第104回【あなたはどっち派?100万円を1人と、1万円を100人】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数91人
(6月30日までに200人目標!)

いつも
本当にありがとうございます。


まるの鎌形です。


第104回、お届けします。


皆さんこんばんは!

今日は、私、誕生日です。


記念すべき

【 三十路 】


なにが変わるわけでも
ないんですが、


大人の第一歩です(笑)



まだまだ未熟者ではございますが、

皆さんに為になる情報を

ずっと提供し続けられる為に、

自分自身を

もっと成長させていきたいと思います!!



そして、支えてくれる人たちに

感謝です。

ありがとう。

私は幸せです。



【 愛と感謝で
  世の中をまるくする 】



地に足つけて、
着々と進みます。



それでは、そんなこんなで、
本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】あなたはどっち派?
   100万円を1人と、1万円を100人。
【2】Time is Money.
   「時は金なり」を勘違いする人々。
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】あなたはどっち派?
   100万円を1人と、1万円を100人。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



例えば、


【 売上目標が100万円 】



これを達成するために、



【 単価 × 顧客数 = 売上 】


の方程式で考えた時、


とっても極端に分けてしまうと、



【 単価100万円 × 顧客数1人
        = 売上100万円 】



という富裕層路線で進んでいくのか、






【 単価1万円 × 顧客数100人
        = 売上100万円 】



という一般層路線で進んでいくのか。






・・・




皆さんはどちらに進んでいきますか?





・・・





ちなみに、

【 まるは前者の
  富裕層に進みます 】




理由は2つ。


質の高いサービスを提供したいから。


そして、

ライバルが少ないから。





現在、
日本の市場は右肩下がり。


景気が悪くなると、
必ず起こることがあります。



それは、
【 2極化 】



景気が悪くなればなるほど
貧富の差が開いていきます。




ここ10年間で、
貧富の差はずいぶん開いて、
マーケット全体は、
下に向かって動いています。



ここ10年で、
安さを売りにしたサービス。


ずいぶん増えましたね。


飲食も激安。

マッサージも激安。

整体も激安。

旅行も激安。

飛行機も激安。

車も激安。

家電製品も激安。

エステも激安。

コンサルティングも激安。

税理士報酬も激安。




皆が下に向かうんで
日本のマーケットは
空洞化しているんですね(*_*)




本当に全体がびっくりするぐらい下にいきます。




大手さんならわかります。


なぜかって、

数をとらないことには

成り立たないからです。





大手企業の体力があればこそ、

激安路線で勝負することが出来ます。



でも、

これを1、中小企業が
まともに勝負していたら、、、、。



勝負する前から
結果は見えています(*_*)



でも、下にいく。



ただただ、何の戦略もなしに、

大手の激安路線に乗っかっていく。



そしていつのまにか、

大手に操作された
【 基準 】で進んでいく。




【 ライバル企業が
  このぐらいだから・・・ 】

とか、


【 相場が
  このぐらいだから・・・ 】


と値付けしていく。



相場の価値は

【 大手が作った基準 】なのに・・・。





ただ、そうゆう人たちが多いので、

助かっているのも事実。



どんどん貧富の差が激しくなっている中で、

世の中の企業のほとんどが激安路線に進んでくれているおかげで、


【 富裕層に
  サービスをする会社が
  ほとんどいない。   】


でも、


【 富裕層の数は
  2倍に増えている 】



そんな状態。




だから、

ちゃんとした形で、

購買意欲を刺激してあげると、

一人勝ちするだろうなーっていうビジネスは

たくさんある。




でも皆やらない。





富裕層に行けばいくほど、

利益は何倍、何十倍になっていきます。




実際に、


美容院でも、

相場が単価5000円の地域で、

単価15000円で行っているところもあるし、



歯医者でも、

インプラント一本、
40万円以上で行っているところもあります。

矯正治療は一回
100万円以上。



仕入れの値段はそう変わるものではないので、

単価があがる分だけ、利益があがる。



他の業界でも
富裕層ビジネスを実践している会社はある。



そして、
ものすごくビジネスを楽しんでいる。



でも、、、


ごくごく少数の会社。




マーケットが縮小していく中では、

どのマーケットを取りに行くのか?



ということが

非常に重要になってきます。





皆さんは、



【 一般層 】



【 富裕層 】




どちらのマーケットを取りに行きますか?



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】Time is Money.
   「時は金なり」を勘違いする人々。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この言葉って、

本当に事実を語っていると思います。




【 時間はお金 】



この関係性を間違えて認識してしまうと、

皆さんが良かれと思ってやっていることが、

裏目に出て信用を落としてしまう。

そんな可能性があります(*_*)





冒頭の質問。




【 単価100万円 × 顧客数1人
        = 売上100万円 】



という富裕層路線で進んでいくのか、






【 単価1万円 × 顧客数100人
        = 売上100万円 】



という一般層路線で進んでいくのか。




という問いに対して、

後者の一般層路線で進むと答えた

コンサルタントがいます。




これはこれで、

その人の決断なので、

いいと思います。





でも、こんなことを言うんです。



【 当社は、きめ細かい質の高い
     サービスを提供します! 】



なるほど、素晴らしい!!



んで、


単価はいくらなんだっけ??


と聞くと、


【 1万円です 】


当社の売りは、

安くて、且つ、

質の高いサービスなんです!!
(`・∀・´)エッヘン!!





・・・



んー。


危ない(*_*)


・・・


危ないというか、

怖い。





すぐにサービスの質が悪くなったり、
本人が精神疾患になって、
奇声を発するような
情景が目に浮かびます(苦笑)




【 単価1万円 × 顧客数100人
        = 売上100万円 】



単価1万円で、
売上100万円を達成しようと思えば、
100人の顧客にサービス提供をするということです。




【 100人の人に
  質の高いサービスを
  提供できるの?   】



と凄く不安に思います。



だって、100人の顧客から
問い合わせもくるわけですよね?


それをさばいている内に
一ヶ月終わってしまいそうなんですが・・・。


しかも、
時間はめいいっぱい顧客にとられるので、
先々の未来を考える時間や、
勉強をしてさらに成長する時間が持てない。



とても悪循環です。





【 質の高いサービスを! 】

と謳うのであれば、


【 単価100万円で、
  1人の顧客を見つける 】


ほうが、理にかなっていると
思うんですよね。




だって、
顧客が1人しかいないんですもん(*_*)


間違いなく
その人だけに集中することが出来ますよね。



【 Time is Money.
 「時は金なり」  】




お金は時間です。



単価(お金)を多く頂くということは、

それだけ、時間を費やせるということです。




そして、

【 質の高さ=時間 】

だと思うんです。



だから、かけれる時間が多ければ多いほど、

当然、サービスの質は上がりますよね。





もちろん、それ以外の時間も確保出来るだろうから、

次の手を前倒しで考えていくこともできるし、

家族やプライベートの時間もしっかり確保することが出来る。



いいことだらけなのに・・・。



でも、

皆やらない。





それに、



【 単価100万円 × 顧客数1人
         =売上100万円 】


の富裕層路線で進んでいくということは、



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【 99回は失敗してもいい 】
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


ってことですからね(^^)




99回、販売に失敗しても、
1回、販売に成功すればそれでOKです。




とってもカンタンだと思うんですよね。




それに価格に見合った成果を出そう!!って

提供側も気合が入りますよ。




1万円の仕事と、

100万円の仕事。





皆さんはどっちの仕事に身が入りますか??


・・・


私は絶対に後者です。



即答です(笑)





単価が高い分、
責任も感じるかもしれませんが、
それ以上の成果を出そう。
出さなくちゃ。
という気持ちになります。


そして、
そんな追い込まれた状態を作っていかないと、
なかなか自分を高めることは
出来ないと思うんです。



人間は惰性の生き物です。


なんの責任もなければ、
自分のケツはたたけません(*_*)




まるはもっと成長したい。

だから、もっと価格をあげていきます。

もっと自分の価値を高めていきたいからです。




これってみなさんの
仕事にも当てはめることが
出来ると思います。






最後に、


【 皆さんの事業には、
  何人の顧客が必要ですか? 】




これ、じっくり考えたほうがいいですよ。





ちなみに、現段階のまるの場合は、10社です。

それ以上は無理です。

見きれません。

どなかが卒業しない限り、

サービス提供できません。



まるに賛同していただける10人がいればいい。




それ以外の人は、

他でやってもらったほうがいい。



今の世の中の会社の数は

300万社です。




300万社中、10社だけです。




だとすれば、

【 顧客を選ぶ 】

のは当然ですよね。




だって、

確実にまるのほうが希少価値が高い。




これとおんなじことって

皆さんにもいえると思うんだけどなー(´・ω・`)




ちょっとぼやきになりましたが、

そんなこんなで、

本日はここまで!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□承認する風土がない。
□誰にもわかってもらえない気がする。
□社員さんに自分の気持ちが伝わっていない気がする。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□商品やサービスは良いのに、営業が嫌いで売り込みが出来ない。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□新しいことを始めたいけれど、
 自分の時間がコントロールできない。


ご友人の方が、配信登録するには
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 島田菜々絵 / NANAE SHIMADA ( 株式会社まる )