第122回【わかりましたか?は最悪の質問。人(社員)を無気力にさせる原因とは?】

第122回【わかりましたか?は最悪の質問。人(社員)を無気力にさせる原因とは?】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数109人
(6月30日までに200人目標!)

いつも
本当にありがとうございます。


まるの鎌形です。



第122回、お届けします。


皆さん、こんばんは!


昨日は同友会の役員会に参加して、
【 本気のぶつかり合い 】を感じたことが
噂される鎌形です。





私が所属する
名古屋第2青年同友会。


名前がなかなか固い感じですが、
カンタンにいうと、


【 経営者が
  経営を学ぶ会 】

【 経営者の学校 】


そんな感じです。




経営者で構成された
一つの組織です。


そして、役員会は、
その組織の中の
【 幹部会議 】みたいなもんです。


今年の組織のトップの山口会長はじめ、
役員の皆さんは、


本気で
【 良い経営者を創りたい! 】と、思ってます。


まるで、
「夢にときめけ! 明日にきらめけ!めざせ甲子園」
のフレーズで
有名なROOKIESの川藤先生のように熱い想いです。


そして、その想いがあるからこそ、
【 言いたいことを言ってくれます。 】



逆に、

【 言いたいことが言えない関係は
  成長しない。         】



お前、それ間違っているよ!

とか、

全然伝わんない!

とか、

俺はこう思う!!



そんな意見がたくさん飛び交います。



特に、

役員会に参加される方々は、

経営の経験値が違います。



そういう人たちからの意見や指摘って、

めちゃくちゃありがたいですよね。




人間、自分が一番正しいと思う生き物です。

そして、経営に答えはないけど、

自分が正しいと思うことを貫くのも大事です。


でも、

それが間違っていた時。



【 それは違う!!と正してくれる
  人がそばにいるかどうか。   】


で大きく将来は変わっていくと思います。


大人になればなるほど、
ぶつかり合うことはなくなります。



普通、
他社の経営に口は挟まないですよね。


あー、この経営者やばいな。
と思っても、
見て見ぬふりです(*_*)



なぜなら、
言っても、自分の得にはならないからです。



お前は間違ってる!!
なんて言われたら、100%反発します(*_*)


「なんだ、バカ野郎!」とビートたけしが
出てきて、喧嘩になってしまいます。



別に波風立てなくても、
見て見ぬふりで関係は持てます。



でも!


【 同友会の人たちは
  言ってくれるんです 】


あえて、


それは違う!

と言ってくれます。


なんの得もないのに。

嫌われるかもしれないリスクを
負ってまで、言ってくれます。



それってめちゃくちゃ
ありがたいことですよね。


それによって
自社の業績、成長は
ものすごい加速すると思います。


正直、【 経営者の学校 】である
同友会に積極的に参加して、
学び、自社に活かせるとすれば、


まるが行っている
経営コーチングって必要ないなー
と思います(^^)


ちなみはまるの経営コーチングは
【 家庭教師 】みたいなもんです。



学校も家庭教師もつける人もいれば、

学校だけの人もいれば、

家庭教師だけの人もいる。



どれも必要だと思えばやればいいし、

必要ないと思えば、やらなければいい。



ただ、何を選択したとしても、

学びがどれだけ得られるのかは、

みなさんの取り組み方次第ですよね(^^)





皆さんの身近には、

【 それは違う!!と正してくれる
  人がそばにいますか?     】




・・・



いなければ、創りましょう。



愛知中小企業家同友会↓
http://www.douyukai.net/




さあ、そんなこんなで
本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】ビリギャルの講師、
   坪田信貴さんから学ぶ
   人をやる気にさせる
   コミニュケーション力
【2】ピグマリオン効果で
   人をやる気にさせる。
【3】わかりましたか?
   は最悪の質問。
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ビリギャルの講師、
   坪田信貴さんから学ぶ
   人をやる気にさせる
   コミニュケーション力
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さんは、
ビリギャル、ご存じですか??


書籍:学年ビリのギャルが、
   1年で偏差値を40上げて
   慶應大学に合格した話。
著者:坪田信貴
2013年12月発行

本の紹介ページ↓↓
http://goo.gl/76n7KC



少し前に流行りましたよね。


最近、映画が公開されるということで、

その流れで、

ようやく興味のアンテナが向きました(^^)




映画「ビリギャル」公式サイト
http://www.birigal-movie.jp/


映画「ビリギャル」プロモーション映像
https://www.youtube.com/watch?v=ICQiL8QUVAg



この話、
名古屋が舞台なんですよね(^^)



著者の坪田信貴さんは、
ビリギャルが通っていた学生塾の塾長さんで、
偏差値30だった彼女(ビリギャル)を
慶應大学に1発合格させた立役者。



その学生塾は、
名古屋の車道駅近くの
青藍義塾です。



今は、名前が変わって、
坪田塾となっております。



講師15人を束ね、
250人の生徒さんがいます。



坪田塾のホームページ↓
http://www.tsubotajuku.com/




ちなみに
この塾の特徴は、
どんな生徒も
別け隔てなく、
受け入れるということ。



この塾の通う中高生の内、
15%が

【 学年ビリの経験者 】


徹底した個別指導を謳い、
一人一人の学力レベルに合わせて、
時には、小学生の教材にまで遡る。



個人個人への対応は、
学力だけではありません。



例えば、
【 字がめっちゃきれい! 】


と、
生徒の個性に合わせて、
時に褒め倒し、
時には笑わせる。


勉強以外の
どんな種類の相談でもまっすぐに
向き合う。



学生塾では珍しく
【 心理学 】を応用し、
個性に合わせた指導法を用いることで、
どんな子供のやる気も引き出す。


以前にまるのメールマガジンでも配信した、

タイプ分け診断に近いものを使って、

生徒さんの特徴を掴み、
それに合わせたコミニュケーションをしています。


タイプ分け診断の詳細はこちら↓
第90回 【4つのタイプを知り、承認、コミニュケーションの精度を上げる方法】
http://goo.gl/IaPy3l


そんな、
少し変わった学生塾ですが、
周知の通り、
結果を出しているわけです。



今日は、
そんな坪田さんから、


【 人をやる気にさせる
  コミニュケーション力 】



についてお話したいと思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】ピグマリオン効果で
   人をやる気にさせる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


坪田さんの言葉で
こんな言葉があります。



【 勉強が嫌いな子って
  たくさんいるんですけど、
  「 自分が成長するのがイヤ 」
  って子はたぶんいないんですよね。


  出来ないことが、
  出来るようになることは
  めちゃくちゃ楽しいことなんです。


  伸びないって思ったことは
  ないですね。           】


そうやって生徒を信じている。

生徒に期待をよせる。

心から応援する。



この姿勢が
実は生徒のやる気を引き出す
ポイントになっています(^^)



皆さんは
ピグマリオン効果というのを
ご存知でしょうか?


人は、
【 嘘のない期待をされた時に、
  モチベーションがあがる。 】

という効果です。



この子は絶対に伸びる!
と100%信じて、
期待してくれる人が
身近にいるだけで、


その期待に応えようとするんです(^^)



坪田さんの場合は、

この子は絶対に出来る!

この子の可能性はこんなもんじゃない。

と信じて、信じて、信じきる。


その上で、接してくれるから、

その期待に生徒さんが応えようと

やる気を出して努力する。



これって、

子育てにも、
組織づくりにも
とっても役立つと思いませんか?




皆さんは、
社員さんに対して、

【 嘘、偽りのない期待を
  寄せていますか?   】


【 社員さんは素晴らしい
  能力を持っていて
  まだまだ伸びる可能性があると
  100%信じていますか?    】




人間は、
言葉の裏にある意図を
敏感に察知できます。



口で何と言おうと、
経営者が、
【 自分のことをどう見ているのか 】

社員さんは、
とても敏感に感じています。



【 君たちは能力が高くて、
  個性や武器をもった
  素晴らしい社員なんだ! 】

と思って接してくれるのと、


【 君たちは能力が低くて
  個性も武器も持たない
  ダメな社員なんだ!  】

と思って接してこられるのとでは、


モチベーションに大きな差が
出ることは明らかです。


【 お前はやればできるんだよ! 】

と、100%、心から信じてくれる人が

近くにいることで、


「 そうなのかな~(´・ω・`) 」

とおもいながらも、

なんだかんだで、

やる気が出てくるものです。




逆に、

【 お前はダメだ! 】と

全く期待されなければ、

努力する気は1ミリもおきません。


1ミリもです。




そのやる気のおきなさといったら、

まるで、

前日の夜にワインを3本ぐらいあけて、

酔っぱらいながら記憶を無くし、

13時間ぐらい寝て起きて

なんとなくFacebookを眺めながら

サッカー日本代表の試合や

本田や香川の活躍をYouTubeで見て

ほぼ一日を無駄に過ごす時ぐらい

やる気が出ません。




もしくは、


48時間ぐらいかけて作った

プレゼン資料のデータが

何かの拍子で消えてしまった後ぐらい

やる気が出ません。





そんな無気力人間の

社員を作らない為にも、

皆さんの社員さんは、

【 能力が高くて、
  個性や武器をもった
  素晴らしい社員なんだ! 】


そう思いましょう。

そう信じきりましょう。


言葉ではなく、

心から。




【 うちの社員は全然ダメだなー 】

【 全然成長しないなー 】

【 今の社員ではダメ。
  もっと良い人材いないかなー 】



本人達の前で言っていないとしても

周りの経営者や

友人、家族、関係者にこぼしていませんか?




その気持、

社員さんにはバレてますよ(*_*)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】わかりましたか?
   は最悪の質問。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



皆さんは、

普段、人とのコミニュケーションに

【 わかりましたか? 】

を多用していませんか??



だとすると、

皆さんが伝えた内容は

相手に伝わっていない可能性が高いです。




相手がどの程度
理解をしてくれたのか?


という相手の理解度は、



【 わかりましたか? 】

という質問では、

把握することは出来ません。




例えば、

ひと通りの

業務のポイントを伝えたとして、

【 わかりましたか? 】

と質問すれば、

「 はい!わかりました。 」


で終わることが多いからです。



そして、

仕事を任せてみると、

全く出来ない。



全くわかっていない。




そこでまた言います。


【 わからないんなら、
  最初から
  わからないって言え!! 】



そしてさらに
「なんだ、バカ野郎!」とビートたけしが
再登場します。




【 わかりましたか? 】
を使うと、こうゆう、
無駄なコミニュケーションを
生むことになります。




この場合、誰が悪いか?


【 伝えた人です 】



何が足らなかったのか?

【 伝えた人の配慮です 】



ポイントは一つだけ。


■■■■■■■■■■■■■■
【 相手に理解したことを
  アウトプットさせる。 】
■■■■■■■■■■■■■■


ということです。




【 じゃあ今伝えたことを
  私にアウトプットしてみて 】


「 えーっと、これをここに移動して、
  次にこれをこうして
  こうすればいいってことですよね? 」



【 正解! 】




こんな風に、

相手にアウトプットをさせるんです。


そのアウトプットして

出てきた答えを聞いて、

この人は理解しているのか、

そうでないのかを判断する。



これを

心がけることで、

人とのコミニュケーションの

相違や、それによるストレスは

ずいぶん無くなるはずですよ。






はい、

では皆さん、、、質問です。




相手の理解度を把握するためには

何が必要ですか???




・・・



・・・








(アウトプット)





正解!!!







人をやる気にさせるためには

何が必要ですか??





・・・



・・・








( 嘘のない期待をする。
  心から信じる。応援する。 )



・・・







ファイナルアンサー?





・・・





( ファイナルアンサー )



・・・





せいかーい!!
byみのもんた




みのもんたさん×ビートたけしさんのミリオネア
https://www.youtube.com/watch?v=nk2DNdPZeQc


・・・笑




本日はここまで!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )