第99回【同じ脳でもえらい違い!楽しまないと損ってホント?】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数89人
(6月30日までに200人目標!)

いつも
本当にありがとうございます。

 

まるの鎌形です。


第99回、お届けします。


皆さん、こんにちは!

ついに後一回で、
100回です(^^)

本当にあっという間。

継続は力なり(^^)v

この威力は計り知れないなー。
と思う今日のこの頃です。


さて、すこし告知です。


私のコーチングの師匠、

アニキこと筒井正浩さんの

アニキ塾が4月から

名古屋で開催されます(^^)



私はここで、

【 自分が嫌い 】を

【 自分が好き 】に

変えることが出来ました。


悩んでいる人に来て欲しいなー。

自信を持ちきれていない人に来て欲しいなー。

失敗を引きずっている人に来て欲しいなー。

成長したいって人に来て欲しいなー。

自分の力はこんなもんじゃないはず!って人に来て欲しいなー。



面白いように変わりますよ。

もちろん良い方向に(^^)



ピンと来た人がいれば、

まだ少し席が空いているようなので、

一緒に学びませんか?(笑)


※私もまた参加しまーす(笑)


詳しくはホームページで↓↓↓
http://www.yumesupport.com/7/101/

てんつくマンさんの紹介動画はこちら↓↓↓
http://youtu.be/q-1WnC2nxnU



それでは、
そんなこんなで本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】同じ脳でもえらい違い!
   楽しまないと損ってホント?
【2】「楽しむことで情報が
    入りやすくなる。 」
   を理解している航空会社。
【3】「楽しむ仕掛け」で
   人の習慣を変えた事例
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】同じ脳でもえらい違い!
   楽しまないと損ってホント?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


これね、

ホントですよ。



断言します。


【 楽しまないと
  損です。   】



【 楽しむ 】
って本当に大事ですよ。


人は、

【 楽しむことで
  情報が入りやすくなります。 】


逆に

【 楽しまないと
  情報は入りにくくなります。 】



全然違います。


例えば、

私の幼少時代でいうと、

ドラゴンクエストや
ファイナルファンタジーが好きでした。

今でも、
キャラクターの名前は言えます。

バスケットボール漫画の
スラムダンクも好きで、
多分セリフを言えるぐらい
覚えています。

アメリカのプロバスケットボールリーグの
NBAも好きで、
今でも選手の名前は言えます。



僕らよりも上の世代で言えば、
スーパーカーブームなども
ありました。


多分、
その世代の皆さんは、
いろんな車のことを
パッと思い浮かべることが
出来るはずです。


今の子供達もすごいですね。


ポケモンを覚えたと思ったら、
今度は、妖怪ウォッチです。



ほんとうに
スゴイ記憶力で覚えていきますよね。




でも、、、、




なぜ、、、?





そんなにスゴイ記憶力が
あるにも関わらず、
いざ、勉強となると、
頭に入ってこない。



なぜ??




それは

【 楽しんでいないからです 】



もっというと、

【 心を開いていないから 】




学ぶ対象に対して

【 心を開いていれば
  情報は嘘みたいに入ります 】

逆に

【 心を閉ざしていれば
  情報は入りにくくなります  】



まずは心を開くということを行って、
その後で、
何か学ぶということをしていけば、


はるかに効率的に物事を
学んでいくことが出来ます。


だから、
【 楽しむ 】
ってゆうのは本当に大事なんです。




いや、

でも、


世の中、
なんでもかんでも
楽しめることばっかりじゃないでしょ(*_*)



そんな人もいるだろうと思います。


もちろんそうです。


大人になっていき、
社会に揉まれていけば、
悲しいことや
うまくいかないこともあれば、
当然落ち込むことだってありますから。


でも、
それはそれでいいんじゃないですかね。


誰だってあります。



ただ、
そんな中でも、

【 楽しむ方法は
  いくらでもあると
  思います     】



私は
世界一周をしたいと思っているので、
その【 楽しみ 】のために
英語の勉強をしています。
正直楽しいです。


なんで、こんな楽しいことを
学生の時に放棄したのか
わかりません(笑)



西島秀俊さんやイ・ビョンホンさんみたいな、
細マッチョに憧れるから、
そうなった自分をイメージして、
【 楽しみ 】ながら、
こうゆう方法がいい、
あんな方法がいいって
情報を取り入れています。



ゴルフでシングルになるって
公言しちゃったから、
まあそれもそれで
【 楽しみ 】ながら、
スコアアップするための
情報を自然と取り入れています。



昼からお酒が飲みたい!!
お風呂に朝から晩まで入ってたい!!
その【 楽しみ 】のために、
時短出来る術、
効率化出来る術を
人に任せる術を
自然と取り入れています(笑)



直接的に
取り組む対象に対して
楽しむのもいいですし、



間接的に
取り組んだ先に
こうなる!ということを
イメージして
楽しむのもいいと思います。




人間の脳は、
現実とイメージの区別が出来ないんですね。



【 人間の脳はイメージ
  したことを
  経験として
  捉えてくれるんです 】



だから、
楽しんだもん勝ち(^^)v


イメージしたもん勝ち(^^)v


皆さん、

【 楽しまないと損ですよ!! 】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】「楽しむことで情報が
    入りやすくなる。 」
   を理解している航空会社。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


人は、

【 楽しむことで
  情報が入りやすくなる 】


ニュージーランド最大の航空会社、
【ニュージーランド航空】は、

この事実を的確にとらえて、
とってもユーモアのある
取り組みをしています。


そして、本人達も
とっても
【 楽しんでいる 】



皆さん、
飛行機にのる時に必ずみる、
あのビデオ。




乗客の安全を守るために
機内で流される
セーフティービデオですが、


これって一体
どれほどの人が、
真剣に見ているんでしょうか?



このビデオを
確実にみてもらうために、
画期的な取り組みを行ったのが、
この、ニュージーランド航空です。




乗客の興味を引くために
つくられた映像には、


機内クルー全員が

【 裸にボディペインティング 】

をして出演しています(笑)



でも、内容は
ごく真面目な機内設備の説明で、
いやらしさは微塵も感じません。


でも思わずみてしまいます。



まずはこちらをご覧下さい↓↓

全裸にボディペイント編
https://www.youtube.com/watch?v=IxezU4q4tFg




どうですか??(笑)

全裸にボディペイントと
聞くと、
注意が画面に向くんでは
ないでしょうか(笑)?




この映像以外にも
ニュージーランド航空は
このセーフティービデオに
かなり力を入れています。



というか、
自分達も相当楽しんでいる感じな
気がします(^_^.)



いろいろありますので、
一気に紹介します。

※全部セーフティービデオです(笑)


パラダイス編
https://www.youtube.com/watch?v=SI5Sb-z40hc


壮大なストーリー編
https://www.youtube.com/watch?v=xDQnCQlFoXc


ホビット編
https://www.youtube.com/watch?v=Rzft3yfqayM


ダンシング編
https://www.youtube.com/watch?v=SUUcbE6fOrs




ちなみにこれは別の会社ですが、
サウスウエスト航空も
かなり楽しんでいる感じです。


ラップで機内アナウンス
https://www.youtube.com/watch?v=otKnzpYJQHo




どうでしょうか?



これってまさに

人は、

【 楽しむことで
  情報が入りやすくなる 】


を意識した取り組みだと思います。


そして
【 楽しむ仕掛け 】で
人の習慣を変えたともいえます。



この取組は、


【 乗客にセーフティービデオを
  ちゃんと見て欲しい。
  という目的も達成出来る 】

し、なおかつ、

こうゆう面白い取り組みは

【 メディアも取り上げるし、
  消費者側も口コミを
  したくなる       】


ので、とても好循環ですよね(^^)


こうゆうPR力が高い会社さんは、
これからの時代、
とても優位に経営をしていくことが
出来ると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】「楽しむ仕掛け」で
   人の習慣を変えた事例
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

他にも
【 楽しむ仕掛け 】で
人の習慣を変えた事例があります。


ゴミのリサイクル率
世界ナンバーワンの国。


スウェーデン。



この国には
【 世界一深いゴミ箱 】
があります。


これによって2倍以上のゴミが
収集できるようになったそうです。


詳しくは動画をご覧下さい。

世界一深いゴミ箱↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=o0tBS9pgr_E


面白いですね!

こんなのがあったら入れたくなっちゃいます。




もう一つ。


楽しむ仕掛けが、
人の習慣を変えた事例です。


【 広告業界のワールドカップ 】

とも呼ばれる

【 カンヌ国際広告祭 】

で、優れたWEBサイトを
表彰するサイバー部門の
2010年グランプリになった
フォルクスワーゲンの事例です。


【 楽しみながら
  エコを実践しよう 】

という主張を込めたサイトを立ち上げて、
とってもユニークな実験映像を
公開しました。


その実験のテーマの1つが

「 エスカレーターを使う人を
  どうすれば階段に誘導できるか 」

というものです。


そして、
どんな実験を行ったのか?



それは、

【 階段をピアノにしたんです 】



頭柔らかいわ−・・・(笑)



実際のピアノ階段の映像はこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=2lXh2n0aPyw



岐阜にも同じようなピアノ階段があるみたいですよ↓
https://www.youtube.com/watch?v=ykiTL8RfPYE



面白いですね!



【 楽しむ仕掛け 】で
【 人の習慣を変える 】


ぜひ、参考にしてみてください。

ちなみに、
もっといろんなPRの事例が
知りたいという方には
この本がオススメです。




書籍:PR最強集団のTOPが教えるモノの広め方
著者:西江肇司
2010年10月発行


本の紹介ページ↓↓
http://goo.gl/vPKDKC


本日はここまで!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )