第59回【レバレッジ(てこの原理)をかけた人生の生き方】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方や、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数47人
(12月31日までに150人目標!)


いつも
本当にありがとうございます。

 

まるの鎌形です。

第59回、お届けします。



皆さん、こんばんは!!


今日は一日が長く感じます。

朝5時に起きて、
早朝のゴルフの打ちっぱなしに
行ってきてから、
仕事に取り組みました。
※昨日は9時寝です(笑)


やっぱり
朝の時間はいいですね。

人と時間をずらすだけで、
人少ないし、
集中できるし、
健康的になれるし、
費用も安い。
※早朝のゴルフは、
打席料300円が要らないんです。


そう考えると
人と同じ時間で生活することが
バカバカしく思えてきます。


ゴルフも、
平日に行けば5000円以下、
休日に行ったら、倍はかかります。


費用を倍払っているのに、
人が多くて、ストレスが
多いのは休日。


同じ給与でも
時間をずらすだけで、
幸福の価値が
変わりそうですね。


さてさてそんなこんなで、
今日もスタート!!


─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】レバレッジ(てこの力)をかけた人生の生き方
   ⇒1、ストック型のスキル
   ⇒2、時間割でレバレッジ
   ⇒3、思考のクセでレバレッジ
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】レバレッジ(てこの原理)をかけた人生の生き方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日も何度も登場している、
レバレッジの師匠、
本田直之さんの特別講義の中から
共有をしていきます。

本田さんの代名詞とも言える言葉に
レバレッジというものがあります。

レバレッジとは、
■■■■■■■■■■■■■■
てこの原理のこと。

少ない労力と時間で、
大きなリターンを得る。
■■■■■■■■■■■■■■
というものです。


この考えを元に、
効率よく成果を上げる為の
仕事術や、勉強術、時間活用術などを
執筆し、
累計250万部売れている
ビジネス書の著者です。

しかし、そんな本田さんの人生は
仕事ばかりではありません。

一年の半分はハワイで過ごし、
会社経営に、執筆業、いくつもの仕事をしながら、
趣味のサーフィンなどの時間も
しっかり確保している。

時間がないという
ビジネスパーソンや経営者には
必読の書がたくさんあると思います(^o^)

http://urx.nu/cshA


まずレバレッジとは何か?

これをもう少し具体的に
お話すると、

少ない労力で、
大きな成果をあげよう
ということなんですが、

これは決して
何もしないで
ラクして成果をあげよう。

という意味ではありません(*_*)


■■■■■■■■■■■■■■
同じ努力をするのであれば、
てこの原理を使って
より大きな成果をあげましょう。
■■■■■■■■■■■■■■

という意味です。


今日はレバレッジをかけた
人生の生き方をするために
必要な3つの項目について
お伝えしていきます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1、ストック型のスキル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず必要なものは、
ストック型のスキルです。


これは
どうゆうものかというと、
例えば、
皆さん、【九九】出来ますか??


忘れた方。。。

いらっしゃいませんよね(^_^;)


2×2は4だし、
9×9は81ですよね。


ほとんどの方が
出来ると思います。


こういったものを
ストック型のスキルといいます。


つまりは、
一度、一生懸命覚えたものが
永遠に残っていくスキル。
のことです。


九九も
一度の努力で、
永遠に、一生涯にわたって
リターンが取れるものですよね。


たとえば、
皆さんはパソコンを使う時に
どうやって打っていますか?



タッチタイピングで打っていますか??
パソコンを見ないで打っていますか??


それとも、


人差し指で、
一個一個打っていますか??



それとも、


その間ですか??(笑)




ちなみに、
人差し指で、
一個一個打つ場合、
一日に何分損すると思いますか??



・・・



・・・


一日下手すると、
10分とか損をしてしまう
かもしれません(*_*)




ではこれが、
10年、20年、30年と続いたら
どうなると思いますか?


ものすごい損失ですよね(*_*)




一方!!

これをタッチタイピングを
覚える!
と決意して、実行した場合。

私の経験上、
一日2時間を3日間。
ひたすらタイピングすれば、
ある程度の速さにはなります。


【たった6時間】です。


たった6時間の投資で、
一生分、

何時間のリターンが得られるんでしょうか?


こうゆうスキルは
本当に大事です。



私が得たストック型のスキルは
パッと思い浮かべただけでも
結構あります。

・タッチタイピング

・自転車運転、バイク運転、車運転

・アクティブブレイン(記憶術)
http://urx.nu/csmL
単語や人の名前がカンタンに記憶出来るようになった。
忘れない。自信もつく。


・速読術
http://urx.nu/csn3
本を3倍の速さで読めるようになった。
インプットの速度が早くなったので、
アウトプットに苦労しない。


・動画配信のノウハウ
自分が何度も同じことを言わなくても、
勝手に動画が話してくれる。
一度つくってしまえば労力はかからない。

・Google日本語入力
自分がよく打ち込む単語の
頭文字を入れると、単語全文が表示される。


・ソーシャルメディア(マスメディアの反対)の活用ノウハウ
自分で出来るので、早いし、お金かからない。

・コーチング
人に気持ちや考え、想いを引き出すことが出来るので、
無駄な動きをしなくてすむ。


とまあ、かなり有るわけです。

現在修得中のストック型スキルは
英語と、ゴルフです(笑)


皆さんも、
ストック型のスキルを
身につけてみませんか??


せっかく
同じ努力するのであれば、
こういったスキルを
身につけましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2、時間割でレバレッジ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本田さんは、
ご自身は、
ものすごいめんどくさがりで、
怠け者であると公言しており、
何もないとだらけてしまうそうです。


これは大なり小なり
人間誰しも同じことが
言えると思います(*_*)

私もそうです(苦笑)


しかし、
そんな中で、
自分としてはいろんなことに
取り組んでいきたい。
という思いもある。


例えば
私の場合は、
2016年12月までに
ゴルフでシングルを取ると
公言しております。


そうなると、
当然練習もしないと
いけません。


でも、何もないと、
ついつい、

まっいっか。

となってしまったりします(*_*)



そこで!!


時間割を作っています。
子供の頃にあった、
あの時間割です。


なぜこれを作るのかというと、

子供は、
小学校、中学校の時、
朝ちゃんと起きて、
朝ご飯を食べて、
学校に行って、
授業を5教科、6教科勉強して、
その後塾にいって、
友達と遊んで、
ゲームをやって、
またご飯食べて、
テレビ見て。

そしてちゃんと寝てますよね?

これはなぜか??


別にモチベーションが高いわけでは
ありません。


時間割があるから、
それにしたがって
日々動いてる結果、
いろんなことができちゃう。
というわけです。


だから、
時間割に自分を
動かしてもらっている。

という感覚です。


しかし、
大人になると、
皆さん、
難しく考えてしまうんですね(*_*)

今日何やろうか?と
難しく考えてしまいます。


それを無理してやるんではなくて、

大人も、
子供の頃に上手く出来た
やり方をやってしまえばいいじゃないか。

時間割を作ろう!

ということです。


で、

時間割を作る!
ってなると、
なんだか堅苦してやだなー(*_*)
という方が多いですよね。

子供の頃に
嫌だったから卒業したのに
またやるのかよー(*_*)

となりそうですが、
これは、
【だれかが創ったもの】だから
堅苦しく感じるんです。


大人の時間割は、
【自分で創ればいいんです】


自分をコントロールするために
創っているものなので、
堅苦しくないんです。

逆に、
相当な怠け者の
人でも、
自分を動かすことが出来るんです。


これも結構オススメですよ(^^)




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3、思考のクセでレバレッジ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これはどうゆうことかというと、

例えば、
何か上手く行かなかったことが
あった時、
皆さんは
どうゆうふうに考えますか??




景気が悪いから成果が出なかった。
会社が良くないから成果が出なかった。
もしくは、上司が良くないから成果が出なかった。
といろんなことを考えちゃう人。


もしくは、


景気が悪いけど、どうしたらうまくいくかな?
会社が良くないけど、どうしたらうまくいくかな?
上司が良くないけど、どうしたらうまくいくかな?
というふうに考える人。

実は
この2タイプしかいません。



そして前者のタイプは、
外部要因思考といって、
全ての理由を外に求めてしまうタイプです。


そして後者のタイプは、
内部要因思考といって、
どうすれば出来るかな?
それから
どうゆうふうに自分を改善すれば、
うまくいくかな?
というふうに考えられるタイプ。


ということは
未来がどうなっていくかというと、
前者は成長せず、
後者は成長できるんです。



これは
別に努力も何もしていなくて、
■■■■■■■■■■■■■■
カンタンにいうと
【考え方のクセ】なんです。
■■■■■■■■■■■■■■


このクセを放置すると、
3年、4年、5年、10年、20年経つと、
その人の人生に
ものすごく差がついてしまいます。



ですので、
レバレッジをかけて、
少ない労力で、
より大きな成果を上げていく為には、

このような仕組みを創って、
それを実践していくことが
すごく重要だということです。


また、
■■■■■■■■■■■■■■
【どこに支点をおくか】
■■■■■■■■■■■■■■
これもすごく重要です。


レバレッジというのは、
てこの原理ですので、
【どこに支点をおくか】で、

同じ力でも、
大きい物が動かせたり、
同じ力でも、
動かなかったりするわけです。


ですので、
その支点をどこにおくか。


もっというと、
【努力の支点をどこにおくのか?】

ということが
非常に重要なんです。


今日も長々とお伝えしてまいりました。

少しでも参考になれば
幸いです。


本日はここまで!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )