第76回【「集中力」を持続させる30分仕事術】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方や、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数64人
(12月31日までに150人目標!)


いつも
本当にありがとうございます。

 

まるの鎌形です。


第76回、お届けします。


みなさんこんばんは!


ようやく、
まるのNewロゴマークが
ほぼほぼ、
出来上がって参りました。


なかなかいい感じの
「ゆるさ」を醸し出しています(笑)


近日中には
公開したいと思います。


さて、それでは本日も
スタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】「パンク状態」で思考していませんか?
【2】「集中力」を持続させる30分仕事術 
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】「パンク状態」で思考していませんか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

経営者の場合は、
未来を見据えて考える時間。

というのが非常に大事ですよね。

もちろん、
未来を見据えて考える時間以外にも、
何か企画を考える時間、
アイデアを出す時間、
目の前の問題を解決する時間、


とにかく、
脳みそをフル回転して
考えなければいけないことが
日常には多数あります。



サラリーマン時代、

とくに若い時の私の仕事術は
「質より量」でした。


だから、
答えが出てくるまで、
永遠と思考します。


何度、会社で日をまたいだことか・・・。
その数は数えきれません・・・(苦笑)



当然いつの間にか、
集中力は切れ、
ただただ、ぼーっとする。


そんな時間が
一日の中で、
どれほどあったか(笑)


まだ時間はある。

まだ時間はある。


そんなふうに
余裕をかましては、
全くもって仕事がはかどらない日が
たくさんありました(*_*)


今考えると、
とってももったいないことを
していたなー。と思います。


もちろん、
思考する時間も、実務を行う時間も、
量をやってきたから質が高まってきた。
ということは間違いないのですが、


その費やし方。に
問題があったと反省しています。


自分の限界値もわからず、
集中していない状態で、
仕事を続けていたわけです。


車に例えるなら、
【常にパンク状態で走っていた】わけです。


そうなると、
良いアイデアは浮かんでこないですし、
生産性の高い仕事は出来ません。


若い内はなんとか
気力、体力でできていたことが、
年を取っていくことで、
できなくなったりもします(苦笑)


だから、
ちゃんとメンテナンスしないと
いけないですよ。


というのが
本日のお話です。



【パンク(集中していない)状態】で走っていた私が、
現在は【空気満タン(集中している)状態】で走れています。



その理由の一つをご紹介します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】「集中力」を持続させる30分仕事術 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


皆さんは人間の集中力の限界って
何分だと思いますか??



あるところでは、90分。
あるところでは、30分。
あるところでは、2分。

なんてことが言われたりしています。

もちろん、どれが正しいかは
わからないですが、
どうやら私の体の限界は、
【30分】みたいです(笑)



だから
【30分仕事術】



用意するのはキッチンタイマーのみです。



百均とか、
スーパーとかで変えるタイマーを用意します。


今だと、スマートフォンのアプリでも
たくさんタイマーアプリがありますので、
それをダウンロードして使われてもいいですね。


一応、リンクもつくっておきます。

Androidアプリ
http://urx2.nu/eDIg


iphoneアプリ
http://urx2.nu/eDIq



方法はいたってシンプルです。


仕事を始めると同時に
【30分】にセットします。

そして30分間は集中して
仕事に取り組みます。


30分経過。


タイマーがなったら、
そこで仕事を
一旦中断します。
(強制終了です)


そして5分休憩します。




これをひたすら繰り返す。



これだけです。



(*_*)



これね。


すっごくいいですよ!!!(^^)


まず何がいいかって、
■■■■■■■■■■■■■■
集中した状態で仕事できますし、
それが、長時間持続する!
■■■■■■■■■■■■■■
ということです。


特に思考する仕事の場合は、
このサイクルがものすごく重要です。


【休息】ほんとに大事ですよ。




休憩を入れずに、
2時間ぐらいぶっ通しで仕事をしてしまうと、
その時はいいのですが、
その後、どーんと疲労が出ます。


午前中にそれをやってしまうと、
午後はかなりグダグダになってしまい、
エネルギーを使う仕事が
全然できなくなってしまいます。


でも、強制的に5分間の休憩を入れれば、
それこそ、夕方ぐらいまで集中力を
持続することができます。



私の場合、
メールマガジンを2時間ぐらい
かけて書くんですが、
やっぱりこの方法で集中力を
保っています。


休憩中には
ただ目をつぶって一息ついてるか、
トイレに座って用をたしているか、
珈琲を入れるか、
ストレッチか筋トレ、
ゴルフのパット練習をしています(笑)


とにかく脳を休ませることです。


足を動かしたりすると、
脳が活性化するそうなので、
散歩などもオススメですよ。


脳を疲れさせないことが、
結果的に効率化に繋がる方法です。


本を読む時とかも、同じです。
合間にかなり休憩をおいています。


とにかく
脳を休ませて上げる。

これ、大事ですよ。


全然集中力の持ちが変わってくるので、
オススメです。


ちなみに、私は【30分】がしっくりきますが、
人によっては、【40分】とか、【60分】でも
いいと思います。


さすがに90分は長すぎですがね^^;




あと、これは副産物ですが、
タイマーを測って仕事をすると、
必然的に
【時間】を意識するようになります。


そうすると、
いままで仕事をアバウトにこなしていたものが、

この仕事だと【◯時間】かかる。
この仕事だと【●時間】かかる。
というふうに、
仕事に対しての時間も把握出来るので、
タイムマネジメントは
より取りやすくなりますよ(^^)v


ぜひ、試してみて下さいね!



本日はここまで!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )