第80回【中小企業が失敗しないための人材採用のコツ Vol.4】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方や、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数71人
(12月31日までに150人目標!)


いつも
本当にありがとうございます。

 

まるの鎌形です。


第80回、お届けします。


みなさんこんにちは!!


最近、ご縁を頂いて、
コーチングでの実績は20年以上の大先輩、
丸ちゃんこと、マルタ二コーチに
コーチングを行って頂くことになりました。


マーチングバンドからコーチへの転身という
異色の経歴で、実績もさることながら、
空気感が似ていて、
本当にこれからが楽しみな
今日このごろです。

何よりも、名前が「まる」です(笑)

こういったご縁を
大切にしたいと思います。


自分自身は、
日頃から、経営者の皆さんに寄り添って、
コーチングをして、
答えや目標を見つけるお手伝いをして、
その目標に向かう上での問題解決を
一緒にしていく。といった、
常に【客観的な目線】を求められる
仕事をしています。


人間誰しもそうだと思いますが、
他の人には客観的な目線で見れても、
いざ自分のこととなると...
なかなか客観視できない。


まだまだ甘い。


だから、
さらに自分を【客観的な目線】でみて、
本当にやりたいことや、
直感を大切に出来るように。
自分自身をもっと成長させるために
コーチングを受けます。


丸ちゃんは
大阪、関西を中心に活動されています。
関西圏の方はぜひ、ご相談されると良いと思いますよ(^^)
マルタ二コーチのホームページはこちら
http://www.inside-design.jp/


そんなこんなで
本日もスタート!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】人間誰でも、人を見る時のクセがある。
   ということを知っておく。
【2】部下のポテンシャルは
  「考え方、ものの見方」の差で決まります。
─・──・──・──・──・──・──・

今回も前回に引継ぎ、
中小企業が失敗しないための
人材採用のコツをお伝えしていきます。

前回、
【失敗しない採用の為のポイント3】は、

■■■■■■■■■■■■■■
「選ぶ」のではなく、
むしろ「落とす」ことを
優先できるぐらいの心構えや状況を
作ることが大切です。

そして合否ラインを強く意識して
あら探しをするぐらいの姿勢
■■■■■■■■■■■■■■

が必要である。

ということや、
そのために今のうちから、


【応募者を増やす努力】



【応募者をすぐに決めなくても
焦らずにすむタイミングや状況で
採用活動を行う】

ことが重要。
ということを
お伝えしてきました。


↓前回のメールマガジンはこちら
http://urx2.nu/f8um



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】人間誰でも、人を見る時のクセがある。
   ということを知っておく。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【失敗しない採用の為のポイント4】は、
これです。



人を見る目に自信を持っている人。
こういう人は結構多いと思います。


文頭の【客観的な目線】の話で言えば、

他の会社のことに関しては、
【客観視できた】としても、

これがいざ、自分の会社のこととなると、
【客観視できない】


なんてことは、
実際多いんですね(*_*)


さらには、
自分では【客観視出来た】と
思っていても、
実は落とし穴があります。


これは全ての人に当てはまるわけでは
ないと思いますが、

■■■■■■■■■■■■■■
人間誰でも、
人を見る時のクセがある。
ということを知っておくこと。
■■■■■■■■■■■■■■

これが重要です。

人によって、
いろいろな人と接してきた経験も違うし、
その人の考え方や価値観も違う。


だから、

こうゆう人が好き(♥_♥)

だったり、

こうゆう人が嫌い(×_×)

というタイプがありますよね。



異性のタイプを考えると
わかりやすいですが、
皆さん、好きな人が違いますよね?


それと同じです。


だから、
なんかこの人好きだなー。
という好感を持てると、
すごくポジティブにとらえてしまうことが
あるんですね(*_*)



でも、その印象だけで
判断してしまうと、

例えば
安全を担保する仕事で、
ミスの少ない人を採用したい場合に、
その人が
【ケアレスミスをしない人】か
どうかはわからないわけです。


特に、ポジティブに判断しそうな時は
要注意です。

■■■■■■■■■■■■■■
自分の目を疑うこと。
■■■■■■■■■■■■■■

が大事ですよ。



さらに注意したい人の見方の傾向として
もう少し具体的なお話すると、


こんな言葉を聞いたことがあると
思います。


・ハロー効果

何かひとつ良かったり悪かったりすると、
実際以上に良くみたり、悪くみたりすること。


返事や挨拶が元気だから、
コミュニケーションも得意だし、
気遣いも出来るし、
人を思いやる心を持っている人だろうな。とか、


逆に
返事や挨拶が元気ないから、
コミュニケーションは苦手だし、
気遣いも出来ないし、
人を思いやる心は持っていないだろうな。


なんてふうに、
一つのことをふくらませて
認識してしまいます。



・論理誤差

関連がありそうな項目を、
推測で判断してしまうこと。


この人はこんな事が
出来るんだったら、
他にもこんなことや
こんなことも出来るんだろう。
と推測で判断することです。



・対比誤差

自分自身と比較して判断してしまう。

これは多分いちばん多いです(*_*)


例えば、
自分がずっと野球をやってきたとして

君もずっと野球をやっていたのか!!
じゃあ君もおそらくチーム思考が強いだろう!?
なあ!?そうだろう!


とか、


自分がずっと動物を飼ってきたとして

君は動物を飼っているのか。
じゃあ君もおそらく命を大切に出来て、
愛情が強くて優しい人なんだね。
そうなんでしょう。


なんていうことです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】部下のポテンシャルは
  「考え方、ものの見方」の差で決まります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

部下のポテンシャルって
どんな構造で決まるのか?
仕事の出来を決めるのは何か?


というと、
答えは

■■■■■■■■■■■■■■
部下の
「考え方、ものの見方」の差です
■■■■■■■■■■■■■■


例えば、
周りからは、
ほとんど同じようなレベルみえていた
新入社員が二人いたとします。


同じ職場、同じ時期に
入社した同期です。


でも、
3年たったら、
二人のレベルは
雲泥の差になっていた。


なんてことはよくありますよね(*_*)



例えば、
同じ人でも、
上司によって
才能が開花したりしなかったり。

なんてこともありますね。


それと、
多くの成功者と言われる人たちの
講演会やセミナーなどを
聞いていて思われることが
あると思います。


とてつもなく大きな逆境があったんだけど、

【いや、これには何か意味があるんだ!】

と捉えて、乗越えてきた。


失敗を乗越えて、
成功した人は、
皆さん、こんなことを言いますよね。



つまりこれらって

■■■■■■■■■■■■■■
「考え方、ものの見方」の差
■■■■■■■■■■■■■■

なわけです。


ここで、
【採用の基本】をお伝えします。


この基本を知らずに
面接を行っても、
なかなか人を見極めることが
出来ません。


以下の図をご確認下さい。
http://urx2.nu/f8D4



この図は、
人の考え方、ものの見方の
構造を記載した図です。


人は、まず
周りからいろんな情報を
【インプット】します。


そして、
それらの情報を
【思考】や【意識】を
使って、
【加工】をします。


そして、
行動や言動となる
【アウトプット】をします。


これが一連の流れです。


そして、皆さんが見えるのは
【アウトプット】だけです。


その人が
どんな情報をインプットしているのか?
情報を元にどんな思考をするのか?
どんな意識を持っているのか?
そして、どうやって加工しているのか?

などは見えません。

ですので、
採用者は、
【アウトプット】されたものだけで、
見えない部分を推測しなければいけません。


これが採用の基本です。


この基本を抑えていないと、

人のポテンシャルは
「考え方、ものの見方」である
【思考】【意識】の差で決まるのに、
それらの要素を見極めた
採用をすることは出来ません(*_*)

しっかり基本は抑えておきましょう(^^)



特に【意識】は、
子供のころなどに母親から受けた影響とか、
父親から受けた影響、
長年かけていろんな経験をしたことで、
受けた影響で作られます。

だから、本人も【無意識】という
場合が多かったりします。


ほぼほぼ9割は
【無意識】と言われています。


無意識の領域だから、
余計に採用者からすると
見極めるのが
困難になってきます。


そして、
採用面接の際に、
語ってもらう【アウトプット】は
意識で作ったものです。

いわゆるアピールポイント。

いかに自分を良く魅せようか。
ということを一生懸命、時間をかけて
考えて、作ってきたものです。

だから余計に
わかりにくくなりますよね(*_*)



こうゆう前提があるということを
ご理解いただけたら幸いです。


採用って奥が深いですね(笑)


とまあ、
今日はこのぐらいで、
また次回、中小企業が
失敗しないための人材採用のコツ
第5弾をお伝えいたします。


次回は、
採用を成功させるためのコツや
【意識】と【思考】が
高いのか、低いのかによって、
ざっくり分けると
4種類の人財に分けることができる。

などの、人財を見極める上で、
知っておくと良い
方程式をお伝えいたします。


本日はここまで!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )