第96回【従業員の年収の15倍。このお金をあなたはドブに捨てているかもしれません】


【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数86人
(6月30日までに200人目標!)

いつも
本当にありがとうございます。

 

まるの鎌形です。


第96回、お届けします。


皆さん、こんばんわ!

完全に身内の話ですが、
明日は、母の誕生日です。


もう【59】です。
ということは、
次は還暦です。

早いものですね。

赤いちゃんちゃんこを
着てもらわないと(笑)


私の地元は、
名古屋ではなく、千葉。

ですので、
帰る頻度も少ないです。


生きてる内に、
何度会えるかわからないですが、

【 おめでとう!
  いつもありがとう! 】



身近な人、
当たり前に一緒にいる人ほど、
そのありがたみが薄れてしまったりしますが、

当たり前にいる人が、
突然いなくなってしまうことだってあるわけで。


だから、
今の一瞬一瞬、
大事にして、
思ったことは口にしていきたいですね。

伝えられる内に伝えましょう。

今を大切に(^^)v



ということで、
始めていきたいと思います。


そうそう、わたしく、
今度の日曜日から4日間、
速読の講師研修を受けてきます(笑)


目的は、
クライアントの経営者やリーダー、
スタッフさんに私から
速読を伝授するためです。



私自身、
速読を習って、
インプットがかなり早くなりました。

驚くほどカンタンな方法です。



時間のない中でも
インプット出来るようになったので、
得た情報によって、
ますます効率的になりました。



読書をしない人で、
大成をした人はいません。


本から得た情報が
どれほど役に立っているかは
計り知れません。


皆さんの中にも、


・本を買ったけど読む時間がない。
・1年前に買った本が何冊もある。
・1冊読むのに数週間〜数ヶ月かかるので、内容が全く入ってこない。

などなどいらっしゃると思います。


私もそうでした(笑)

ですが、

カンタンに
解消できます。


また、ご案内しますね(^^)


それでは、
本日もスタート!!


─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】従業員の年収の15倍。このお金をあなたはドブに
   捨てているかもしれません。 
【2】コーチングの神様が示す
   「危ない人」の癖
【3】ビジネスを成功させる一番の要因
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】従業員の年収の15倍。このお金をあなたはドブに
   捨てているかもしれません。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近読んでいる本で、
また面白い本がありましたので、
共有します。


市場が伸びている、
伸びていないに関わらず、

毎年のように
右肩上がりで、
業績を伸ばしている会社には、


かならず

【 優秀な右腕 】

の存在がいます。



【 優秀な右腕 】
がいることによって、

経営者は、
ますます経営者の仕事が
出来るようになります。



中には、


事業プランはある。
でも、人がいない。



そんな状況で、
事業拡大を諦めている。
もしくは、
足踏みしている経営者もいます。


もし皆さんが、


・優秀な右腕が欲しい。
・社員の尻ぬぐいばかりで困っている。
・放っておくと社員が動かなくなる。
・採用でどんな人を雇えばいいか分からない。
・大事な事業を任せられる人材が欲しい。


というようなことを考えたことがあるなら
この本は
非常に役に立つ1冊になるかもしれません。


書籍:社長の悩みがすべて解消する
   「右腕採用力」養成講座
   アメリカの成功企業が実践する科学的採用法
著者:ジェフスマート
   ランディー・ストリート
2014年11月発行



本の紹介ページ↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/1345713/XCxTQFcz/




【 優秀な右腕 】は
どんな経営者でも
喉から手がでるほど、
欲しいと思っている人材です。



しかし、問題は、
中小企業である私達に

【 「優秀な右腕」の
  人材を見つけることが出来るのか? 】


です。


答えでいうと、
見つけられます(^^)




ただ、
その努力をしている
企業は本当に一握りです。



なんとなく求人広告を出し、

なんとなく面接をし、

なんとなく採用する。





そして、
採用した後に失敗した。

と後悔する(*_*)




本当に勿体ないです。





自社の風土や考え方に合わない人間、
適正に合わない人間を
採用した時。


つまり、
間違った採用を行った時、


【 企業が被る損失は
  高くつきます   】



どのぐらいかというと、
平均して、

【 従業員の年収の
  15倍      】


だそうです(*_*)


年収300万円の社員を
1人、間違って採用したとしても、

年間で4500万円の損失です。



年収300万円の社員を
2人、間違って採用したとしたら、

年間で9000万円の損失です。



人材採用に対して、
甘くみていると、
本当に痛い目をみます(*_*)


だから対策が必要なんです。


【人】の問題は
防ぐことが出来ます。


その具体的な方法が
詳しく載っています。


防ぐ方法があるのに、
対策を講じないのは、
【怠慢】でしかありません。


全てに適用できないまでも
非常に参考になると思いますよ(^^)v


本の紹介ページ↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/1345713/XCxTQFcz/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】コーチングの神様が示す
  「危ない人」の癖
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


企業としては採用してはいけない
【危ない人】


この人たちの癖が
わかっていると
いいですよね。


P159の引用ですーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

態度や行動に表れる危険信号について、
マーシャル・ゴールドスミスほど
深く研究した人間はいないだろう。


ゴールドスミスは、かつて
「ビジネスウィーク」誌から
史上最も影響力のある
リーダーシップ開発の
実践者の一人と称された人物だ。


マーシャルは自身のベストセラー著書である

【 コーチングの神様が教える
    「できる人」の法則  】

の中で、
エグゼクティブのキャリア構築を
妨げる20の悪い癖を挙げている。


我々は、採用プロセスでは
どの癖に気を付けるべきか
ゴールドスミスに尋ねた。

以下がそのときの彼の答えだ。



【 競争に勝つこと
  ばかり気にする 】こと


私が人を採用する際に
気をつけているのは、
候補者が大したことのない
成功話を大げさに語る場合だ。


例えば、あるとき私の友人が、
子供のおもちゃを
買いに出かけたときのことだ。


彼は目的のおもちゃを買った後、
街のはずれにある店が
その半額の値段で同じおもちゃを
売っていることを知った。


そこで彼はいったんは
買ったおもちゃを店に返却すると、
わざわざ街の反対にある店まで
車を走らせ、
安くそのおもちゃを買った。



彼はいわゆる勝者になったわけだ。
だが実際は、
たった10ドルを節約するために
自分の貴重な時間を
2時間も費やしたのだ。



そこまでして
勝ち負けにこだわるような
候補者には気を付けたほうがいい。
なぜなら、そんな人物は
他愛もないことで
あなたやあなたの同僚と
争う可能性があるからだ。



ここまで引用ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


その他にも
【危ない人】の癖が
具体的に語られていますが、
一部抜粋するとこんな感じです。


・付加価値を付けたがる人

・面接中、「いいえ」
 「しかし」「とは言っても」
 といった言葉で会話を始める人

・自分は賢いと吹聴する人

・元同僚を酷評する人

・責任転換する人

・言い訳をする人

・「それが私」と主張したがる人




たしかにこんな人達は
要注意です(*_*)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】ビジネスを成功させる一番の要因
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


P196の引用ですーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本書のためのリサーチに
参加してくれた400人以上ものCEO、
ビジネスの成功者、
その他の成功を収めているリーダー達は、
理論家というわけではない。


彼らは人生をビジネスの第一線で過ごし、
成功を掴んだひとたちだ。

彼らは

【 ビジネスで起こる問題や
  チャンスはどこで
  見つけることができるか 】

を熟知している。

我々は、
彼らのビジネスが成功した
一番の要因は何かと尋ねてみた。

すると、

 【 マネジメントの才能 】

がその半分以上の理由を占めると
彼らは答えた。


その他の要素で
回答の20%を占める回答は、
「任務遂行能力」のみだった。

「戦略」はそれよりも少ない回答で17%。

その他の要因としては、
例えば金利などの「外部要因」が11%だった。


これらのデータを統括して考えてみると、
彼らのメッセージはこれ以上明確になりようがない。

マネジメントの才能がなくては、
「困難」という荒波に直面し続けることだろう。

マネジメントの才能がなければ、
あなたの「物事」の問題はエンドレスに続く。

本当の問題は何なのかを正しく理解すれば、
晴天と、穏やかな波と後悔を楽しめる。

【 正しい「人材」は
  あらゆる問題を解決してくれる 】


ここまで引用ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


どうでしょうか?


【 マネジメント 】


超大事です。




結局ビジネスは
人なんですよね。



だから【人を動かす】
ことが出来る人が勝つ。


では、

どうすれば人が動くのか?

どうすれば人は、自発的に考えるのか?


そういう【マネジメント】を
きちんとわかっている
経営者が勝つということ。


ちゃんと勉強していますか??

練習しないと上手くもなりませんよ。


本の紹介ページ↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/1345713/XCxTQFcz/



本日はここまで!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )