者の方限定となります。



私が所属している中小企業家同友会の報告会です。

昨日は報告者の早間さんの話を拝聴しました。


感想は、

きっとみなさんも、
【 点火 】されるはずです。



学べることはたくさんありますが、

【 経営者としての器は
  どうあるべきか?  】

【 底辺からの復活劇  】

【 逆転の発想で
  マイナスをプラスに変える 】


【 中小企業だからこそ
  できること。    】


こんなことが学べると思います。




こんな人におすすめです。



【 今の環境がついてないな~と
  思っている         】


【 摩擦することが面倒 】


【 うちの会社はないものだらけ〜(泣) 】




こんな人は、

きっと【 点火 】しますよー(^^)


正直、こんなチャンスは滅多に

ございません!


ご興味有る方は是非。



最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )