第100回【皆さんの仕事、無くなるかもしれません。】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数89人
(6月30日までに200人目標!)

いつも
本当にありがとうございます。

 

まるの鎌形です。


第100回、お届けします。


皆さん、こんにちは!


ついに100回!達成しました!


全く、頑張った感がないのが、
嘘みたいですが・・・(笑)




耳にタコかもしれませんが、

何度でもいいます。

【 継続は力なり 】

です。

そして、

【 自己鍛錬は
  最大の差別化 】

です。



少し前に、
このテーマでメールマガジンを
書いたので、
見てない方はご確認下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
第84回【継続は力なり。習慣化することが継続の鍵。】
http://goo.gl/XQINzt


第91回【ライバルの9割ができていない唯一無二の差別化方法とは?】
http://goo.gl/gnrDZI


第93回【情報発信を外部依存してるから成長しない。】
http://goo.gl/ERbL80



まるのメールマガジンは、


来年2016年1月26日には、
【 200回達成 】してます。



再来年2017年1月10日には、
【 300回達成 】してます。


これをやっている頃には
次のステージに行ってるかなー。


楽しみです(^^)


皆さんも一緒に
楽しく継続、発展しましょう。



そんなこんなで
本日もスタート!!




─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】皆さんの仕事、
   無くなるかもしれません。
【2】今の行動が、
   今の利益を創ると同時に、
   未来の利益を創れていますか?
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】皆さんの仕事、
   無くなるかもしれません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


考えたことありますか??


皆さんの仕事は

無くなるかもしれません。



・・・


は??



って思った方。




危ないかもしれません(*_*)




脅すわけではないですが、


皆さんの仕事、


現実に減ってますよね?




それはそうです。


【 マーケットが
  縮小しているからです。 】



マーケットが縮小するのは
なぜか?



それはカンタン。


【 人口が
  減っているからです 】



皆さんもご存知でしょうが、
日本の人口は
年々下がっているわけです(*_*)



現在の1億2000万人から、
下っていき、


2060年には、
総人口は9000万人を
割り込み、


高齢化率は
40%近い水準になると
推測されています。



日本の人口の推移
http://goo.gl/G0tbbw

※出典:平成25年度 総務省「人口推計」





ということは・・・





当然、
人口が減り、
マーケットが縮小すれば、


【 皆さんの仕事は
  無くなるかもしれません。 】



いや、

これは現実問題として

十分ありえる話です。





むしろ、

【 皆さんの仕事が
  無くなる前提で
  仕事を創っていかなければ
  なりません。       】



だって、そうでしょう。


今までのやり方だけに
頼った経営をしていれば、
いつの日か必ず
終わりがやってくるわけです。




不安ですよね。


先が見えないと
本当に不安になります。



でも、
先々の予想がある程度
わかっているのに、


何も変わらない。

未来を見据えた行動をしない。

対策を講じない。





これでは、
経営者失格だと思うんです(-"-)



いや、ほんとに。



【 皆さんの仕事が
  無くなること  】


これを前提に考えれば、


皆さんがやるべきことはただ1つです。



【 保険を作っておく 】


ということです。



違う言い方で言えば、


【 利益の柱を
  複数持つ  】


ということです。


もっというと、


【 多角化経営をする 】


ということです。



1つの柱が無くなったとしても、

経営が継続、発展出来る

仕組みを作っておく

ということです。



天下のトヨタでさえも、

元を辿れば

多角化で成功した企業です。



今でこそ、世界一の車メーカーですが、
元々は高速自動機織り機のメーカーでした。


そして、
日本の産業が
織物製造から
工業化していく中で、


【 これからは
  マイカーの時代だ 】


ということで、

国産小型乗用車の
開発に乗り出します。


そしてトヨタは
車メーカーへと
変化していきました。


もちろん、
高速自動機織り機の事業も
豊田自動織機として
今も継続中です。


この時、
多角化に乗り出さなければ、
今の世界のトヨタはありません。



その後も、
景気の波によって
工場従業員があぶれたりした時や、

本業の車産業を支える意味でも、

住宅建築や、
通信、金融、不動産
などなど、

様々な業界に乗り出し、
多角化経営をしています。



金融業でいうと、
トヨタ、
イオン、
ソニー、
ホンダ、
セブン&アイ、
楽天


などなど、
たくさんの企業も
多角化経営をしてきています。



他にも
キャノンや
コマツ、
ヤクルト本社や
日本たばこ産業なども
多角化経営です。



最近だと
ソフトバンクも
すごいですよね。




もちろん、
違う業界に参入することだけが、
多角化経営ではありません。



以前のメールマガジンで
ご紹介した、

岐阜で創業して、
宅配ずしチェーンで上場した
ライドオン・エクスプレスさんのように

【 今ある既存の仕組みを 
  横展開する      】

というやり方もありです。



ライドオン・エクスプレスの
詳細はこちら↓↓
第35回【ビジネスモデルを自分で考えられる経営者になる方法】
http://goo.gl/vt0dvc





とにかく大事なのは、

【 保険を作っておく 】

ということです。




そのためには、

経営者は、

【 内ではなく、外 】


に目を向けなければ

いけないんです(*_*)




現場にずっと

入っている場合では

ありません。




もちろん、
すぐに皆さんの仕事が
無くなるのか?


というとそうでは
ありません。




でも、


【 緊急ではないけど
  重要なことです。 】



将来を見据えて、
まだまだ今の仕事で
利益が確保出来ている内に
どれだけ前倒しで
取り組んでいけるのか??




これが重要なんです。




出来ることからで

いいと思います。





ちゃんと、

未来を見据えた

行動をしていきましょう。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】今の行動が、
   今の利益を創ると同時に、
   未来の利益を創れていますか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ちょっとだけ、
立ち止まって考えてみて下さい。



皆さんの今の行動。


これを

【 1年間続けたら
  未来はどうなっていますか? 】



【 3年間続けたら
  未来はどうなっていますか? 】



【 5年間続けたら
  未来はどうなっていますか? 】






当たり前のことですが、

【 未来は
  今の行動の積み重ね 】

です。



今の行動を
積み重ねると
未来はどうなるのか?


そこはちゃんと、
動き出す前に
計画したほうがいいですよ。



もちろん計画どおり
行かないこともあるだろうけど、


そんな計画も無しに
進むなんて
私は怖くてできません(*_*)



まるでは、
今の仕事を続けていくとどうなるかを
強烈に意識しています。


1年間かけて、


まるでは、

【 売れる仕組み
 (マーケティング) 】

を創り続けました。


その結果、

多くの方に
ご支持を頂き、
営業しなくても
売れる仕組みを構築できました。


もちろん、
まだまだ道半ばです。


今の行動を積み重ねて

1年後、
3年後、
5年後、


どんな未来になっているのか?

ある程度イメージはできています。


まるから売りにいくのではなく、
お客さんが買いにきてくれる。


そんな状態を創れています。


そして、まるは、
付き合いたくないお客さんとは
付き合わず、


まるがお客さんを選ぶ立場。


そんな状態を創れています。



顧客の対象を絞っているので、
まるが思う魅力ある人達の
コミュニティが出来ています。


将来的には
そんな魅力ある人々を繋げて、
マッチングビジネスなどにも参入したい。


優秀な人たちが
集まったネットワークがあれば、
新しい何かが始まるはずです。


そんなベースを創るための
今です。



ただ、



やっていることはとっても
カンタンでシンプルです。


全て

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【 マーケティングの王道
  「4ステップマーケティング」 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この仕組にのっとり、
行動しているだけです。


本当にこれしかしてません。



4ステップマーケティングの詳細はこちら
↓↓↓
http://goo.gl/eRBC8p




メルマガをやっているのも
この4ステップマーケティングの
【 見込み客フォロー 】と
【 顧客化 】に繋がるからです。


メルマガや、
YouTube、
小冊子などで、
皆さんに有益な情報を
配信し続けます。


まるは
ここを動きません。


買いに来てください(笑)




この、
4ステップマーケティング。


どんな業種、業界でも
適応できます。


カンタンにいうならば、

【 売りに行くではなく 
  買いに来てもらう。  】

ということです。



この仕組みを徹底的に

創っただけで、上場した企業も

あるぐらい、とても優秀な仕組みです。



【 誰かに出来ることなら、
  自分にもできる    】



【 誰かに出来ることなら、
  皆さんにもできる    】



一緒に頑張りましょう!!



ちなみに4ステップマーケティングの
理論を詳しく知りたい方は
こちらの本をご確認下さい。


マーケティングの師匠
石原明さんの書籍です。

書籍:イヤな顧客には売るな!
著者:石原明
2009年3月発行
本の紹介ページはこちら↓↓↓
http://goo.gl/JA7d0r


本日はここまで!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )