まるブランディング

まるブランディングの特徴

○理由1

名古屋で唯一の医療ブランディング会社

 

医科・歯科医院・動物病院に特化したブランディング会社としては、名古屋で唯一の会社です。まるの考えるブランディングとは、トップ(院長)の頭の中を末端の社員まで浸透させ、行動に移すことです。それらを実現するために、思考整理(院長の頭の中の整理)、人の教育(幹部育成・財務支援・仕事観など)、クリエイティブ(WEB・動画・紙媒体制作など)の3本の柱で、医院経営者のNo.2として経営支援を行います。

2020年8月までに東海地区でNo.1の医療ブランディングを目指しております。

○理由2

医療機関に専門特化したノウハウ

 

前職からの経験も含めると、医療業界に12年携わっています。ホームページ企画歴は12年。ブランディング歴は3年。医療機関の院長の考えをまとめ続けた経験を元に支援を行います。医療機関ならでは微妙な制約や特殊性、スタンスを理解しており、フラストレーションの少ないコミュニケーションがとれます。また、これまでの経験から他院の成功例、失敗例なども参考の情報としてお伝えすることができます。

○理由3

名古屋に拠点を置き、営業マンをおいていないので適正価格での提供が可能

 

私達は名古屋に拠点を置くので、東海三県に関しては交通費やその他経費がかかりません。
そして、営業マンがおりませんので、人件費を上乗せする必要がありません。
そのため、適正価格でのご提供が可能です。

○理由4

経営者、経営幹部が直接ブランディング

 

医院経営者はよく孤独と言われます。それは、トップになったものではないとわからない孤独があるからです。決断をしなければならない。資金繰りを考えなければならない。責任をとらなければならない。経営者にしかわからない悩みがあります。そんな悩みにも我々は共感できます。なぜなら、私達自身が経営者、経営幹部だからです。トップの立場を知った上で、No.2としてあなたを支援します。

○理由5

年齢の近い女性トレーナーによる人材教育が行えます

 

人材教育を行う会社のほとんどが男性トレーナーです。しかも、若い人が少ない。しかし、実際に医療機関で働く大半のスタッフさんは”若い女性”です。女性が元々もっている特性は”共感”。同性で年齢の近いトレーナーだからこそ、女性スタッフさんに伝えたいことが伝わります。

○理由6

まる自体が、営業はせずにマーケティング力で新規獲得をしています

 

多くのホームページ制作会社やコンサルティング会社が、営業マンを活用し、電話や対面での販売を行っております。マーケティングの重要性を謳っている会社自体が、対面営業を行うのです。そんな会社の本来あるべき姿は、対面しないで魅力を伝え、お客様を呼べる状態を作ることではないでしょうか。だからこそまるは、自社の販売戦略をマーケティング(売れる仕組み)を駆使して行っています。自社で日々、試行錯誤するからこそ、顧客にもそのノウハウを実体験としてお伝えできると考えています。

○理由7

訪問の際には、必ず2名で打ち合わせをしています。

 

当社では、経費はかかりますが、サービス提供の質を優先するために、必ず二人で訪問をするようにしております。一人の能力をいくら高めたとしても、フォロー出来る限界もありますし、漏れも出て来ます。また、対応できる数にも限界が出てきます。それぞれが得意分野を活かし、協力することで、医院経営の支援力を最大化しています。そして、サービス提供する我々も、人生の中でどう変化していくのかはわかりません。突然事故に遭うかもしれませんし、病にかかるかもしれません。そのため、人に依存しない形で、医院経営の支援が実現出来るようにしています。

○理由8

医療業界のワンストップ支援(税理士、社労士、弁護士、保険、建築設計、不動産などの紹介)が可能

 

医院経営をしていく上で必要な方々をご紹介することが可能です。まるを通して、優秀な専門家におつなぎいたします。

まるブランディングとは

医療・歯科・動物病院業界専門のブランディング会社、

まるです。

 

ブランディングとは


トップ(院長)の頭の中を末端の社員まで浸透させ、行動に移すこと。

 

ただ、多くの場合は、

トップの頭はやりたいことで溢れています。

その理由は2つ。

 

①頭が混乱しているから
②頭ではわかっているけど、それを伝えることが苦手だから

これらのストレスを解決するパートナーがまるです。

 

 

医療専門ブランディング=

思考整理×人の教育×クリエイティブ




院長が考えていることが、

末端の社員まで浸透して、

それに伴って行動をしている医院。


とても魅力的ですよね。



上から下まで一貫性がある。


これはとても強烈な魅力になります。   



例えば、

アップルストアやスターバックスを訪れると、


そこで応対する販売員さんが、

ブランドの一部として機能しています。



アップルの店員さんは


あのアップルTシャツを着ることに誇りを持っています。



世界最高益を出している会社アップルは、

トップであるティム・クックや

スティーブ・ジョブスの力だけで

あそこまで大きくなったわけじゃありません。



アップルというブランドを

より強烈なものにしているのは、

店舗で直接顧客と接している末端の社員さんたちの存在です。   



末端の店員さんたちに、

トップであるスティーブ・ジョブスや

ティム・クックの頭の中にあったものが

浸透しきっており、

それに基づいた行動ができているから魅力的なのです。




ブランディングには、

外に向けて発信をする「アウターブランディング」と、


内部に向けて発信をしていく

「インナーブランディング」があります。





まるの考えるブランディングとは、

この「インナーブランディング」のことです。




実際のブランディング活動の第一歩は、

院内の理解と共感をつくることから始まります。   



なぜなら、

トップ(院長)よりも、

患者さんに接する時間が圧倒的に長いのが

末端の社員さんだからです。



この末端の社員さんたちの理解度が

そっくりそのまま患者さんに伝わっていきます。   




だから、

どれだけ良い理念や、

良いビジョンを掲げていても、

それが院内に浸透せず、

行動にも移せていないとしたら

ブランディングは完了していません。




経営者である院長の頭の中には、

常にやりたいことが溢れています。



まるにご相談頂く方で1番多いのが、

この頭が混乱している状態を整理したいということです。   

つまり思考整理です。

頭が混乱していると、

自分の選択に迷いが出たり、

自信が持てなくなったりしてしまいます。


そして、

社員さんやスタッフさんに理解と共感を

つくることも出来ません。




だからそういった方は、

まず、自分の思考を整理することからはじめましょう。  




1人で出来ないのであれば、

まるがお手伝いをします。



この思考整理は、

ホームページの企画営業時代から含めて、

かれこれ11年やっていますので、

得意中の得意分野です。




そしてトップ(院長)の頭の中が

整理出来たら、


次に必要なことが、

それを伝えることです。
^^^^^^^^^^^^^


ですが、

これが苦手な院長もいらっしゃいます。



ここが1番難しく、1番面白いところです。   


スタッフさんは、

どうすればトップの頭の中を理解できるのか?



スタッフさんは、

どうすれば、トップの頭の中に共感してくれるのか?



スタッフさんは、

どうすれば、トップの頭の中を理解し、共感し、

行動してくれるのか?



ここをお手伝いするのが、まるの真骨頂です。

 

 

人の教育×クリエイティブ

 

でトップの頭の中をスタッフさんに浸透させ、

 

行動するところまで支援していきます。


=======

まるのロゴの意味

=======

まるのロゴにかけた思いをご紹介させて下さい。



まるのロゴの意味合いは、


こんな意味合いです。


オレンジ部分がトップ(院長)の頭の中。   


緑部分が幹部社員。


黄色部分が末端社員。


図で表すとこんな感じです↓↓


まずは、


院長が本当にやりたいこと、

本当に成し遂げたいことはなんなのか?


これを明確にすることが必要です。   

 

頭が混乱している状態はこんな状態です↓↓

 

 

だから、

 

トップに寄り添うことで、

まるがトップの頭の中(思考)を整理して、

 

院長の頭の中を、俺はこうしたいんだ!!!

 

このためにやりたい!!

 

という状態にします。

 

 

 


そしてトップ(院長)の頭の中が

クリアになったら、

 

今度はそれを具現化していきます。

 

 

ただ、単に具現化しても浸透はできません。

 

そこには人の教育が必要不可欠です。



そうやって、

 

徐々に徐々に幹部社員、末端社員へと

浸透させていくわけです。



この時、伝え方が苦手だと、


こんなふうになってしまいます↓↓


つまり、トップ(院長)の頭の中と、

幹部社員、末端社員の方向が違う。


これでは、はたから見ても、

ちぐはぐな組織に見えてしまいますよね。   


なので、

この伝え方をお手伝いしています。



トップの頭の中(思考)を整理し、

 

具現化し、

 

人の教育をするというのを繰り返しながら、

 

まずは幹部社員、

そして末端社員へとどんどん浸透をしていくと、


結果、こうなります↓↓

はたから見てもキレイに一本、筋が通ってますね。


こうなることこそが、

医院のブランディングに繋がります。

 

皆さんの想いに正しさも間違いもありません。

 

皆さん一人一人が正解です。

 

他人と比較しても意味がありません。

 

皆さんの想いに寄り添う、まると共に歩んでいきませんか?

 

まると他社の違い

あなたの医院のトップは院長です。

私達はあなたの最強のNo.2を目指しています。

医院の外の幹部社員として、

経営者の頭の中を末端社員さんにまで浸透させ、

行動に移すまでのサポートをします。

 

クライアント医院が、ブランディングを達成し、

自分の力で、成果を出し続けられる状態を
作ることを目的としています。

ただ言われたことをやる人とちゃんと自分の頭で考えてやる人とでは、
その成果が驚くほど異なります。自分で考える力、つまり「頭に汗をかく人」を育てることを得意としています。

伝えたいことが伝わらない壁

なんでわかってもらえないんだ!

お互いの捉え方が、「ABC」で認識できたとしても、まだ2つの壁が存在します。
1)自分ではできているつもりだけど、できていない。
2)理屈もやることもわかるけど、それでもできない。

弊社が中間結節点になることで、間の壁を無くし、伝わる組織作りをフォローします。