男性経営者の女性スタッフに対する4つの意識の間違い|動物病院の方向け

==================
働く20代女性の気持ち
==================
最近よく、耳にするようになった

「ワークライフ・バランス」

いろいろな書籍でも取り上げられるようになりました


内閣府でも

ワークライフバランスの実現に向けて

取り組んでいます。


<内閣府サイト>http://wwwa.cao.go.jp/wlb/index.html


会社名になっている法人企業もあります。
<ワークライフバランス株式会社>
http://www.work-life-b.com/
(先日、東京で代表の小室淑恵様にお会いしてきましたが、
二児の母とは思えない美貌と強い信念持った素敵な女性でした。



さて、今日は
女性スタッフの目線がどのようなものか?
知っていただけると嬉しく思います。


私事で恐縮ですが、現在27歳。
も上司にも挟まれる身。

結婚や出産が増える年代
(昔は女性の華は「クリスマスケーキ」なんて言われましたが、
24.5歳過ぎた今は、おせち料理的な存在ですね)


…先生、苦笑してさい!!

(T_T)

さて、今後はよりパワーアップしようと
目論んでいるこの頃ですが、
スタッフさんで同年代の方、
もしくは女性の気持ち
わかろう!と思っても
なかなか難しいですよね。


【男性+獣医師×+経営者】の方に
女性の気持ちがトコトンわかる魔法の薬は
売っていませんし、

去勢手術したって、
女装家になったって難しいですよね。


少しだけ、働く女性の気持ち
雇われている女性の気持ち
貴院の課題など考えるきっかけになれば
幸いです。



==================
女性が活躍する社会進出する上での制約
==================

女性が働くことでポイントになってくるのが、
結婚・出産・育児

そして今後は、【+介護】です。


晩婚化、晩産化が進んでいるので、
働きながら介護するという方は今後
増えていくのは言うまでもありません。


いつ、自分の時間制約ができるのか?
わからないからこそ、
経営者として、どんな状況になっても
戻ってこれる環境整えることが大切だと思います。


ある動物病院様は出産後、復帰する方が50%
2人に1人は職場復帰しています。

しかし
ある動物病院様はいつも求人募集しています。

この違いってなんでしょうか。


===============
男性経営者の勘違い4つの罠
===============
女性が社会進出する上で
男性経営者が陥る
4つのポイントご紹介します。



1)結婚・出産のタイミングでモチベーションが変わるのではない


(解説)
入社2~3年経験し、社内見回し「こんな女性になりたい!」という人がいない。
「奥さんがいつもピリピリしている」「お局様が怖い…」
「派閥がある…」人間関係によるモチベーションダウン。

結婚・出産すればある程度、時間制限がかかることがわかっているので
これ以上給料も上がらない、壁越えず逃げ道選ぶ。
もしくは、人間関係に疲れ、次の職場選ぶ。



2)ステップアップする恐怖

(解説)
勤続年数が長くなるとリーダーや教育係になる。
必然的に仕事量と時間が増えることで自己犠牲が増える。

サラリーマンでえると、
「管理職は仕事の責任と給料は増えるが、家庭崩壊する」理論です。
ステップアップをして家庭崩壊するくらいなら、昇進なんてしないという
気持ちが生まれてしまう現象です。


3)仕事と家庭の両立が難しいから退職するのではない

(解説)
仕事場にとって融通のきく人が生き残れるという現実知り、
自分のキャリアと子供の教育天秤にかけた時、苦悩した結果、離職選ぶ

※女性は出産間近になると退職すると思われがちですが、
実際は、3~5歳の教育方針で迷われて退職する女性が多いという
統計があります。出産後すぐに職場復帰するという方は増えているそうです。



4)短時間で帰れる=女性が働きやすいというわけではない。

(解説)
仕事時間外で行うもの(季節の掲示物の準備、イベントの作成など)に
時間がかかる体制が変わらなければ短時間労働はタダ働きが増える

ブログの更新は勤務時間に行ってもらうことが最適だと言えます。
そして家庭では家庭の役割果たしてもらう環境職場が与えるように
変わらなければいけません。



いかがでしたでしょうか?

えば、仕事ざかりのご自身の親が介護が必要になった時、
職場は、理解してくれる環境でしょうか?

それとも…????


この問題は動物病院に限らない問題の方が
多いということです。


そこにいつ、経営者様が気付き、
どのタイミングで行動に移すか?

という一歩踏み出す覚悟が必要だと感じました


変化嫌う人が離れていく不安と
覚悟持って変わっていく喜び感じながら、
今後も貴院のご活躍心よりお祈り申し上げます。