第82回【中小企業が失敗しないための人材採用のコツ Vol.6】


【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方や、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数74人
(12月31日までに150人目標!)


いつも
本当にありがとうございます。

 

まるの鎌形です。


第82回、お届けします。


みなさんこんにちは!!

昨日の雪は大丈夫でしたか??



最近、体験型の消費って
本当に増えてきてますね。


最近では溶接女子。
ってゆうのが増えているそうです。

溶接女子記事1
http://urx2.nu/fnkI

溶接女子記事2
http://urx2.nu/fnlg

これはまさに、
以前のメールマガジンで、
消費者がモノを買うパターンは3つある。
と上げた中の「自分らしいから買う」
という消費です。

以前のメールマガジンはこちら
http://urx2.nu/fnkx


溶接で自分らしさにお金を払う。

今はネットでいろんな国のものも買えるし、
お金を払えば、どんなものでも買える時代。

だから、
お金を払って買えるものへの興味は薄れ
最終的には自分らしさを求める。

どこの国にもない、
自分だけのオリジナルの商品を欲しい。
というニーズで、
溶接をされる方が多いそうです。

これってまさに
「自分らしいから買う」消費ですよね(^^)


また、溶接によって、
ジ、ジ、ジと
火花を散らしながら行う作業が、
日々のストレス解消に良いと
行っている人もいらっしゃるそうです。


ちなみに溶接女子の中には
溶接機までを購入してしまうそうですよ。


さすが。

あきらかにマーケティングで、
顧客を誘導し、育てています。


溶接体験を打ち出している会社
スター電器製造株式会社さんが
企画している「溶接人」というサイト。
↓↓
http://www.welder.co.jp/



ここの会社のやり方は
とても参考になります。

まさにニッチを広げる戦略。

皆さんも、
ユーザーに単純にものを売るだけではなく、
どうやったら「体験」してもらえるか?
どうやったら「自分らしいから買う」消費を
してもらえるか?


考えてみても
面白いとおもいますよ(^^)



そんなこんなで
本日もスタート!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】【出来る人財】【優秀な実行者】を採用するためのコツ
   ⇒コツ1、採用活動で確認すべき、
    【意識】と【思考】を絞り込む
   ⇒コツ2、確認したい【意識】と【思考】を見極める為に、
    【経歴書を隅から隅まで丁寧にみて
    確認の仕方を事前シュミレーションする】
   ⇒コツ3、面接では見極められないことが
    あることを知っておく
   ⇒コツ4、別の方法も含めて
    情報をたくさん集める
─・──・──・──・──・──・──・

今回も前回に引継ぎ、
中小企業が失敗しないための
人材採用のコツをお伝えしていきます。

前回、
【意識】と【思考】が
高いのか、低いのかによって、
ざっくり分けると
4種類の人財に分けることが
できるということ。

そして、
■■■■■■■■■■■■■■
【会社と同じ方向に向かって
一生懸命頑張ってもらえるかどうか。】
という意識の高い人を採用すること。
■■■■■■■■■■■■■■


これが重要である。
ということを
お伝えしてきました。


↓前回のメールマガジンはこちら
http://urx2.nu/fnmI


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】【出来る人財】【優秀な実行者】を採用するためのコツ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


前回に引続き
採用を成功させるためのポイントを
お伝えしていきます。


前回、お話した図の復習です↓↓
http://urx2.nu/fgCU


人材採用を成功させるためには、

■■■■■■■■■■■■■■
【会社と同じ方向に向かって
一生懸命頑張ってもらえるかどうか。】
という意識の高い人を採用すること。
■■■■■■■■■■■■■■


です。

つまり、
図の中で言えば、

意識は高いし、思考も強い
【出来る人財】



意識は高いけど、思考は弱い
【優秀な実行者】


このタイプの人たちを
採用したいわけです。



ただ、割合で言えば、
【出来る人財】は残念ながら一握り。


多くを占めるのは、
【優秀な実行者】です。



思考が高いからといって、
意識の低い【管理の必要なメンバー】を
採用してしまっては、
後々苦労することになるかもしれません。


だから、見極めが大事な訳です。


今日は、
【出来る人財】
【優秀な実行者】
を採用するためにはどうすればいいのか??


前回の復習、重複する部分もありますが、
大体この4つです。


■■■■■■■■■■■■■■
コツ1
採用活動で確認すべき、
【意識】と【思考】を絞り込む
■■■■■■■■■■■■■■


■■■■■■■■■■■■■■
コツ2
確認したい【意識】と【思考】を
見極める為に、
【経歴書を隅から隅まで丁寧にみて
確認の仕方を事前シュミレーションする】
■■■■■■■■■■■■■■


■■■■■■■■■■■■■■
コツ3
面接では見極められないことが
あることを知っておく
■■■■■■■■■■■■■■


■■■■■■■■■■■■■■
コツ4
別の方法も含めて
情報をたくさん集める
■■■■■■■■■■■■■■





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コツ1、採用活動で確認すべき、
   【意識】と【思考】を絞り込む
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


コツ1に関しては、
前回のメールマガジンを
ご確認下さい。
http://urx2.nu/fnmI


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コツ2、確認したい【意識】と【思考】を見極める為に、
   【経歴書を隅から隅まで丁寧にみて
   確認の仕方を事前シュミレーションする】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回も少し触れましたが、
もう少し、この部分に触れます。


本当に、準備、大切ですよ(*_*)


ここの事前シュミレーションが
できていなければ、
相手を見極めることは出来ません。



僕はずっと
営業をしてきましたが、
営業も準備が8割です。


【採用も、準備が8割】
といっても過言ではありません。


面接会場について、
そこではじめて経歴書に目を通す。

採用面接の5分前に
経歴書に目を通す。


こんなことをしていては、
良い面接が出来るはずがありません。



手元にないから
経歴書を見ることができないっすわ(*_*)


なんて出来ない理由も
聞こえてきそうですが、
そんなのは、
求職者に事前に送って貰えば
済むことです。



例えば、こうゆう事前準備をしない方が
起こしてしまう失敗はこうです。

へぇ〜!
君は甲子園に出場したことがあるんだ!!
すごいじゃん!!


この時の求職者の気持ちは、、、、
【はい、いらっしゃ〜い♪】


です(*_*)


だって、求職者さんは
このことを話したくて仕方ないんですもん。



でも、待って下さいね。



甲子園にいった人だって、
それがキャプテンとしてチームを引っ張っていったのか、
補欠だったのか、はたまた補欠要員にも
なっていなかったのか。

もしくは、
一生懸命に人生をかけて取り組んできたのか。
一時は辞めようと考えたのか。
ただ、なんとなーく在籍していただけなのか。


そんなことは
わかんないわけです。



だから、
根堀り葉掘り聞いていくことをしないと、
本当の情報は入ってこないんです(*_*)


たくさんの情報がはいって、
初めて、
点と点がつながって、
その人の【意識】とか、
【思考】が見えてくるんです。


その為には、
【敵を知る】

ぐらいの気持ちで、
取り組まないと、
見極めることは、
到底ムリです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コツ3、面接では見極められないことが
    あることを知っておく
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

例えば、
うちの会社で働く場合、
絶対に、手の器用さが
必要なんだよね。


不器用な人が来ちゃうと、
今回の採用は困っちゃうんです・・・。


こんなケースがあったとしたら・・・


正直、面接では
わかんないです(苦笑)


不器用かどうかなんて
面接では分からないです。


だから、面接以外の
他で見なくちゃいけないわけです。


おそらく、
このケースで一番いいのは、
【実際に仕事をやらせてみる】
ということですよね。


でも皆さん、
やらせないですよね?


採用試験の時に、
仕事をやらせないですよね?




もったいない。



ちょっとやらせれば
いいんですよ。



特に、
作業者として欲しい時とか、
今回のように手先が器用なのかを
確認したい時、
あとは、
非常にイレギュラーなことに
対応してもらいたい時などには、
こういった【突然何かをやらせてみる】という
方法をとってみると良いんです(^^)


それがコツ4につながっていきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コツ4、別の方法も含めて
    情報をたくさん集める
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

面接以外の手法例をいくつか
あげていきます。

例えばこんなものです。

・価値観シート

・読解力問題

・筆記試験

・グループディスカッション

・ロールプレイング

・足の向き、足の組み方で意識を確認する

・モチベーショングラフ



最近、特にオススメしているのは、
この2つです。



モチベーショングラフ
http://urx2.nu/fnLL



価値観シート
http://urx2.nu/fnLF





印刷出来るデータが欲しい方は、
このメールにご返信下さい。

データをお送りします。





まず、【モチベーショングラフ】
http://urx2.nu/fnLL


これは、縦軸に
意欲が高かった時と、低かった時

それから
横軸に子供の頃から現在にかけての年月で、

モチベーションの推移を書いて下さい。
というものです。

実際にやってみるとわかるんですが、
情報を得るのには非常に良いツールです。

コツとしては、

下がった時に何がありましたか??
をきっかけに話をすることが出来るんです。

あとは、
上がった時になんで上がったのか??

を聞くことも出来ます。



そして、意外と多いのが、
下がった時にすごくどん底まで
下がっているんだけど、

実際に話しを聞いてみると、

えっ!?そんな小さなことで、
落ち込んじゃうの!?

というようなことが分かったりも
するわけです。



ですから、
非常に有効なツールです。



ただしですね。
突然このモチベーション・グラフを使っちゃうと、
【なんか有るんだろうな!?】と
勘ぐられてしまいますので、
アンケートなどと一緒にとってみたりすると
良いと思います。

もしくは、
面接者である自分が、
先に自分のモチベーショングラフを
公開して、模範を見せるとか。

この情報には守秘義務があり、
外には決して
漏らすことはないので、
安心して書いて下さい。
などの安心、安全への配慮も重要です。


そういったことを
少し工夫していただきながら、
進められると良いと思います。


面接では発見できない、
ツッコミどころを確認できますよ!



それともうひとつが、
【価値観シート】です。
http://urx2.nu/fnLF


これは見てのとおりです。

取り敢えず12個挙げてみました。

信頼 ■同僚・上司・部下・顧客から頼りにされること
承認 ■同僚・上司・部下・顧客から認められること
達成 ■仕事をうまくやり遂げたという達成感
自由 ■仕事のやり方・進め方を自分で決める自由
成長 ■自分の人格・人間性を高めること
   ■スキルアップすること
責任 ■自分の業務・成果について任務や義務を追うこと
貢献 ■組織(同僚・上司・部下)や顧客の役にたっているという実感
名誉 ■周囲から高い評価を得ること
家族 ■家族と一緒に過ごす時間とその充足感
金銭 ■仕事で得られる報酬
変化 ■同じ状況が続くよりも、変化することを好む
安定 ■安定的な状況が確保されていることを好む


この中から、
自分が大事だなー。と思う価値観に
◯をしていただきます。
(複数可)


もちろん、
求職者が正確な情報を書いてくれるか?
というと、
それもわかりません。

でもいいんです。
情報をなるべくたくさん取ることで、
その人の【思考】や【意識】が
見えてきます。


例えば、
【変化】【安定】などに関しては
結構仕事に影響する価値観ですよね。


地道な作業を
永遠と行って欲しい仕事内容なのに、
【変化】が価値観として非常に高い人だと、
ちょっと「ん?」って
なりますよね。


もちろん、
これで、全てを決めないといけない
というわけではありません。


経歴だったり、
モチベーショングラフだったり、
面接時の会話だったり、
とにかくいろんな情報を集めてその中から、
その人の【思考】や【意識】を把握するための
あくまでもツールの一つです。


こんなことも
工夫です。


あと、これは
今日は詳しく紹介しませんが、

【文章を完成させなさい】

というような情報の取り方もあります。


例えば、


【親】とは?


【親友】とは?


【仕事】とは??


【愛】とは??


などについて
空欄の紙に、
その人が思う答えを書いてもらうんです。


読解力は必要ですが、
これがまた新しい情報を取るには
適しています。


へえ〜
こんなこと書く人がいるんだ〜
感心感心♪


という人もいれば、


うへー
なんかこの人危なそうだな〜
こわいこわい(-"-)


なんてことが
わかったりするもんです(^_^;)



ぜひ一度、
試してみてくださいね(^^)



とにかく、
面接以外に、
情報を取るすべを持っておくと
人材採用の精度は
もっともっとあげていけますよ。


そして、
そのためには、
人材採用にも
【時間】を確保すること。


時間がなければ、
もう一度、
優先順位の付け方、
仕事の任せ方を
考えなおして
みて下さいね。




本日はここまで!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )