第116回【「~しない」という決断。それが自分がやりたい経営に必要なこと。】

第116回【「~しない」という決断。それが自分がやりたい経営に必要なこと。】


【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数103人
(6月30日までに200人目標!)

いつも
本当にありがとうございます。


鎌形です。



第116回、お届けします。
皆さん、こんにちは!


昨日は、
いつもコーチングを受けている

コーチングの大先輩
【丸ちゃん】との
コーチングデイでした(^^)
※丸ちゃん=マルタニコーチです。



いつもとても
有意義な時間を頂いています。



【まる】は経営者さんに
コーチングを行います。


ある程度はセルフコーチングが
できますが、


【 他人のことはわかっても
  自分のことはわからない。 】


というのが人間です。


自分達もコーチングを受ける立場にならないことには
自社の課題や、本当にやるべきこと、
取り組むことの優先順位などが
見えてこないことがあります。


そして、
まるの場合は、
副代表の島田も参加して、
私と島田の意見の調整を
【丸ちゃん】にしてもらっている。


そんな感じです。


やっぱり、
身近な存在になればなるほど、
近いからこそ、
言いにくいことや
伝わらないこと、
聞き出せないことが
お互いにあります。



そういったものを
第三者が入ることで、
上手く消化することができます(^^)



本当にありがたい存在です。


そして、昨日は、
【丸ちゃん】に同行して、


【 問題解決会議 】という
会議の場に参加させていただきました。


元々私のクライアントさんだった
歯科医院さんをご紹介させていただいたのですが、

びっくりするぐらいの
意見が出てきました(*_*)


さすがです。


一般的にされている、
【 ただの会議 】【 無駄な会議 】とは
全く質が違う。



昨日の参加者は18名程度でしたが、
スタッフ全員、
一人ひとりから意見が出てきました。


それも、
【 本気に真剣に語った意見 】
です。


客観的に聞いていて、
とても良い組織だなーと思います。


コツが分かると、
こんなにも意見が出るんだなー。と
本当に感心しました。


なにより、
スタッフのみんなが
本当に思っていること、
普段抱えている悩み、
心の内を出してくれたことに対して
院長がとても喜んでくださっていたことが
私自身、とても嬉しくなりました。



コーチング、
ファシリテーションというスキルは、
経営力を更に高める。


このことに、
さらに確信を深めた一日でした。



世の中、まだまだ知らないことばかりです。
もっともっと成長しますよー\(^o^)/




丸ちゃんのことについては
以前に以下のメールマガジンでも
語っておりますので、
興味の有る方はご確認下さい。


【中小企業が失敗しないための人材採用のコツ Vol.4】第80回まるのアウトプットメルマガ
http://goo.gl/eRdhDt

【言葉に出していないから、ブレる。】第95回まるのアウトプットメルマガ
http://goo.gl/D2fpMK




それでは、本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】「~しない」という決断。
   自分がやりたい経営に必要なこと。
【2】「~しない」という経営をして
   上手くいっている会社
【3】事業に失敗するコツ
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】「~しない」という決断。
   それが自分がやりたい経営に必要なこと。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今日は、
以前に話したエッセンシャル思考にも
通じる話です。


「~しない」という決断が、
無駄なものを無くし、
本当に自分のやりたい、
本質的なものへの成長スピードを
高めます。


逆に、
「~しない」という決断がなければ、
人はどんどんブレていき、
気づいたら自らを崩壊させます。


エッセンシャル思考の詳細はこちら↓↓
第114回【どれも大事、全部やりきる。その思考があなたを「壊す」】
http://goo.gl/QkR6RM



経営者であれば、
【 自分がやりたい経営 】
の形が必ずあるはずです。


それが経営理念となったり、
ビジョンとなったりして表れるわけですけど、



極端な話、

私の会社は富裕層に喜ばれる
ビジネスをします!

といっている会社が、

実際に顧客名簿を見てみると
富裕層は2割もなかったりとか(*_*)



【人を大切にします!】という会社が、
実際には、人を駒のようにしか
使えていなかったりとか(*_*)


【笑顔を大切にします!】という会社が、
実際には、全員がお口がチャックのくらーい感じの
会社だったりとか(*_*)


いくら、大層な経営理念やビジョンがあったとしても、
その経営者の行動や言動が
全くビジョンとかけ離れたものであれば、
人は離れていくばかりです。




そりゃそうです。
言っていることと
やっていることが合っていない人なんて
信用されるはずがありません。


でも、みんな知っています。


【 言っていることと
  やっていることに
  統一感、一貫性が
  あったほうが信用される。 】



皆わかっていることなのに、
なぜ、違う方向に進んでしまうんでしょうか?




