第75回【値上げはお客さんも幸せにします。】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方や、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数64人
(12月31日までに150人目標!)


いつも
本当にありがとうございます。

まるの鎌形です。

 

第75回、お届けします。


みなさんこんばんは!


今日はこのメールマガジン読者の方から
事例をご紹介させていただきます。



私の友人でもあり、
大垣にある
美容室PLUS Cure(プラスキュア)の
経営者である
いけちゃんこと池田勇二さんの
お話です。


いけちゃんの尊敬するところは
素直なところと行動力!
あと笑顔(^^)v


以前に値上げについての
メールマガジンを配信しましたが、
その情報を取り入れて
変革に取り組んでいます(^^)


9月頃から、
あるカットの資格を取ってきて、
このカット自体をメニュー化して、
カット料金+2000円という価格帯で
打ち出しをしたそうなのですが、



以下が、
いけちゃんからのご感想です。

※文章そのまま載せさせていただきます(笑)

==============================

あのカットの価格を上げてから、
現在までで感じてることは、

・予想以上にオーダーしてくださる。
・お客様から応援して頂けたり、逆にアドバイスを頂ける。
・「妥当だと思う」と納得して、価値を感じてもらえてる。
・単価が上がり、同じ仕事量で売り上げが上がり利益率も上がる。

などいいこといっぱい(^^)

やはり、事前にしっかりチラシを使って
お伝えしたことと、
カウンセリング時に再度お伝えしているから
トラブルはなかった!


もちろん全員にというわけではないから、
分かって価値を感じてくださる方を
これからも少しでも増やせれるように、
伝え続け、諦めず、押し売りせず、
そして自分自身が慣れないように
さらに高みを目指して頑張ります!


自分ががんばったことで
人から認められるって、
すごく嬉しいって改めて思いました!

自己重要感高まってますゎ(笑)

==============================


いけちゃん、さすがです!!


皆さん、

美容室PLUS Cureで

ぜひ新しいカットを
体験してみてください!!

ホームページはこちら↓↓
http://www.pluscure.jp/

〒503-0017
大垣市中川町4丁目37-1
セブンイレブン北側


※カットの情報は
現在変更依頼中のようなので、
2度、3度確認をしてみてくださいね(^^)



ちなみに以前に
まるで配信した
値上げについての記事はこちらです↓↓


第56回【値上げが正しい経営】
http://urx.nu/eukF


第55回-モノを買うことに賢い消費者が増えてきている
http://urx.nu/eukS


第46回【値上げの技術〜ピンチな時ほど値上げをしよう〜】
http://urx.nu/eul5





さて、それでは本日も
スタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】値下げはカンタン。だけどその先がない。
【2】値上げはお客さんも幸せにします。
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】値下げは誰でもできる。でも未来はない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

値上げの効果については、
再三、以前のメールマガジンでも配信してきましたが、
なかなか値上げに踏み切ることが出来ない
経営者さんが多いのが事実です。


そこにはいろんな怖さがあるのかもしれません。

例えば、
・今いるお客さんが離れていってしまうんじゃないか。
・今いるお客さんに嫌われてしまうんではないか。
・売り上げが下がってしまうんじゃないか。

などなど。

でもですよ。

今の日本の右肩下がりのマーケットでは
やはり【値上げ】以外に
長期的に生き残る道がないと思うんです。


値下げをすればするほど、
どれだけ価値を持っていたとしても
それが伝わることがありません。


どうせ、
周りの同じような
会社と大して
変わらないんでしょう。

となります。



値下げはカンタンです。
別に努力もせずに、
ただ、下げるだけですから。


値下げをしないと買ってくれない。

というのはある種の
【逃げ】です。


それは
正規の値段では価値を
感じてもらえていない証拠。


値上げに抵抗があろうと
なかろうと、皆さんや
皆さんと一緒に働く社員さんを
満足させようと思ったら
値下げをしている場合ではなく、
逆にどんどん値上げはしなくては
ならないんです(*_*)


抵抗を感じながらも、
値上げは取り組むべき
経営課題です。


値下げした値段で、
経営を続けていき、
品質改善にも取り組み
社員満足度も高めて、
PRにも投資をして
永続的に発展をしていく。


そんな体力を
もっている会社であれば
別ですが、
そんなことが出来る会社は
すでに大手企業とされる
会社だけです(*_*)



中小企業が【値下げ】に走れば、
必ず大手企業が【値下げ】を
合わせてきます。

そして、ネームバリューや
実績によって負ける。


かなりわかりやすい
方程式だと思います。


何も考えずに値下げ競争に巻き込まれる前に
■■■■■■■■■■■■■■
【値上げ】をどうやったら
受け入れてもらえるのか??
ということを【考える】べきです。
■■■■■■■■■■■■■■


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】値上げはお客さんも幸せにします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

意外に感じるかもしれませんが、
実は上手な値上げは、
お客さんも幸せにします。


お客さんにとって
一番重要な幸せといえば、
【買った商品やサービスを買い続けること出来る】

という幸せです。


せっかく気に入った商品が
会社がなくなってしまって、
提供がされなくなってしまう。

行きつけのお店がなくなってしまう。


こういうことは
実は多くのお客さんが経験していることです。


商品がなくなったり、
お店がなくなってしまう原因には
いろいろあると思いますが、
多くの場合は
【利益が出ていない】ことが原因です。


もう少しでも
高い値段で売っていれさえいれば、
長期的に生き残り、
商品を提供し続けることが
出来たかもしれません・・・(*_*)


本当にその商品を気に入っている
お客さんであれば、
少しくらいの値段の差は
気にせずに買うものです。


安いに越したことがないですが、
それよりも何より
■■■■■■■■■■■■■■
その商品自体がなくなってしまうことが
お客さんを不幸にすること
■■■■■■■■■■■■■■
なわけです。



もちろんそれ以外にも、
値上げをすることで、
提供側の利益は確保されますので、
しっかりその利益を還元することをすれば
さらにお客さんが幸せになる状態をつくれます。

例えば
サービス品質を高めることができます。

販売促進やPRにあてて
もっと商品の良さを理解してもらうことも出来ます。

社員の待遇をよくすることで、
会社満足の高い社員が多く生まれ、
さらにサービス提供の質があげることも出来ます。

数もおわなくていいので、
じっくりお客様と向き合った
サービス提供も出来るでしょう。


本当にいいことづくしですね(^^)



ここまでお話しても
値上げに抵抗がある。
という方は、
ある意味では相手を思いやるという意識が
強いのかもしれません。


私もそうでした。


が、しかし、



実は私、
過去に【値下げ】で
失敗しています。


相手を思いやるからこそ、
値下げした値段で、
あれもこれもやろうと思いました。


当然、利益を確保するためには
数が必要です。

しかし、その数が増えれば
増えるほど、
一人ひとりのお客さんには
手をかけれなくなります。

そして
なぜ、この値引きをした値段で
ここまでの仕事を
しなければならないんだ。
という気持ちが出てきて、
全く楽しくない。


時間的にもいっぱいいっぱいになり、
プライベートも削り、
インプットする時間も削り、
睡眠時間も削り、

そうこうしているうちに
サービスの質は徐々に下がり、
お客さんも喜ばない。


本当に悪循環に
ハマりますよ(苦笑)



ぜひ、そんな苦しい経験をしないためにも
【値上げ】取り組みましょう。


単純に【値上げ】といっても
方法はいろいろです。

単純に値段を1割、2割上げるのも値上げですが、
それ以外にもこんな方法があります。


・今提供している値段は据え置きで、
 提供時間を短くする。

・今提供している値段は据え置きで、
 移動時間を無くす。
 ※例えば訪問して行っていたものを、
  スカイプや電話対応にする。

・今提供している値段+αで値段を上げる。

・プレミアム、リッチ商品を作る。
 ※今提供している商品のグレードアップ商品として、
  富裕層に売り出す。

・そもそもの売り方を変える。
 ※飲食店で食事を提供するだけではなく、
  その食事の作り方を教える。など。

 ※製造した部品を提供するだけではなく、
  製造現場のノウハウを売る。

 ※顧客ではなく、同業他社にノウハウを売る。

・特許を取る。



などなど、
他にも考えたらいろいろ
出てくると思いますよ(^^)



是非、【値上げ】取り組んでみてくださいね♪


本日はここまで!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )