第111回【マネージメントは家庭円満の秘訣?!】

第111回【マネージメントは家庭円満の秘訣?!】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数99人
(6月30日までに200人目標!)

いつも
本当にありがとうございます。

まるの島田です。



3月31日。
桜も満開。
名古屋の気温は22度。
んーーー気持ちい季節です。





明日から新入社員が入ってきたり、
環境が変わるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?



変化をする季節だからこそ、
今一度、行っていただきたいこと。




それは、
1.身の回りの整理整頓
2.心の整理整頓





皆さんの周りは整理整頓されていますか?
目に見えている物だけでなく、
パソコンのデスクトップや、フォルダ内は整理されていますか?




身の回りの整理整頓は、
トヨタ式5Sに始まり、整理整頓の本が出版される程、
多くの会社で整理整頓は実践されていますが、





意外に実行されていないのが、
パソコン内の整理。




特に、
フォルダやデータの保管方法の
名前の規則化ができていない。





「A.アプローチ案件」
「アプローチ案件20150331」
「案件_アプローチ中0331」など

各社員がバラバラなファイルで保管されていたら、
どんどん溜まっていきます。
探すのにもどれが正しいかわかりません。




「この案件の進捗は?」と上司に聞かれた時に、


「少々お待ち下さい」という社員と、
「はい。どうぞ」と5秒でほしい内容が出る社員でしたら、
どちらが仕事ができると判断されるでしょうか?





将来を見据えた整理整頓術実践していきましょう!






それでは第111回、お届けします。

本日もスタート!!







─┤インデックス├─・──・──・──・

【1】マネージメントは、
   誰でもできるわけではない。勉強が必須。

【2】任せる勇気。
   仕事も家庭もつながっている。

─・──・──・──・──・──・──・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】マネージメントは、

   誰でもできるわけではない。勉強が必須。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人が増える上で、必要になってくること。



マネージメント。



人が増えると必然的にリーダーが必要になります。
もちろん部下がいなくても、主任や課長になる組織もあります。





ですが、人を率いるということは、
対相手が必要です。
それには2つの力が必要です。

【  1.相手を知ること   】
【  2.社会を知ること   】


====================
1,相手を知ることとは?
====================


これは仕事場でなくても、
家庭でも同じです。
友人でも同じです。
恋人でも同じ能力です。





相手を知らなければ、
何が好きで何が不得意かもわかりません。
どんな仕事を与えれば伸びるかどうかも手探りです。




人はみんな長所と短所を持っていて、
その”違い”をどうやって活かすか?が
マネージメントです。




相手を知るということは、
相手の状況を”勉強する”ということです。




自分が知らないことを、
部下が知っていれば、知ったかぶりをせずに
学ぶ姿勢を見せることが必要です。





また教えるということは、
自分が知っていること+理解し相手に伝える能力が必要です。





そのためには、あなたは今まで何をしてきたでしょうか?
そして何をしているでしょうか?




学生時代は学校という組織が決められた時間に、
決められた内容を教師が生徒に対して、教えていました。
授業時間に教室にいれば、勉強したつもりになることはできます。


一方、同じ授業を受けているのにもかかわらず、
いつも好成績な生徒がいます。





それは予習をした上で授業を受け、
さらにその後、復習をした生徒です。




同じ内容・時間を過ごしているのに、差が出るのは、
その人が、どんな姿勢で時間を過ごし勉強をしているかどうかです。





これは社会人でも同じです。






事前にお客様の情報を調べておく。
新しいことを始める前は情報を集める。




学生時代はできたことが、
だんだんできなくなっていく大人。






「忙しい」を理由に、時間を作る努力をしていないことに
目をつむってませんか?




人間は基本的にはラクをしたい生き物。と言われます。
だから立ち向かうために勉強をし続け、
学ぶ姿勢を忘れてはいけないと思います。


====================
2,社会を知ることとは?
====================

お客様と出会うと必ず思うこと。



「今いる環境が常識」
となっている組織が多い。



「あなたの組織の常識は非常識ですよ」
とガツンと言われることが無いからかもしれません。




常識は辞書で調べると、
社会の構成員が有していて当たり前のものとしている価値観、知識、判断力のこと。
とあります。


ではその”社会”を今いる自分たちだけの環境ではなく、
広い視野で学ぶ必要がありますね。





生まれたばかりの赤ちゃんにマネジメントはできません。
視野が狭いからです。
赤ちゃんの環境は、家庭です。
赤ちゃんが関係する人は家族だけです。




1.人に会う。
2.本を読む。
3.旅をする。




この3つは、赤ちゃんにとってはできない要因はたくさんあります。
大人のあなたはできる要因の方が多いのではないでしょうか?





「時間が無い」と言う大人。
「時間がたくさんある」赤ちゃん。



赤ちゃんは今から読む力、話す力、歩く能力などたくさん身につけなければいけません。
そのために時間がたくさんあります。


一方、あなたが時間がある大人になれば、あなたは時間を作るというだけで、
マネジメントができるようになります。





時間がなければ、時間をつくろう。
時間の作り方がわからなければ、
タイムマネジメントができるようになろう。

タイムマネジメントができるということは、
自分のマネジメントもできるようになるということ。


自分のマネジメントができる大人になる努力を
あなたはしていますか?







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】任せる勇気。

   仕事も家庭もつながっている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

マネジメントをする上で必要なこと。





【  任せる  】



ということです。





仕事ができる人が管理職になるというのが一般的ですが、
これからは、「任す能力」が高い人が管理職になる時代です。





なぜなら、


働く人口が減っているからです。





これからは、「共働き家庭が増える」ということは以前にお話しましたが、
産休、育児だけでなく、『大介護時代』に突入します。




兄弟姉妹が少ない家庭が増えているので、
現在学生の子たちがいざ、社会人になった時は、
育児と介護を一緒にしなければいけない時代がくると容易に想定できます。








あなたはあと何年働きますか?








数年ではありませんよね?






だとすると、
これから自分が「時間制約付き社員」になったとしても、
組織内に時間制約付き社員が出てきたとしても、




いずれも、
「仕事を任せなければいけなくなる時」が来ます。






任せるということは、「勇気」と「覚悟」が必要です。






あなたのように完璧に仕事をできないかもしれません。
あなたのようにスムーズに進行ができないかもしれません。
あなたのようにお客様が満足してくださらないかもしれません。





ですが、
任せた後、あなたが逐一口をだしていたら、
任された人はどう思うでしょうか?




「任せてくれたのに、信用してくれていないんだな」
「任せるって言っても結局、自分がラクをしたいからでしょ」





任せることが不安なら、
どの範囲までか?を明確に指示しましょう。




「この資料作っておいて」という指示か、


「この資料を7日の17時までに、
 課長に出すから文字は大きめで4部作っておいて」という指示なら、






どちらが任された方が仕事をしやすいか、
明確ですよね。




任せるのであれば、指示は具体的に
5W1H+平均時間を明確にすると良いですね。

1.なぜあなたに任せたのか?
2.何をしてほしいのか?
3.いつまでにほしいのか?
4.相手は誰・どこに対しての内容か?
5.どうやってやるのか?
6.このくらいの時間をかけて行う仕事




これは「初めてのおつかい」(日本テレビ系)でも同じことが行われています。


1.妹が生まれてお兄ちゃんになったから、
2.一人でおつかい行ってほしい
3.17時までに帰ってきて
4.いつもいく八百屋さんに
5. 1,000円札をリュックにいれておくから、おじさんに渡してね。
6.近所のO君も3時間かかったけど頑張ったって!



任せられた子は、「よ〜し!がんばるぞぉ!」と張り切ります。
途中で泣いたり、帰りたいって子も出ます。
でも最後までやり遂げる力が付きます。
これは大人も同じ。


子供に学ぶことって本当に多いです。
不器用ながら、失敗をしてどんどん成長していく。
お母さんは心配で心配でしょうがない。
でも、任せるって決めたから。

またナレーションの方の話し方がいいんです。
私、この番組みると必ず泣いています(笑)







任せてみたら、あなたはもっと成長する。
任せる力、試してみませんか?







私も以前は何でも一人でやるタイプで完璧主義者でした。
「自分でやった方が早いわ!」と思っていました。
でも、やっぱりパンクしました。
苦しくて、誰か助けてほしいと思うようになりました。





少しずつ仕事も任せるようになって、
だんだんと自分の余裕が出てきて、
相手を思いやる気持ちが出てきたんです。





それは家庭でも同じ。
ご飯を作るのも、洗濯を任せるのも
パートナーにお願いしています。




最初は、これ本当に大丈夫!?っていうやり方で
洗濯物干しをしていましたが、任せる+褒めるで
だんだん干すのが上手になってきました。
今では、安心して任せることができます。




【  任せる   +    褒める  】




これは、自分も相手も成長する魔法の力です。



仕事場だけでなく、自分も身近な人もハッピーにする
任せる力。


試して見てはいかがでしょうか?


本日はここまで!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□承認する風土がない。
□誰にもわかってもらえない気がする。
□社員さんに自分の気持ちが伝わっていない気がする。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□商品やサービスは良いのに、営業が嫌いで売り込みが出来ない。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□新しいことを始めたいけれど、
 自分の時間がコントロールできない。


ご友人の方が、配信登録するには
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 島田菜々絵 / NANAE SHIMADA ( 株式会社まる )