やはり、答えは、
【 やり過ぎ 】です。
【 なんでもやろうとしすぎ 】です。



違う言い方をすると、


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【 「~をしない」という
  決断がないからです。 】
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


「~をしない」という決断がないから、
全然やりたくないことばかりに時間が割かれ、
本当にやりたいことが出来なくなるんです。



それは経営者にも、
社員にも言えることです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】「~しない」という経営をして
   上手くいっている会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


現在の居酒屋不況にあって、
昨年7月にはジャスダック上場。
年商126億以上。


昨年末には、
店舗数は400店弱、
2021年には1000店と、
海外進出を目指す会社。

のりにのっている
280円均一の焼鳥屋

【 鳥貴族 】さんです。



創業者の大倉忠司さんは、
関ジャニ∞の大倉さんの
父としても知られています(^^)



この会社のスゴイことは、
「~しない」経営の実践です。

280円均一でありながら、
手間をかけてでも、
国内鶏にこだわっています。
そして、
串刺しからのすべての調理工程を
店内で行っています。

その一方で
鶏を焼くのは炭火ではなくグリル。
立地は家賃の安い2階や地下が中心。


というふうに、
こだわる部分はこだわり、
コストダウン出来る部分は
コストダウンする。


そんな姿勢を貫いています。


そして「~しない」ということを
30年も前から明確に決めて、
それを徹底して行ってきています。


「鳥貴族のしない原則」

・消費増税後でも価格を上げない。
・お通しを通さない。
・出店地が鬼門でも気にしない。
・コストのかかる炭火は使わない。
・輸入鶏肉は使わない。
・新店オープン時以外の料金値引きはしない。
・業態は「鳥貴族」以外につくらない。
・FCは社内独立以外認めない。
・同業他社は意識しない。



あらかじめ、
しないこと決めておくことで、
本当にやりたい経営を実践する。


周りからは
ああしたほうがいい。
こうしたほうがいい。


そんな雑音にいちいち反応しなくなる。



経営をしていれば、
絶対にあれもしたい、
これもしたほうがいいんじゃないか?

と迷うことだってあります。


それに、
社員から、
我が社の為にこんなことをしたいんです!
と提案でもされた時には、
なかなか【否定】が出来ません。


それが本当に
経営者のやりたいことであればいいですが、
違う場合だって非常に多いです。


そうなった時に、
ちゃんと【否定】が出来るかどうか。


社員の思う通りに
全てを取り入れていたら、
必ず【倒産】します。



やはりここでも

【 何かをやるには、
  何かを捨てるしかない。 】

です。




それに人間は思考する生き物なので、
どんどん新しいアイデアが出てくれば、
あれもやりたい!これもやりたい!
となって、
歯止めがきかなくなってしまいます(*_*)



そして本当にやりたいことを
やるエネルギーが分散し、
結局はどれも中途半端な結果になります。


それってとても
残念な結果ですよね。


でも、何の対策もなしに
進むとそうなりかねません。



だからこそ、
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【 「~をしない」という
  決断が必要です    】
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


この決断が、
無駄な行動、
本質的ではない行動をしようとした時の
【 歯止め 】になるはずです。




ちなみに

【 まるのしない原則 】を考えてみました。


顧客であっても
協業パートナーであっても
社員であっても同じ条件です。


・まるの理念に共感できない人、
 考えの違う人とは仕事しない。

・一緒に成長していける経営者としか仕事しない。

・結果を出したい人で、且つ
 収益を大きくする為の
 投資の出来る人としか仕事しない。

・スキル(技術)の高い経営者、
 もしくは伸ばそうという意欲のある
 人としか仕事しない。

・高い倫理観を持った人としか仕事しない。

・アドバイスはするが、WEB作成はしない。

・安売りはしない。

・営業はしない。

・月に10訪問以上のコンサルティングはしない。

・業種・業界を絞ることはしない。

・名刺交換をした方・ご紹介の方以外の仕事はしない。

・コンサルティングでは
 その会社の経営参謀(No.2)になることに徹して、
 経営者(No.1)になることは決してしない。

・答えを決めつけしない。






以上です。

あとはこれを徹底していきます(`・ω・´)ゞ



皆さんも、
【 しない原則 】作ってみてはいかがでしょうか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】事業に失敗するコツ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【 しない原則 】と
少し似ているもので、

こんな面白い理念を掲げている
会社もあります。


【 事業に失敗するこつ 】
と題される12箇条です。


【 玉子屋 】さんという会社で、
カンブリア宮殿などにも出たことがある、
仕出し弁当の会社です。


日替わり弁当を
一日に7万食販売する、
弁当業界では超有名な会社です。


この会社の
【 事業に失敗するこつ 】
というのがこれです。



01、従来の方法が一番良いと信じていること
02、もちはもち屋だとうぬぼれていること
03、ひまがないといって本を読まぬこと
04、どうにかなると考えていること
05、稼ぐに追いつく貧乏なしと
  むやみに骨を折ること
06、良いものはだまっていても売れると
  安心していること
07、高い給料は出せないといって
  人を安く使うこと
08、支払は延ばすほうが得だと
  なるべく支払わぬ工夫をすること
09、機械は高いと云って人を使うこと
10、お客は我がまま過ぎると考えること
11、商売人は人情は禁物だと考えること
12、そんなことは出来ないと改善せぬこと



以上、12箇条です。

これらを実行することで、
誰がやっても、
とってもカンタンに事業に
失敗できるそうです(笑)


これらを社内や社外に
公表することで、
これが「歯止め」となり、

経営者、社員さん達が本当にやりたいことに
注力できているそうです。




いかがでしょうか??

皆さんはどう感じましたか?



私の周りには、
「~したい!」「~しよう!」
という経営者は非常に多いです。


でも、
これだけ多くの情報に
囲まれた時代では、

【 「~しない」という経営 】


が重要になってくるよな。と
本気で思っています。




今日、最後の問いかけです。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

皆さんは何をしたいですか?

そして、

「何をしない!」と決断しますか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



本日はここまで!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )