お客様の声

なぜ、まるの医療ブランディングを受けようと思ったのですか?

人柄

(医師 K先生)


偶然の出会いです。引き寄せの法則かな

(歯科医師 F先生)


医療・接骨院に特化していることで、他の業種とは少し違ったこの業界の微妙な雰囲気を伝えることからスタートしなくても理解していただける点は意思疎通をする上でとても重要と思った。
また前職の時からお世話になっているので遡って説明が必要なく信頼がおけるため。

(みずの接骨院 水野先生)


以前より取り引きがあったので、当院の事情を把握してもらえているところが大きいです。

IT関係に強い所と、また島田さんの行動力のスピードが早いところも決めた理由になります。

(歯科医師 H先生)


担当者が入る前と入ったあとで何か違いはありましたか?

以前はスタッフとのコミュニケーションが取れているつもりでいたがスタッフのことを全く理解していなかったことに気付かされた。
すべては経営者の責任ということが腹に落ちた。
まずは経営者の姿勢・覚悟が大事だと腹に落ちた。


数字的なところや計画がスピードアップしました。

見える化する。そのことで共同経営者とスレ違いがなくなりスムーズに進歩できる様になったと思います。

スタッフの会話の中に陰口が減った様に思います。タイプ別診断を意識して業務にあたっていることがあることです。
100%ではありませんがプラス思考が増えました。


皆それぞれ違う環境で育っているという事を理解し、話しやすい雰囲気づくりをしてくれる様になった。

MTGにのぞむ態度がすごく変わったと思います。

・発言・態度・姿勢


スタッフとのコミュニケーション・ミーティング等のコミュニケーション

自分ではできなかったこと、動画やSNSなどに取り組めた

スタッフ一人ひとりの仕事、目標が明確になり一人ひとりがしっかりと取り組めている


明るく、気持ちが近づいた スタッフとの距離感が近くなった感

笑顔で接してくれる


発言できるようになった事が1番かなと思っています。経営者に指示されて発言するのと、第3者に求められて発言するのでは全く受け取り方が違うと思います。また発表も少し上手になったかと思います。


いつまでも昔と同じ教え方では組織を大きくしようと思ってもいけないと思い、全部自分でやるのではなくて任せないといけないことがとても多いと思った。今はどんどん任せていっています。その事で改革スピードUPが出来ていると思います。

歯科だけでなく一般社会常識が学べました。

内部にではなく外部顧客満足度を考える様になった。

 

その他ご意見・ご要望など何でもご記入ください

現在、スタッフに医院の問題点について考えを発言してもらうと自分主体の事ばかりになりがち。

組織主体に考えることができる様期待しています。

 


大阪で歯科医院をされている西川岳儀先生(大阪府府中市 西川歯科)が「息育」「食育」「足育」の必要性を訴えています。

「足育」とは体の土台となっている足、足の指をしっかりと支えるように指導する分野です。バランスよく立つということが健康の土台であります。土台から崩れた体のバランスは「かみ合わせ」にも影響を与えます。歯科にも影響を与えます。子供の姿勢を改善する。

ご家庭で出来る簡単な運動やアドバイスを5本指ソックス(CSソックス)もご提案できます。

 

○お知らせ○

(巻き爪補正師 ペディグラス大口校 校長 みずの接骨院 水野様)

医療機関に向けて、巻き爪の施術セミナーなども開催している先生をご紹介しております。

詳細はこちら>>