第81回【中小企業が失敗しないための人材採用のコツ Vol.5】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方や、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数74人
(12月31日までに150人目標!)


いつも
本当にありがとうございます。

 

まるの鎌形です。


第81回、お届けします。


みなさんこんにちは!!


今日はとっても寒い。
先日、タイ古式マッサージを
初体験しました。


自分の身体とじっくり向き合う。

というそんな初体験をして、

自分の身体が
ここまで曲がらないものなのか(苦笑)

と実感しました。


この
【自分の身体とじっくり向き合う。】

って、
僕がやっている
コーチングにすごく似ているなー。

と思いました。

善悪はなく、
まずは受け入れて、気づく。


自分と向き合って
気づいたことなので、
必然的にやる気でます(笑)


筋トレをストレッチメインに
変えていきます(^_^;)


猪飼さん
有難う御座いました\(^o^)/


皆さんも自分の身体と
向き合ってみてはいかがですか??

パドマニリシェのホームページ↓↓
http://padmani-riche.com


そんなこんなで
本日もスタート!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】最も問題を起こしやすい人のタイプとは??
   会社の宝となるタイプとは??
─・──・──・──・──・──・──・

今回も前回に引継ぎ、
中小企業が失敗しないための
人材採用のコツをお伝えしていきます。

前回、
【失敗しない採用の為のポイント4】は、

■■■■■■■■■■■■■■
人間誰でも、
人を見る時のクセがある。
ということを知っておくこと。
■■■■■■■■■■■■■■

■■■■■■■■■■■■■■
自分の目を疑うこと。
■■■■■■■■■■■■■■

これが重要であるということ。


また、

■■■■■■■■■■■■■■
部下のポテンシャルは
「考え方、ものの見方」
【意識】と【思考】の差
■■■■■■■■■■■■■■

で決まるということを
お伝えしてきました。


↓前回のメールマガジンはこちら
http://urx2.nu/fgxI



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】最も問題を起こしやすい人のタイプとは??
   会社の宝となるタイプとは??
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財を見極める上で、
この図を頭に入れておくと、
見極めるポイントに
なるかもしれません。


【意識】と【思考】が
高いのか、低いのかによって、
ざっくり分けると
4種類の人財に分けることができます。


その図がこちらです↓↓
http://urx2.nu/fgCU


一つひとつ説明していくと、

左上の
思考力が強くて、意識の高い人は、
【できる人財】です。

人材ではなく、
まさしく財産の人財となる人です。

会社の宝のような人財です。


右下の
思考力が弱くて、意識の低い人は、
【困ったメンバー】です。


何をさせても、何をやっても
んー、うまくいかないぞ(-"-)
というタイプ。



この2つのタイプは
実は大多数ではありません。
数の少ないタイプです。



組織において大多数を占めるのは、
以下の2つのタイプです。


右上の
思考力が弱いけど、意識の高い人、
【優秀な実行者】




左下の
思考力が強いけど、意識の低い人、
【管理の必要なメンバー】です。




さて、
皆さん。




この中でどの人財が一番、
問題を起こしやすいと思いますか??




一度、考えてみて下さい。



・・・・・・・・・




答えは



左下の
思考力が強いけど、意識の低い人
【管理の必要なメンバー】です。




意外だなー。と思われる方も
いらっしゃるかもしれませんが
実際そうなんです(*_*)





ここでいう
意識の高い、低いは、

【会社と同じ方向に向かって
一生懸命頑張ってもらえるかどうか。】
ということです。



なので、
そうゆうことに対する意識が低い、
左下の【管理の必要なメンバー】は大変です。



例えばこんなことがあります。


何かをやらせてみました。



そうしたらそれがハマった。



そして素晴らしい結果を残した。



頭いいなー。あいつ!



次も任せた。



「あれ?」っていう残念な結果しか残らなかった。




こうゆうことって
実はかなりあるんです(*_*)


これって
意識の低さによって
招きだしてしまった結果だったりします。


先ほど、
意識というのは、
【会社と同じ方向に向かって
一生懸命頑張ってもらえるかどうか。】
ということだとお伝えしました。



先ほどの図(http://urx2.nu/fgCU
では組織人としての意識を示していますが、

実は意識というのは他にもあって、
それは【本人自身の興味関心】
という意識です。


なので、
先ほど言った
何かを任せて素晴らしい結果を残した。
という結果は、


たまたま、その人の
興味関心がその仕事にあっただけかもしれません。


もちろん、その人には
高い思考力があるので、
興味のある仕事に対しては
とんでもなく高いポテンシャルを発揮します。


だけど、

次に与えられた仕事は
全く興味を持たなかった。


そうすると、
この人達は
思考力の強い人達なので、
うまーくやらなかった理由とか、
出来ない言い訳を
述べるようになります(*_*)



だから一番問題の多い人のタイプで
あったりするわけです。


まさに【管理の必要なメンバー】です。



すこし具体例をお話すると、

例えば、【掃除すること】を
経営理念や行動指針として
大切にしている会社があったとして、

その中に
思考力が高く、営業成績も
非常に高い優秀な営業マンがいたとします。


でも、その人、
掃除が嫌いでした。

だから掃除は全くやりません。

でも売り上げは人の何倍も取ってくる。



皆さんなら、
こうゆう方をどう対処しますか??


売り上げは取ってくるから
まあ大目にみよう。
と目をつぶりますか?



それとも、


意識が低いということで
やめてもらいますか?






これで、大きく組織の雰囲気は
変わりますよ。




前者の状態で突き進んでいくと、
そのうち必ず組織に問題が起きます。


だって、
■■■■■■■■■■■■■■
【会社と同じ方向に向かって
一生懸命頑張ってもらえるかどうか。】
という意識よりも
【売上】を大事にしてしまっているんです。
■■■■■■■■■■■■■■


これでは上手く行きません。


会社と同じ方向に向かって
一生懸命頑張っている周りの社員さんからの
不満を蓄積していくだけです。


売れれば、何してもいいのか。
売れれば、会社のいうことは聞かなくていいのか。


そんな不満で溢れかえった
職場になります。



皆さんの会社の中でも
頭良さそうだな!!と思う人がいたら、
その人の仕事の出来のムラを
是非注意して見てみて下さい。



あ、ムラがあるなー。
と感じる人がいたら、


その人の
【組織人としての意識】は
低い可能性が高いといえます。




反面、

組織人としての意識が非常に高い人。

僕は一生懸命会社のためにがんばります!!

でも、なかなか成果につながってこない。

お前〜もうちょっと考えろよ〜(苦笑)



ってゆう人。

居ますよね(笑)?


この人は、自分で何か考えて
組み立てることができないにしても、
ちゃんと会社が仕組み化したりすると、
ものすごーく【優秀な実行者】になります(^^)


僕はこうゆうタイプ、
かなり好きです。


一生懸命だから、
皆応援したくなりますよね。


思考力が弱いけど、意識の高い人、
【優秀な実行者】



そんな人は、
ぜひ大切にしてあげてくださいね。



そして、
ここまでお話して
お分かりいただけたと思いますが、
採用では、
この人財の【意識】レベルというのが
非常に重要なわけです。


■■■■■■■■■■■■■■
【会社と同じ方向に向かって
一生懸命頑張ってもらえるかどうか。】
という意識の高い人を採用すること。
■■■■■■■■■■■■■■


これが採用を成功させるコツです。



だから、
会社がどの方向に進んでいくのか?
という経営理念や行動指針はとても
大切になりますし、

それがそもそもなければ、
意識の高いも、低いも
測ることができないわけです。


そして、採用活動では
かならず確認すべき
【意識】と【思考】を
絞り込むことです。



第78回のメールマガジンの内容にも繋がりますが、
http://urx2.nu/fgJO

■■■■■■■■■■■■■■
どんな人を採るのか、
どんな人を採らないのか、
という設定がされていなかったり、
その設定があいまいなこと。
■■■■■■■■■■■■■■

と同じです。


ちゃんと準備して、
採用にあたりましょう。



そして
その人の過去に起こってきたことを
紐解きながら、
その人の【意識】と【思考】がどうなのか。
ということを推測していかないと
いけません。


そのためには、
事前に、面接者さんの
情報を隅から隅まで見ておくことも重要です。



言い方が厳しいかもしれませんが、
【敵を知る】ぐらいのつもりで、

この人の【意識】と【思考】を
精度高く推測する為に、
面接で何を聞いていくのか?
どう聞いていくのか?


ということをちゃんと
シミュレーションしておくことが
重要ですよ。


履歴書を事前に確認もせずに
面接にあたるなんて、
何の武器も持たずに
戦争にいくのと同じぐらい
危険なことですからね!!


すぐ即死しちゃいますよ^^;


と、本日はこのぐらいにて、
また次回につなげたいと思います。


本日はここまで!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )