愛されたい!なら日本史に聞こう

本の紹介ページ↓↓

http://urx2.nu/fLZ7


書籍:愛されたい! なら日本史に聞こう――先人に学ぶ「賢者の選択」
著者:白駒 妃登美

2014年9月出版

 

今回は、
"博多の歴女"こと

白駒妃登美さんの本をご紹介。


私もかなり、

歴史好きなんですが、

白駒さんならではの視点で、

歴史上の人物達がどう生きていたのか?

が語られていて、本当に勉強になります。


そして、吉田松陰や、坂本龍馬、

豊臣秀吉がなぜ愛され続けたのか?


コーチングにも通ずる、

【自己重要感を満たしてあげる】

【承認してあげる】


天下統一を果たした人間、

時代を動かした人間達が、

こういったことを意識していたことに、

自分がやっている

コーチングがさらに重要なことだなー。と

感じれる一冊です。



経営者として、

人を動かしていく、まとめていくためには

きっと大切なヒントがたくさんあると思いますよ(^^)



以下は文頭3,4ページの引用です。



ここから引用=======================


2011年6月、ひすいこうたろうさんとの共著で、

『人生に悩んだら「日本史」に聞こうー

幸せの種は歴史の中にある』という本を出版させていただきました。


日本人の夢の叶え方や粋な生き方、

絆の紡ぎ方など、私達日本人が幸せに生きるための

ヒントとなるさまざまなエピソードを集めた一冊で、

私にとっては目に入れても痛くないほどかわいい、

初めての著作です。


この本は、おかげさまで多くの方に愛され、

応援され、私は全国から講演のご依頼を頂くようになりました。


「歴史は今まで嫌いだったけれど、この本を読んで興味がわきました」

「白駒さんが歴史の先生なら、もっと歴史を好きになれたのに・・・」


講演後の懇親会では、

このようなありがたいご感想をいただくことが多いのですが、

『人生に悩んだら「日本史」に聞こう』という

タイトルの影響か、人生相談にのることもしばしば。

そして人生相談の中で圧倒的に多いのが、

人間関係についての悩みでした。


歴史上の人物たちにも、

当然、同じような悩みはあったはずです。


彼らだって私たちと同じ生身の人間なのだから、

人間関係に悩み、人とのかかわりあいの中で

成長していったのではないか。


それは歴史の表面にはなかなか現れてこないけれど、

現地に足を運んだらヒントが得られるかもしれない。


そんな視点から、

講演で訪れた土地の歴史館や資料館に足を運び、

地元で愛される先人たちの足跡をたどってみました。


その成果をまとめたのが、本書です。

彼らは、なぜあんなにも愛され、応援されたのか。

その”愛され上手”たちの秘密を知れば、

恋愛や結婚はもちろんのこと、仕事にも、

きっといい影響があるでしょう。


女性だけではなく男性にも、

人間関係で悩んでいる方はもちろん、

もっと自分の魅力を輝かせたい方、

さらに人間関係を深めていきたい方に、

本書を手にとっていただけたら嬉しいです。


前著にも書きましたが、

私は2010年夏に大病を患い、

一時は死を覚悟しました。


そのとき考えたのは、当時まだ小学生だった娘と息子に、

親として限られた時間の中で何を遺せるか、ということです。


学校の成績なんてどうでもいい、

とにかく周りの人から愛され、

応援される存在になってほしい・・・。

それが、死を前に私が子どもに求めた唯一のことでした。


その後、ありがたいことに病気が快方に向かい、

私は今も元気に生かされています。

あれから4年、

「愛され、応援される存在になること」が、

生きる上で最も大切だという思いは、日々、深まっています。


今回、歴史上の人物たちの力を借りて、

子どもたちに伝えたいことをこうして一冊の本に

することができました。

とてもありがたく幸せに思います。


======================ここまで引用



どうでしょうか?


男性は感謝されたい。

女性は愛されたい。


そんな愛と、感謝に関することも、

とってもわかりやすく語られています。


まるの経営理念でもある

『愛と感謝で世の中をまるくする』

という考えにもとてもマッチする本です。


吉田松陰、坂本龍馬、豊臣秀吉・・・

彼らが歴史に名前を刻めたのは、

男にも、女にもモテたから。


是非一度、

読んでみてください。



書籍:愛されたい! なら日本史に聞こう――先人に学ぶ「賢者の選択」
著者:白駒 妃登美

2014年9月出版

http://urx2.nu/fLZ7