ガーバー流 社長がいなくても回る「仕組み」経営

本の紹介ページ↓↓
http://urx.nu/aO49

 

書籍:ガーバー流 社長がいなくても回る「仕組み」経営
著者:堀越 吉太郎


この本は、
中小企業の社長や
個人経営のリーダーには
必読の書です。


社長は「仕事」をやめなさい。

というキャッチコピーで
始まる本なのですが、


この本のモデルとなっている
マイケル・E・ガーバーさんは、
中小企業のビジネスコンサルタントで、
全世界7万社以上の成長に貢献してきた方で、
中小企業向けのコンサルタントとしては
世界ナンバーワンと言われている人です。

つまり、小さな会社を大きくしてきた
実績では世界ナンバーワン。


そしてこの方がいうには、
■■■■■■■■■■■■■■
ほぼほぼ9割の会社の社長は、
社長の仕事をしていない!!
■■■■■■■■■■■■■■
といっているわけです(*_*)



社長が必死に働き、
目の前の仕事をバリバリと
こなしている会社は、
ある一定以上の成長を
遂げることが出来ない。



社長の仕事は組織を回すことです。


今、社長であるあなた自身が、
目の前の仕事を任せることができていないのであれば、
任せられるようになりましょう。


今、社長であるあなた自身が、
組織の管理ばかりで手一杯になっているのであれば、
それすら任せられるようになりましょう。



ほとんどの社長は、
経営者の仕事を出来ていません。


売れっ子ミュージシャン
だからといって
楽器店を
経営出来るわけではない。


一流シェフ
だからといって
フランス料理店を
経営出来るわけではない。


有能な教師
だからといって
学生塾を
経営出来るわけではない。


優秀なプロ野球選手
だからといって
優秀な監督に
必ずしもなれるわけではない。


この事に気づき、
【経営】について勉強されたい方には
本当にオススメの本です。



こんな方にオススメです。

・目の前の仕事(実務)にいっぱいいっぱいの経営者
・組織を管理することで手一杯の経営者
・なかなか優秀な人材が育たないと嘆いている経営者
・スタッフとの意識の差を感じる経営者
・誰にも自分の仕事は任せられないと嘆いている経営者
・人のマンパワーに頼った経営をしている経営者
・人材採用、人材教育にとても不安をもっている経営者